スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

黄金週間満喫企画・「失恋ショコラティエ」1 水城せとな

いまだ、記事作成が進みません。連休中は休みなさい、との神のお告げと判断しました。
こんな時は奥の手、またやっちゃいます。(もはや奥の手でも何でもないけど)

題して「黄金週間(私も)満喫(したい)企画」 別名:本家から大移動スペシャル。
一応こちらにゆかりのある作家さん作品を腐味豊かに?味付けし直し、「地下庭園オリジナル」にしたつもり。…なんですけど…。

第一弾は「窮鼠」もう新装版ってヒドクね?の水城せとなさんのこちらの作品を。
先は気になるが、ヒロインとのハッピーエンドを望んでいるわけでもない、という少女マンガにあるまじき期待感。さっすが独自タグをお持ちのマンガ家さん。
ジャンルは「少女マンガ(レディコミ)」ですが、水城さんの魅力凝縮。ここ2〜3年の作品中イチオシです。



もう読みたくなくなるのでは、ってぐらいネタバレで語ってしまいました。ここから折りますね。


  端的に言っちゃうと、情けな〜いへタレな「男の子」がクセ者マドンナ(死語)を手に入れるため「オス」を目指すお話です。
そもそも少女マンガにおいて、主役が男性で「マドンナ」を落とすという設定自体非常にレア。普通逆。さすがナナメなチャレンジャー、ありきたりの視点はもってこないです。ここにお得意ダークテイストが加味されるので「ショコラ」を扱いつつも苦い事苦い事、純カカオ90%で悶絶ものです。

冒頭から惨めこの上ない主人公ソータ。成長を楽しんでいただくためトコトン底辺から始めてみました、といわんばかりのお気の毒さです。
初めから「恋」にもなってなくて振ってさえもらえなかったソータが、彼女の好きな「ショコラ」を究める道を選ぶのですが、その動機がこれまた…。
自分の作ったものが好きな人の体内に取り込まれて、彼女の細胞まで支配できますように、です。ほとんど怨念。さすが純カカオ、イっちゃってます。

狂気ギリギリの恋情をプラス方向に持って行き、ついには名をはせ自分の店を持つまでになるソータ。コネなし単身フランスで修業する努力の人です…ってあれ?最近もどっかでみたぞ?(笑)


仕事の動機が不純だと嘆く同僚(♀)に親友(♂)が言う言葉、「僕はこの恋の価値を認める」には感じいるものがありました。作者さんの一番言いたい事が実はこれかな、と。
将来へのきっかけなんて些細な事だったりします。アニメやマンガに影響されたとか、好きな人の好みだったとか。夢をかなえて現在立派にやっていても、本人はこういうきっかけを恥じて隠したりとかはよくありますよね。
水城さんも誰かにこう言ってほしかった時があったのかなと感じるほどグッと来るシーンで、予想外に(おい)泣かされてしまって。やっぱりただのブラックラブコメではなかった!

望む将来にふさわしい才能があり、親友や同僚にも恵まれ、努力が報われる環境があって、なおかつ顔もイイ。
実はソータは既に超勝ち組の「男」に成長済みなのですが、彼がなりたいのは「オス」なのでまだまだ不満。マドンナ・サエコさんがまれに見る腹極黒ヒロインなので、ソータはその上をいくしたたかさを身につけなければならない(と思っているから)です。
※サエコ嬢:傘のエピソードはマジ怖です。私は結婚して幸せになるけどアンタはずっと私を見てればいいのよ的発想で、行動にも躊躇がない。振り返った時の舌打ちが聞こえましたよ、私には。


今後のお楽しみはソータの選択。
今の幸せに気づいてゴールが変わるのか、それとも初志貫徹・略奪愛か?

サエコ嬢は手に入れてもその後大変と思うけどなあ…。オリヴィエにしとけばいいのに(笑)





励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[BLコミック・ま行]水城せとな | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

Leave a comment










TrackBack URL

トラックバック機能は終了しました。

TrackBacks