スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「黒いサカナ」 火崎勇/海老原由里

やっとイメージソングがつきました。

お初の火崎勇さんです。
本作は年末特集「勝手にBLグラミー最優秀作品賞・短編部門」ノミネート作でした。
この方もベテラン、多作な方です。

待った甲斐あって、イメージソングがいいんだな!の、ネタバレ感想は次ページで。
   ◎イラストチェック
★★★3.0
つくづく思う。これが奈良さんだったら、と。
相当の仕上がりにできたと思うんだよね、何気にキチクだし年下攻めだしクセモノっぽいし。(ぽいだけですけどね)
この絵師さんと火崎さんの持ち味との相性は悪くないと思うんですが、今作はいくらでもドロドロにできるタイプの話だったのでさっぱりしすぎちゃったのがちょっと残念。
おまけにこのロゴかわいすぎやしませんか?作品とあってないよ?
★★★3.0
カットも同上。
受けに自覚させるために他の子とヤッてるとこ見せたり相手の胸におそろいの刺青を自ら施したりする攻めと、いろんな事されるたびに愛されてる事を実感する受け、なんてもちっと濃ゆく描いてもよさそうなもんだがあえてさっぱりテイストにしたのか。希薄な感情表現ってところは上手く出てますけどね。

◎本編感想
火崎さんは剛しいらさん(感想こちら)と同じく基本短編派でいらっしゃるため、やはり初心者泣かせです。
短編多作って常にアンテナ張っていないと(=外に目を向けないと)できない事ですので、このタイプの作家さんはもれなく多趣味、または引きこもりが苦痛なタイプと思われます。1人になりたくてもカフェで1人お茶するとか映画みるとか、とにかく外気に触れる、基本人好きの方です。こういう方はサービス業に向いているので万一転職する際は、販売員、ホテルなどのフロント、添乗員などをお勧めします。(毎度ながら大きなお世話)

剛さんは作品振り幅がそりゃもう極広、メトロノームも大忙しのテンポ120な方ですが、火崎さんはテンポ60、振り幅は狭目です。時報と同じリズムなので体にしっくりきますけど、時には空気のように無意識=慣れになってしまう感があります。
でも振りの範囲が嫌いじゃないので、就寝前・眠いけど何か読もうかな〜、あ〜火崎さんいっとくか、が私の中のこの方のポジションです。(あれ?好きだって言ってるのになんだか失礼なような…)

この方の特筆は「あとがき」です。
「あとがき」で独自カテゴリーを作りたい作家さんは樹生かなめさんと本日の火崎さん、今のところこのお2人。
樹生さんはご本人自体が別世界の方ですので、あとがきに限らずプロフィールや時に出版社との関係まですべてがオモローなんですが、火崎さんのあとがきは突出のサービス精神!これです。
火崎さんは毎回、その話の後日談めいた話を(妄想とも呼ぶ)みっちり書いて下さるのです。
これで続編書けるじゃん、的な内容をオフ会でのチャットのごとく楽しげに披露して下さるその惜しみのなさがとっても好きなのです。

そこそこある既読作品中(もちろんコンプなんてできませんが私にしては多い方)、この作品を選んだのは1番「綺麗」な作品だから。
優秀な美形2人がクールに恋に溺れ、当て馬も絵に描いたようなバカな小悪党のため同情の余地なく切り捨てられる。
この世に2人だけ(と当て馬、笑)かのように徹底的に2人の世界に絞ってあり添加物は一切なし、でも盛り上がりに欠けてるわけでもなく、作家さんなりの品よいエロもある。
イラストチェックで書いたようなご執着を攻めが見せますが、作家さんも後味すっきりを目指した感があり、そのため行為は「キチク」でも「やや電波」ぐらいの感覚で受け止められます。

それがもったいないと思ってしまうのは単に私の好みの問題で、実はイラストともどもバランスがとれている作品だったりするのです。
ただ、タイトルは「黒い魚」か「クロイサカナ」の方がより文学的な気はしますけどね。せっかくBLらしからぬタイトルなんだし。


結局は一目ぼれじゃん、というつっこみがラストにならないと出来ないお上手な構成。読後、気持ちよく「おやすみなさい〜」と眠れる、貴重な添い寝BLである事は間違いないです。

◎イメージソング
 「ONE TIME」 feat.一星 & 沖 仁 / SoulJa
PVは
http://www.youtube.com/watch?v=T1ZoMTc7wXM
この曲はPV見るとがっかりする、珍しい曲です(笑)
ので音声だけ楽しんでいただきたいです。

切なげなフラメンコ・ギターのイントロといい感じにアングラなラップ、一度で君に魅かれた、ってとこなんて本作とピッタリです。


【関連記事リンク】

    励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
    [小説・作家名は行]火崎 勇 | comments(0) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

     

    励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
    - | - | - |
    <<prev entry | main | next entry>>

    Comments

    Leave a comment










    TrackBack URL

    http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/180

    TrackBacks