スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「唇にキス 舌の上に愛」・愛と混乱のレストラン3部作  高遠琉加/麻生海

完敗宣言してから他のBL読む気になれません。いや、読んだんですけどどこか気もそぞろ。なんで感想書く事にしました。感想あげちゃえば落ち着くはずです。 

シャレードの高遠作品は全部好きです。毎回新作が前作を上回るなんてこの方ぐらいしか思い当たりません。でもさすがに「楽園建造計画」を超える事はないだろうな〜と思ってましたが…。

ネタバレ感想とイラストチェックは次ページで。



  ◎イラストチェック /麻生海 3巻分まとめていっときます!
カラー★★★★4.0
チェック初登場の麻生さんです。
ぶっちゃけますと今日は違う作品の感想上げるハズで、そちらも麻生さんのイラストなんです。いつもだと初登場の絵師様は総評めいたコメント入れるんですが、今回は既にそちらに書いてしまったので、麻生さんについての云々はその時に。
表紙1巻と3巻では別人に思えなくもないですがそこはスルーして。
3巻だけシェフがコックコートを着てません。というか2人ともゴルドにお出かけできるような正装。これは2人なりの結婚式ですね。天然のフラワーシャワーを浴びて誰に知られるでもなくひっそり愛を誓う。お幸せに♪でございます。
口絵も3枚中2枚がメインカプ抜き。残り1枚もエロカットではなくどこまでも品があります。さすがシャレード。背・裏表紙が変わってから一番表紙のトータルデザイン(装丁とは別)が洗練されている文庫になったかと存じます。(もちろん新書ではSHYです)
カット★★★★4.0
1巻の絵が1番好みでした。とくに陣平!あのディレクト―ルが!!いやほんとはT-シャツらしいんですけど私の中では陣平です。
でもこのシリーズの圧巻イラストは3巻。ラストに向けてのシーンチョイスが尋常ではない。なにせラストカットに主役がいない!驚愕。多分他では見たことない…。
じゃあ主役のラストカットはっていうとこれがなんと土下座。これで登場終了って…(笑)このセンスは一体誰の?麻生さんご本人?さすがだわ。

◎本編感想
正直いいますと、1巻「愛と混乱のレストラン」はしんどかったです。
BLに求めるものは基本現実逃避ですが、ディレクト―ル(としか呼べません)のあまりに身につまされる身上が逃避する事を許してくれない…!!
レストランに置き去りされる…幼い頃迷子になる事がどれほど怖くて心細いことか、誰でも容易に想像がつきますが、更に意図的に親に置いて行かれた事を受け入れなければならない子供のその後の人生がどんなものなのか、察するにあまりあり過ぎて苦しいのです。
忌まわしいレストランを「お城」と呼び、隙のない身なりで武装して?
ディレクト―ルの精一杯の虚勢が全編を貫きすぎてとてもボーイズラブに思えない。
お相手(シェフ)がどんなに破天荒で情熱的でも役不足に感じるほど硬く閉じたディレクト―ルの描写が卓越過ぎるのです。これはもう恋愛要素で解決するのはムリだろうと感じてしまったのが1巻がしんどい原因でした。

2巻「美女と紳士と野獣」では案の定シェフ撃沈してますが、それも当然。普通の人間では重すぎて友情でも近づけないくらい難しい相手です。
ご辞退してもおかしくない相手にどうしてシェフはここまで魅かれてしまったのか。そこを3巻の冒頭で紐解く構成がニクイったら!!
フランス修業時代に感じた孤独、人とのかかわり、父との関係。1巻の時点で役不足でも3巻までで成長させる。上手い!
ディレクト―ルの方も無理やりこじ開けようとされた事で、方法はともかく、自分には解放されたい、溶かされたいという願望がある事をようやく自覚する。
ディレクト―ルの切望を理解し、行動を起こせるのは現時点ではシェフだけです。無償の父性愛でもディレクト―ルは救えたと思いますが多分何(十)年もかかるハズ。恋愛だからこれだけの期間で近寄る事ができたし、ディレクト―ルが愛を「受け」取るために(おいおい)男同士でなければならなかったんですね。スゴイな、必然のBL。

お互いが精一杯手を伸ばし、初めてしっかり繋ぐ手と手。
ここで帯コピーです。
「君が好きだ。…嘘みたいだ。」
うわ〜ん、これが泣かずにおれようか!!


途中、お約束の「凌辱されていったん離れるけどその後自覚」バージョンで大団円かとすれた予想していましたが、結果的にはその通りとはいえ、外的圧力(叶)により引き離されたのは意外。叶はあくまで罪の意識と庇護欲からの行動で、嫉妬なんてベタな感情は高遠さんは入れてこないだろうと思っていたからです。でも来ちゃった(笑)
TOBなんちゃらという複雑な仕事背景と絡めてますのでただのやきもちではないですけど、仕事の合間に恋愛してるようじゃうちのディレクト―ルは救えませんって事ですね。
あのままだったら先に述べた無償の父性愛で、叶はディレクト―ル救えちゃう。シェフと同じ恋愛土俵にたたせる事で読者にわかりやすく引導を渡した訳です。そこまで計算されていた、と後からわかって「ほォ〜」 なるほどベタでも納得。
最後のお店存続のくだりは月曜TBS系某時代劇の20時40分的展開ですが、あの店を存続させるにはあれしかないのでOKです。

ホントいうと3巻読む前は「愛と混乱のレストラン」の「レストラン」からアプローチして、各巻ごとに絡む食材というか料理?とそれがコースになってる視点から感想書こうと思ってたんです。実際2巻までそれで書いてあったし…(だからディレクト―ルがコース料理で目覚めてくれないとダメだったし、予想もしてたんですけどゴルドと食べ比べて目覚めるのかと思ってたんだよね)
でも3巻読んで完敗しちゃったんで素直に「愛と混乱」を書きました。そしたら今度は食に一切触れられなくなってしまった…。私の実力ではどちらもはムリでした。ここでも完敗。
スピンオフがパティシエによるデザートならコースとして完璧じゃん、ボツ記事完成させようかなあ…。


あとね、どうでもいいんですけどね、上の表紙画像ね、
タイトル「唇にキス 舌の上に愛 ?愛と混乱のレストラン3? (二見シャレード文庫 た 2-13)」
「3?」って聞かれてもね。
あんまり笑わせないでほしいです、せっかく感動してるんですから。

◎イメージソング
 「誰カノタメニ」 城南海
新しすぎてまだ動画がないのでオフィシャルサイトの視聴をあげときます
http://kizukiminami.com/
きずきみなみと読みます。じょうなん うみと読んでた大バカもんは私です。
元ちとせに似たこぶしの使い方だな〜と思ったら沖縄民謡も歌われるってことでやっぱりね〜です。
歌詞も曲の盛り上がりもなんともピッタリで、たまたまこれ聴いてる時に読んだせいで、感極まって落涙です。う〜んイメージソング恐るべし。って自分で言うな。



励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名た行]高遠琉加 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

3巻、面白かったです。
とても良かった♪
(後日、私も感想を書こうと思ってます)

これたしか――イチの話が出るとかなんとかあとがきに書かれてありましたよね?

たぶんこの作品は、多くの人が年間ベストに入れてくると思うほど支持されると思うので、もしかしたらイチの話が別に出たら、そのときになにか小冊子とか企画が出てきそうな…そんな感じがします。どうでしょ?
comment by: 秋林 瑞佳 | 2009/04/30 13:31
秋林さんこんにちは♪

うえ〜ん、良かったですよね、3巻!(まだ泣いてる)

>後日、私も感想を書こうと思ってます
よっしゃ!(ガッツポーズ)
勢いで感想書いちゃって、まだあそこもここも言いたかったのに…!とずーっとグルグルしてたんですけど、秋林さんが私の言いたい事まとめてくれるからもう大丈夫(わはは) 

comment by: miru-ha | 2009/05/01 13:07

Leave a comment










TrackBack URL

http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/184

TrackBacks