スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

土曜企画「今週のTOP1でBLイメソン」〜「コックピットで恋をして」御木宏美 

新型インフルでバタバタしてます。
発生地から遠く離れているにもかかわらず学校からのムチャぶりのため、プライベートも仕事も大騒ぎです。

どうか弱毒性のまま沈下してくれる事を切に願いつつ…週末企画に参りましょう。

2009・5・17付 TOP1は
 「Share The World 」 東方神起
http://www.youtube.com/watch?v=psB-u1-kqMg

何気に拙ブログ登場回数最多を誇る(あれ?EXILEかもしれない)、東方神起が今週のTOP1でした。記念すべき土曜企画第1回もこの子たちです。(「子」呼ばわりっすか) ちょうどあの頃から人気爆発、いまではオリコン1位常連のトップスターです。
かくゆうワタクシも第1回時はメンバー数もわかりませんでしたが、今では立派にごひいきまでおりますよ、チャンミンカワイイ(〃∇〃)エヘッ
とはいえ永遠のアイドルSMAPのように「コンサート行きたい!」とまでは思わず、TVで見かけたらラッキー♪ぐらいのテンションです。

今回は明るい曲調の、大空に夢を馳せる希望の歌です。
個人的にはバラードの方が好みですが、たまにはこういうのもいいやね。

この曲を聞きながら読みましょう作品は、初読み時かなりのショーゲキを受けた御木宏美さんで、こちらを。



 

 ◎イラストチェック/楠本弘樹
カラー★★★☆3.5
せっかくのウイングマークが隠れちゃってる!(ここまで設定している作者様、さすがです)
攻め、吊り目にも程があるだろうってぐらい吊上がってます。なにやら死相が…。
だから色々と呼んでしまうんでしょうか。
口絵の肌色度が異常に高く、ここまでのものは近頃見かけないため逆に新鮮でした。
カット★★★☆3.5
P34の詳細コクピット、いいです!
BGMと共に蘇る名台詞「ヤマト、発進!」(大和航空だけに。ブハッ)
処理といい構図といい、マンガをしっかり描いてる方の絵ですね。

◎本編感想
御木宏美さんの作品を読んでいると自分がBLを読んでいる事をうっかり失念してしまいますが、多分ご本人もBLを書いている事を失念していると思います。

そして、作品タイトルの助詞の使い方が間違ってます。
正しくは「コックピット恋をして」です。
他作品も同じく、
「永田町の恋人」⇒「永田町恋人」
「法曹の掟」⇒「法曹こそ掟」  

うむ、我ながら見事に作品を表現する事が出来ました。
作家様がどのようなお気持ちで作品を書いたのか、最も端的に表すとこうなるのです。
私の考えるワーキングBLとは、仕事も恋も頑張るオトコたちの人生讃歌、でございますが、御木さんの作品はワーカーホリックBL、それも作者が御病気です。

この作者様が心血を注いで徹底的に描写するのは業界そのもの。政界だの法曹界だの「なんちゃら界」を徹底的に書いて書いてまた書いて、思い出したようにラブが挿入されます。
あまりに熱く語り過ぎて、振り上げたこぶしを下さないまま唐突に最終ページを迎えてしまうビックリエンディング(つまり未完)もあり、ホントに業界だけを書きたかったんだね…と腰が砕ける時も。
言ってみれば全300ページのお掃除HOWTO本で松居棒特集を294ページにわたって詳細に展開されるようなもので、他のお掃除法は残りのページで♪みたいなもんです。だったら最初から「松居一代のお掃除大好き」買うっての。
いくらウンチク好きでもそうそう次作に手が出ません。
でも、結構長いシリーズものが出てるって事は「WORK」とうたっていてもちゃんとBLメイン作品ってことですよねえ…選んだ本が悪かったのかな。


今作は業界シリーズとしては当たり本で、専門描写とBL要素の噛みあいが絶妙のバランス、相変わらずの高専門率にもかかわらず最後までスムーズに読み続けられます。そして読了後はほとんどの腐女子がCAではなくコ・パイに転職できるかと存じます。
成田からブリスベンまでほぼ40頁かけてコクピットの様子のみをモリモリ描く衝撃の冒頭。
ミステリー文学大賞取った某航空小説でさえ40頁ぶっ続けはないです、恐れ入りました。

無口なスーパーパイロットが激しく公私混同する様はあまり共感できるものではありませんが、めげずに追いかけ続ける受けクンが健気なので相殺です。
でも、尊敬してた人から突然徹底的に無視されて、その理由がこれだったら私だったら腹立ちますけどねえ…。好きな相手を苦しめる行為を周囲にわかるような形でまでやってのけるってのは動機がどうあれ褒められた行いではないと思いますが、これでコロッといっちゃうのが…ナゾ。
しかし、部署違いの上司が事情を明かしてくれるシーンがあたかも天啓を受けるマリアの様でちょっと笑ってしまったので(天使がメタボだから)これも相殺といたしましょう。


ラスト「タッチダウン」がこんなに爆笑を誘う言葉だとは思いませんでした。
総合して衝撃より笑撃の勝ちです。




【関連記事リンク】

    励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
    [小説・作家名ま行]御木宏美 | comments(2) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

     

    励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
    - | - | - |
    <<prev entry | main | next entry>>

    Comments

    はじめてコメントさせていただきます。
    『ボーイズラブの花を咲かそう』管理人の@reiと申します。
    当サイトでは、ボーイズラブ商業誌、ドラマCDの情報をご紹介させていただいており、貴方blogを拝見させていただきまして、是非ともご協力いただきたく、ご連絡させていただきました。
    それぞれの作品記事に書評(感想)記事のトラックバックをしていただけるブロガーの皆様を募集をしています。
    ご参加方法は、当サイトのリンクをお貼りいただくだけで、登録などの面倒な作業は必要ありません。
    blog宣伝も兼ねて、ご参加いただければ幸いです。
    URL:http://peerreview-search.net/bl_blossom/ になります。
    ご検討の程よろしくお願いいたします。
    comment by: @rei | 2009/05/23 22:36
    >@rei様
    初めまして、このような末端ブログにお声をかけて下さってありがとうございます。

    貴サイト様を拝見させていただいて後、検討させていただきたいと思います。
    現在少々たてこんでおりますのでお時間いただければ幸いです。
    よろしくお願いいたします。
    comment by: miru-ha | 2009/05/24 13:45

    Leave a comment










    TrackBack URL

    http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/192

    TrackBacks