スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「世界の果てで愛ましょう」1巻 武田すん

先週は落としちゃってすみませんでしたの「日曜コミックDAY」
お詫びと言っちゃなんですが、今季イチオシ爆笑コミックをご紹介。

「僕、女の子になっちゃった…」

はあ? な帯コピーにつられて衝動買い。これが大当たり。
こんなおバカで気になるマンガ、久しぶりっす♪

クセのある絵は人を選ぶと思います。
特に慣れない初めの十数ページはキツイ。が、ここで投げてはいけません。ページをすすめるごと唸りを上げて右肩が上がってまいりますから。

これ読み終えてクスリともしなかったツワモノ様、いらっしゃいましたらコメディアンに転職する事をおすすめします。チャレンジ精神を持ちつつ、不条理・ナンセンスを冷静に受け止められる方だけが偉大なコメディアンになれるのです。
残念ながら私にはそのような非凡なセンスはないため、思う壺で大受けです。
個人的には現在、今年度No.1アホアホコミックです。(去年のNo.1は「俺様ティーチャ―」)

なよっとひ弱な男子高生、涼馬が異世界のオレ様王子に見初められ薬で勝手に女の子にされてしまう。我ら地球の運命は彼が立派な「妻」になれるかどうかにかかっているのです。

ぶはははははは!こんなアホ設定にあえて臨んだその気骨が素晴らしい。
しかしこれってロリマンガ?それともBL?


普通ならこの手の変化は男子向けモモイロマンガの1パターンですけど、腐瞰(←俯瞰のモジリ)に耐えうる違いがあるんだな。
きっぱり「女の子」にしてしまって元に戻さず(通常は元に戻れる可能性を残しておくがそれをしないい)、あくまでゴールは「王子のために女になった事を受け入れさせる」=「王子と恋愛する」です
BL読者なら一度は抱く禁断の恋愛成就法・「女だったらよかったのに…」を実行しちゃって、そこから始まるアッパレラブストーリーになってるのです。

しかも、王子のライバルは涼馬の実の弟。わはははは、禁断のフルスロットル!
BLレーベルから出したら良かったのに。


目が覚めたら女(の体)になってて見慣れないものがあって見慣れたものがない。かわいそー(笑)
しかし意外とはやく馴染んでしまい、いわれなくてもちゃんと女物下着つけてます。

「女みて―」と嫌われていた欠点が「女」になったらすべて長所に早変わり、結果あっちこっちでモテモテです。でも服装は受け入れても心持ちは変わらないのでセクシー系のオイタをいろいろやらかし、守る王子は嫉妬の嵐。(それも自分のまいた種)
薬で性転換なんてアホな手段を用いたのはこいつだけと心に決めた純愛故ですので、流血までして必死に涼馬を守ります。この姿がこのマンガをただのアホマンガにしてないのです。(でも98%アホです)


おまけに弟クン…キャラ最高!
実はこのこ、昔から本気で兄を好きだった(★ナイス!)
今までは兄弟で同性愛で二重苦の変態だと悩んでいた弟クン、兄が美少女になってしまったのでただの変態に格下げ。それを喜び妄想に拍車がかかります(笑)
兄は弟をネコかわいがりしているため、2人の方向の違う熱い想いがもうおかしくておかしくて。
こっちメインで描いた方が良かったんじゃね?と思うぐらい。

兄の「エロ本」には茶の間で大声だして笑ってしまい、家族から白い目で見られました。


結局は女性にドキドキしてることになるので普通のロリマンガとも言えるし、涼馬(の心)が男なのに王子にドキドキしてしまう様はまさしくBLの葛藤だし、問答無用・対象不問の画期的不条理ラブコメとでもいえばいいのか?
右肩上がりのまま次巻に続きます。はやくも楽しみです。

ああ、一応パラレルSFでした。今のところ、クスリの存在説明のための単なる付加価値ですが、タイトルからして今後そちらも広がりを見せるのかも。

地球の平和をを守るため、がんばれ、花嫁修業!ぷっ♪


 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[BLコミック・た行]いろいろ | comments(1) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

すんちゃんへの拍手、ありがとうございました〜♪

もう、弟クンがおかしくておかしくて…わはは!
弟クンがいなければ「瞬ドナ…?」とハラハラしながら読んでましたので、余計に嬉しく楽しかったのかも。
ちなみにマンガ友(非腐女)に大興奮で貸しましたら、「どこがおもしろいのかわからない」と言われました。
…クスン。
comment by: miru-ha | 2009/09/22 17:25

Leave a comment










TrackBack URL

http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/210

TrackBacks