スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

『DEADSHOT』 英田サキ /高階 佑

さて本日は完結編です。


早速参ります!
ネタバレ感想とイメージソングはこちら↓
 

 

◎イラストチェック/高階 佑
カラー★★★★★5.0!!おめでとう!!
カラー口絵
この巻は口絵につきます!あのシーンを持ってきてくれてありがとう!
ちなみに私miru-haは、想像・やまかけが好きなので、表紙は始めに舐めるほどチェックしますが、口絵は読み終わるまで絶対見ません。開いた瞬間目次ページまでカバー折りに挟み、反射神経の限界に挑戦です。
なぜ挑戦し続けるかというと ズバリ!ネタバレがいやだからです。いっそあとがきの後ろにでもつけてくれればいいのに、と本気で思います。それもヘンだが。
でもって読み終わった後口絵を堪能すべく前に戻り、そこで改めて感動するわけです。
ホワイトハートでもこれをやり、赤面してしまったりもしますけど。
カット★★★★4.0
相変わらずタイミングの良いイラスト挿入です。
ネイサン…正視できません。しかし狂いがないなあ…。表情は少々堅いけども。


◎本編感想 舞台・コロンビア。2人は幸せに暮らしましたとさ編

ネイサン…!!
これまで余裕で先手を取ってきたネイサン、ここにきて失速します。
犯行予告する余裕もあった人がこんなに本拠地をあっさり叩かれるのは…アイツが裏切るだろうとはワタクシでも読めますよ、どうしちゃったのネイサン? 
もしかして滅びたかった?どうせ終わるのなら自分が認めた2人の手にかかりたかった?だったら上手い事言って部下を逃がすと思うんだよなあ。計画実行のために死なせるのは躊躇しなくても、どっかの王様じゃあるまいし死出の道連れにはしないでしょう。
硝煙と血の匂いがないと生きていけない、といいつつ テロはこれで最後にするともいう。
最後にできるなら今やめて!リッキー達がいるんだよ?愛が1つもなかったわけではないと気付いて!まったく、ちょっとそこに座んなさい!と何度思ったことか。いっそ3人で幸せになっちゃえばいいのに!…ダメ?
打たれたユウトを片側づつ支えて逃げる3ショット、映画だったら声上げて泣いてます。はぁ生きててほしかった…。でも、ネイサンが消えないと2人に平和な未来がこないんだから難しいところですね。

そして、なみだのウィルミントン・ビーチ。
追いかけて追いかけてやっと捕まえて。アメリカ横断ウルトララブ!ピンポーン
賞品は海岸での「掴まえてごらんなさいウフフアハハ」with犬です(←ほんとにやってる)
やっと2人が結ばれる場面に泣くほど感動しているソバから このようなツッコミを入れてしまうナナメな自分につくづく呆れます。

ここでは復讐という生きがい?がなくなって素に戻ったディックに注目です。ハガキもストレートに出せず、せっかく来たユウトに1晩明けなきゃ「行くな」と言えない。この後もステキなへたれっぷりで ディック氏独壇場でございます。ほらやっぱり、根は喜んで尻にひかれたいタイプなのよ。
「怒ったのか?」 
「愛想つかされそうで怖い」
「恥ずかしかったんだから。」

などなど、つい最近人を殺めたとは思えないかわいらしさ。(その件はうやむやです。ユウトは警官になるのにいいの?スルーして?)

「来い。……犬」

ぶはっ!へタレもここに極まれり。素直に白状すればそこでハッピーエンドなのに妙な意地張りがおかしいったら。豊麗線が消えなくなるからマジ勘弁して。

ネイサンに関しては悔いが残りますがどこかに「悔い」を残すのが英田節。
主人公2人は結局ハードながらもBLシンデレラ、幸せになってよかったよかった。
めでたしめでたしです♪


◎感動のイメ―ジソングは
 時の足音 コブクロ
PV:http://www.youtube.com/watch?v=jh8b8TbGoY8
歌詞は
http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=72257

ただ今大ヒット中でございますので、詳細は省かせていただきますが、
本巻のカラー口絵と共に聴いていただきたいんでございます。
ちなみに歌詞中の「一輪花」 これが「青い花」なんですよ♪(昨日の記事参照)








※余談
本日の脱線話は 「からす座」です。
「からす座」アルファ(α)星が「アルキバ」なのは本編にあるとおり。
「アルキバ」はアラビア語ですが、星の固有名が全部アラビア語なわけではありません。(ちなみに「α」はギリシャ文字で英アルファベット「A」にあたり、各星座の主星につけます)
そもそも名前のついている星が 250ぐらいしかないのです。
肉眼で見える星だけでも一万個近くありますので 名前がついている星は文字通り「スター」なのでございます。
「からす座」はものすごく地味な星座です(これが夜空で探せる人はかなり「通」です)にもかかわらず 固有名を持っている星が5つも。さっすがシルバー聖闘士

「からす座」=「帆掛け舟」と呼ばれる事もあり4角形に足1本、みたいな形を名のある5つの星で象るのが普通ですがコルブスはなぜか6ヶ所。名もないη(エータ:英アルファベットのH)星が入っているのです。よりによってエータ?
コルブス…オタの匂いがします。そして「この形、どこかで見た」と答えるユウト。キミも相当です。
天文FANなら誰でも名前(コルブス)でピンと来るのに、この6角形に惑わされて最後まで悩みまくり。「6」に何か意味があるのかと思って超深読みしてしまいましたが、出た結論は単に作者の資料見間違いです。(多分WIKIの星図詳細見て書かれたと思われます。あれならエータ入った6角形に見えるからな〜。)

こんな事をどうしても書きたかった私は立派なイヤなやつです。いっそこの負の情熱を「BLで天体観測!」などの形で昇華させてみたいと思いました。


励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名あ行]英田サキ | comments(1) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

■このページに拍手下さった皆様、本当にありがとうございましたm(*・´ω`・*)m

それにしてもこの記事文、ヒドイな…
せっかくの名作の完結巻なのに、もーとっ散らかり過ぎだ!ナニ書いとるのか、自分でも訳がわかりません。
言いたいことは変わってないけどこれじゃ伝わんないよ、時間できたら真っ先に書きなおす!

こんなページにもポチってくれてありがとう、もう大好きだっ!!
comment by: miru-ha | 2011/06/30 23:20

Leave a comment










TrackBack URL

http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/19

TrackBacks