スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

イラスト考察・「イレズミ」

イラスト考察・第3弾。テーマ「イレズミ」です。
前回考察「コミック派」と「アート派」で触れました通り、「生物」表現に重きを置いたイラストチェックでございます。
奈良千春さんの独り勝ちに近い分野ですが、探せば意外と貴品珍品あるんですよね。
あわせまして「生物イラスト」についての考察、ここでまとめておきます。

      
◆イラストにおける「生物」
(一部前回と重複)
イラストを描く方が「生物」に到達するまでには各派で発展ステップが若干違います。
「コミック派」の場合…人物→背景・小道具などの無機物→コミック効果(ペン、トーンなど)→生物(興味がある人だけ)
「アート派」の場合…人物→生物

コミック派の方は相当枚数をこなしてからでないと「生物」に到達しません。
到達しないままの方もいます。生物描写はマンガに必須ではないからです。
アート派の方は比較的早く「生物」に目覚め、更に哺乳類〜鳥類〜…のようにジャンルを極めていきます。
タトゥーと違い、刺青は「人物」か「生物」ですので刺青カットが上手い方=ほぼアート派です。


◆「生物」描写発展ステップ
「生物」到達後に進んでいくモチーフの変化です。

1.「哺乳類」
…まずは「犬や猫」などのペット系→「馬やライオン」など大型の哺乳類へと移行。動物の骨格や大きさは人体と全く違うので、否応なしに人体描写力も増します。
例え動物単体が上手く描けても、馬に乗った「人」が小さすぎたり、「人」が抱いたネコが大きすぎたり、などの方はまだまだ修行中、動物を多角的に描けるまでのレベルには到達してないという訳です。
参考:実相寺紫子さんの「狼」(本編感想こちら) 
アングルは真横からで平凡だが、表紙に持ってきたのが非凡。
BL界に限らずケモノ変身ストーリーはあまたあるが、表紙にしっかり描きこむ人はマレ。描いてもせいぜい目だけとか、シルエットとか…。描き込みの大きさはそのまま自信の大きさのあらわれです。(自信比例の法則、と名付けました)
実相寺様は動物描くのお好きだと思う…

大抵の方はまずココまで。
さらに道を究める方は次ステップへ。


2.「鳥類」…
哺乳類の次、または同時期のステップ。
羽のある翼は乙女の必須アイテムですし。しかし「アート派」は翼じゃなくて「鳥」そのものを描きます。鳥の顔を正面から描くのは非常に難しいです。くちばしの立体感と目のつき方が哺乳類にはないものなので。
このジャンルまで到達絵師様はBL界ではお目にかかった事がない…。
  2’(ダッシュ)「植物」…鳥類から植物(ボタニカルアート)へ進む方もいます。「花鳥風月」に花や木は必須アイテムだからです。
植物をある程度極めている方は直ぐわかります。想像上の「なんちゃってお花」を絶対描かないからです。現存する花を「葉」まで理解して描き込みます。植物ごとの「葉」の付き方の違い(単葉か複葉か、互生・対生・束生など)をきちんと勉強しているのです。
写真を見て描いても「花」はそこそこ描けますが「葉」はごまかしがききません。よって「葉」の表現を見ればレベルがすぐわかるのです。
また、植物の上手い方は「和服」も上手いです。和柄はほぼ植物のデフォルメだからです。
これもBL界では該当者がいない…

BLには「花屋」が結構出てきます。「ケーキ屋」と並んで女子永遠の憧れ職業だからです(BLは乙女の夢の反映なので)
とはいえ、少女マンガ界も含め鑑賞に堪える「花」屋はマレです。
参考:二宮悦巳さんの「花屋」(画像クリックで拡大)
BL界最高峰の「花」屋イラスト
花の種類、色など昨今の流行を押さえている。描きなれているわけではないので、おそらく最新の資料を見て描かれたはず。自分の描きやすい「なんちゃって花」にする絵師様がほとんどなので、それをしないプロ姿勢に拍手。
ただ、パリの街角の花屋…みたいな資料を見たと思われ、商店街の仏花メインの花屋にしては花の種類がハイカラ(笑)



3.「爬虫類」…
鳥類の次ステップ。(両生類も含みます)
手足の付く位置が全く違いますし、形そのものが哺乳類と違って非凡です。造詣として曲線や構成が美しいので実は描きがいのあるモチーフです。あらゆる角度からトコトン描きたくなります。
結果、寿たらこさんのコミック感想で書いたように、
「(口を閉じた)蛇を正面から描ける方は何描いても上手い」の自論が完成。
ここまで到達していると思われる方は今のところ、寿さんと奈良さんのみです。絵を描く事が好きで好きで一日14時間「絵」を描いてる様な人でないとここまで辿りつきません。
参考:寿たらこさんの「蛇」(画像クリックで拡大)
この蛇の角ばったうねり、相当描きこまないと描けません。
なめらか流線のヌルヌル蛇(9割コレ)より数段難しいのです。

この先「虫」・「魚」とありますがここまで達したら、以前書いたように研究者として後進育英に努めていただきたいです。


ふう、本題までが長い。
次ページにて、長々語った生物描写ステップにしたがって「刺青」を分類してまいります。
ぶっちゃけ、次ページだけで事足りるという事に今気付きました。
     

★言い訳
3月のPC昇天で全既読本リスト(購入リスト)も運命を共にしてしまいました。
ので、まず記憶だけでリストUP→本を掘り出して確認、という手順を取っており脳細胞の衰えから記録としてはダダもれです。
今後の追記にご期待下さい。(逃げた!)
(これだけ時間も文字もかけといて肝心部分がコレだけってどうなんだろう…)


      
         
「イレズミ」リスト(モチーフに象徴される意味も付記しておきます。)
◆大分類
■小分類…意味・象徴
●絵師名(属性)…作品名〜作者
⇒コメント
の順です。
(エクセル対応だったらもっとわかりやすくできるのに。いよいよHP?)
画像UPは表紙に背中がしっかり描いてあるもの。お気に入りイラストは赤字です。  追加作品にはマークが頭についてます。(最新更新09・9・4)
                            

◆龍(最もポピュラーなので別枠)…大地の恵み・皇帝・出世
 ●亜樹良よしかず(アート派マスター)
  …「龍と竜」「龍と竜・白露」〜綺月 陣
   ⇒肩までしっかり入った総彫の「昇り竜」 
  作中に記載はないが絵師さんの工夫で「菊龍」になっている。
  非常に縁起の良い組み合わせ。
  和柄を良くご研究されている。次郎の「双龍」も見たかった!
  ちらっと見えるカットがありますが凝視できない行為を伴っておられるので…(笑)

 ●北畠あけ乃(アート派…のはず)…「さよならを言う気はない」〜英田サキ
   ⇒「龍虎競覇」で龍と虎が相争う図。
  ここは1枚絵でドンと持って来るべきと思うんだが2枚にわかれて半分ずつ掲載。
  隠し方も微妙で、生物描写に自信がないと思われます。(自信比例の法則
  あっさりとした点描で少々迫力不足。これじゃ筋彫り(下書き)です。
  龍のうねりもぎこちない。でも虎は頑張ってます。顔しか見えないのが残念。
  龍の絵の方が大きいのでココに分類。

●稲荷屋房之介(アート派)…「花嫁は夜に散る」〜愁堂れな
   ⇒龍だったと思うんですが…本が見つかりません。
    お話があまりにあまりで1度しか読んでないんですよね…。
    稲荷屋さんのイレズミは貴重なのでもっとよく見ておくべきでした。 

●奈良千春(アート派マスター、コミック派へ転向)…「龍を抱く男」〜ふゆの仁子
   ⇒彫師がメインキャラの1人なので刺青はゴロゴロ出る…が、
  1部と2部で別人ティエンについていけず読んだのはここまで。
  龍は足だけの部分彫り。しかも伝説の白彫(論理的には実現無理なんですって)
  表紙は背中がないので画像掲載なし。
  (↑↑このシリーズの表紙描き込み率は断トツです。奈良さん作品中1,2を争うと思う。
  メッセージ性は本を読んでないのでどの程度なのかわからないですが…)

奈良千春…「龍&Drシリーズ」〜樹生かなめ(画像クリックで拡大)
 ⇒こちらも吉祥「昇り竜」
 この巻のイレズミが一番きれい。
作中には「虎」やら「般若」やら「鬼子母神」など美味しそうな刺青がどっさり出てくるがカットはないのでいつか見られるといいな〜。
「人物」は変わっても生物は変わらないだろう、いくらなんでも…(笑)



・櫻井しゅしゅしゅ…「龍と仔猫」〜高尾理一
  ⇒この方も生物はあまりお好きじゃないみたい。描いてるマンガはどーぶつ的なのに(ワハハ)
  人物の美しさに比べると「…」なあっさり龍です。
  受けの仔猫はお風呂でなでちゃうぐらい、この龍が好きなんだから(名前付けそうです、笑)
  もう少し大きなカットが欲しかったです。


◆人物(普段よく描いているせいか意外にもハイレベル。イタイ絵は覚えがないです。)
■女神…慈悲と愛。ただ一人の女
 ●小山田あみ(意外にもコミック派)…「極道とスーツシリーズ」〜中原一也
   ⇒弁財天?吉祥天?
   仏絵の雰囲気が良く出てる。上手い。
   鏡に映る像の視線を感じてのH。エログロです。
 
 ●羽根田 実(意外にもコミック派)…「夜叉と獅子」〜池戸裕子
   ⇒天女
    これも上手い。イレズミの「人」と生きている「人」の違いがちゃんと出ている。
    本文には「牡丹の花に囲まれ龍を従えた天女」とあり、全部描いたらえらい事に。
    ここで止めておいて正解。そのかわり表紙に花と龍が描き込んであります。
    対の男神のカットがないのがつくづく残念。

●ヤマダサクラコ(アート派)… 「今宵、天使と杯を」〜英田サキ
 ⇒天使 
  「天使」の刺青…! 普通ありえない。
  「イレズミイラスト」について考えるきっかけはこれでした。
  これを刺青らしく表現するのはプロの彫師の方でも難題と思う。
  極彩色だと鳳凰になってしまうし…。(なってるけど)
  本文記述と図柄が違ってもしょうがないです。
  ここまでよくやりました◎


■男神…力、支配
●有馬かつみ(アート派)…「緋い月」〜火崎勇
   ⇒鬼(鬼ばかりの百鬼夜行)
  血の赤で表現された「鬼」100匹、と本文にある。
  …これはムチャぶりすぎるだろう!彫ってる間に死にそうです。
  絵師様お気の毒。でもよく表現してあります。
  さすがに部分カットしかないですけどそれも納得。





●奈良千春…「夜空に煌めく星の下」~松田美優
   ⇒風神・雷神
    1枚しかないが二の腕までしっかりある総彫。むろん極上。
    珍しい図柄なのでもう少しUPで見たかった。
    (けど、作品にほとんど関係ないからしょうがないか)

●麻生海…「命いただきます」〜剛しいら
   ⇒弁天
   上手い。この作品は挿絵が全部いいので当然「弁天」もいい。
   イレズミの人物は日本画の人物芸術=浮世絵に通ずるものがあるので、そこが伝われば上手い、と判定します。



◆哺乳類 
■虎…力・怒り 
※虎に竹林…象を竹林に誘い込み動きを封じて狩る寓話から「知恵」  
 ●ひたき(アート派)…「彼の背に甘い爪痕を残し」〜鳩村衣杏   
   ⇒人物はお上手なんだけどまだ「生物」に行きついてない。
   イレズミ、というよりペン画(しかもラクガ…ムニャムニャ) 
   表紙に持ってきちゃったのがまた…。
   桜との組み合わせも???
 


●左崎 なおみ(アート派)…「水に燃える月」〜高塔 望生
  ⇒カラー口絵に半分ほど。
  上手いけど模写かも。(自信比例の法則)
  作中の重要アイテム(?)なのでカットで堂々と一枚描いてほしかった。
  それにしてもこのお話、地味ながら名作です。  

■唐獅子…魔よけ  
 ●青海信濃(コミック派)…綺月陣「獣」
   ⇒怒ったおっさんか、いいとこ般若だと思いました。動物だったんですか…
 アゴからイカのごとく足の生えた動物を初めて見ました。
 (アングル的にそう見える、のではないんです…)
 生物をほとんど描かない方だと思う。やたら出てくる作品にあたったのが不幸なのか…

■馬…調べきれませんでした。ごめんなさい
 ●青海信濃(コミック派)…綺月陣「獣」
   ⇒巻末のラフ画でしかみられない「暴れ馬」
   この人、ラフは断然うまい(苦笑)
  

◆鳥類
■鳳凰…鳥の王。君臨。
  ●タカツキノボル(アニメアート派マスター)…「鳳凰に抱かれて」〜柳まこと
   ⇒なかなか面白い。イレズミらしくはないけど、表現としてはいい。
  個性的表現という意味では奈良さんといい勝負。
  さすが、マスターは一味違うぜ!←注:「挿絵マスター」とは違うのです…そこはあと一歩!
※アニメアート派
アート嗜好がアニメな絵師様。動きのあるポーズと眼の大きな表情豊かな少年など一見コミック系なのが特徴。でも「アート派」なのでマンガ表現(ペン使い、効果など)が弱い。
人物画力があるのでマスターになるのも早いが、絵柄の都合で作品が限られるためあまりマスターらしい仕事に恵まれない。



◆植物 
(ありそうでない、コンプ魂泣かせのジャンル)
■椿
 ・藤咲なおみ(コミック派)…谷崎泉「目暈」
    ⇒腿に一か所だけの部分彫り。ただ描いただけ、な思い入れの欠片もないカット。
   小さいながら重要アイテムなのだから、もっと墨絵風表現にするとか、点描するとか
   なにかアートフルな工夫がほしかった。
   この絵師様ではそうはしないか。

■牡丹…富と名誉。
 募集中

■蓮…幸運。豊饒。
 募集中(NANAが腕に彫ってますけどタトゥーだし、少女マンガだし(笑))

■桜吹雪…絢爛。正義。

 情報あり 

■曼珠沙華…悲しい思い出 彼岸
 ●青海信濃(コミック派)…綺月陣「獣」
    ⇒イレズミ…には思えない。人物と生物との画力差がありすぎますね…
※余談:本物の曼珠沙華は「白」もあります。すごく綺麗です。
 


◆ハ虫類 
※奈良さん、この分野独壇場(笑)
※クリックで拡大↓↓ 
■蜥蜴…強靭な生命力
奈良千春…「赫蜥蜴の閨」〜沙野風結子 
  ⇒私的イレズミランキング1位。
なので、特別に口絵から掲載。炎をまとった感がもう…
全体に白っぽく紗がかかったように見えるのは この画像が不鮮明なのではなく奈良さんご自身が鏡に映った像だという事を表現するためわざわざそうしているのです。スゴイ。神。


■蛇…不老不死・神秘性・狡猾・知恵
 ●奈良千春…「蛇淫の恋」「蛇恋の楔」〜沙野風結子
   ⇒双頭の蛇。頭の1つは胸を噛み、尻尾はピーに入り込む激エロ図柄。
   素人(角能デザイン)の発想ほど恐ろしいものはない(笑)


◆虫
 ↓※クリックで拡大                                                                                 ■蜘蛛…絶望・知恵 ※蜘蛛の巣…したたか・戦略
奈良千春…「蜘蛛の褥」〜沙野風結子
   ⇒「蜘蛛」が下向きなのがトコトン非凡。
 普通上向き。絵師様自身のご判断です。
 捕獲の恐怖と迫力がより増す様にお考えになったんでは、と思います。参る。
 『伝説の彫師「彫O」の傑作』はBL界にゴロゴロあるが焼きつぶしたのは彼(沙野さん)だけと思う。お話ともども素晴らしい。
 


◆魚

■鯉…勇気。長寿。  
  剛しいらさん作品で出てきたと思うのですが、作品名が思い出せない…
  イラストも、あったかどうか…。
     
 
   
        
 
◆総評
奈良さん強し。(わかってましたけど)
容赦なくレベルがわかってしまうので、マスタークラスにしか「イレズミ」は頼んじゃ駄目ですね。
どの作品もイレズミの意味とキャラが合ってる気がして、妙に感心してしまいました。

植物イレズミがほとんど見つからないのは、BL界では迫力不足だから?
個人的には実相寺紫子さんと円陣闇丸さんのイレズミがみたいです。(あると思うんですが探せなかった…)

多分この倍は見てると思うんですが、何分思い出せず…あっさりリストで本当にすみません。
今年1月に購入リストを作りましたがあの時ブクログにしておけば…迷ったんだよな〜。

余談:
沙野さんはともかく、綺月陣さんの偉大なる珍作「獣」にこれほど多種類のイレズミが出ていたとは思いませんでした。色々とぶっ飛ぶ事が多すぎて、イレズミ、などという瑣末な事はすっかり記憶から消えていたと思われます。
せっかくなので?、期間限定公開だった「獣」の感想を7月中再公開いたします。
なんで期間限定だったかは読んでいただければお分かりになるかと…。



◆特別推薦
↓クリックで拡大
コミックは本来対象外ですが、この特集を組む上でこのタイトルを避けるのも不自然ですので例外ながらリストUPです(サメはタトゥーなので除外)
「刺青の男」〜阿仁谷ユイジ
 ●牡丹…富と名誉(何と皮肉な物を背負ってしまったのか…)
 ●ラナンキュラス…特殊すぎて意味探せないです。
 花言葉は誉、名声、美しい人格、魅惑的など。
  ⇒生物を描きなれていらっしゃる訳ではないですが、雰囲気が上手いです。ラストページを人工(トーンやデジタル)に頼らず手書きの花で埋め尽くしたのはアッパレです。
それにしても壮絶ですね、このマンガ。今後絵が上達されたら末恐ろしいマンガ家さんになられるでしょうね…。

余談:ラナンキュラス(画像クリックで拡大)
八重咲きラナンキュラスは、数百枚の極薄花弁が小さく重なる花ですからプロの植物画家でも上級素材。もし私が描け、と言われたら「すいません、コスモスにして下さい」って間違いなく言います(笑) 
八重咲きはすべて園芸用の品種改良種、原種は一重でアネモネに似ています。
関係ないですが一緒に活けてあるグリーンは「シュガーバイン」大変可愛らしい園芸種のツタです。活けて良し、育てて良し。超好みです。
 


         

◆未読本(情報ご提供本) 「女装イラスト」同様、情報お待ちしております。
■桜吹雪
 「砂漠のシークと桜の姫君」〜泉美アリナ
■前龍後虎
 「黒き龍は服従の虜」〜月姫あげは
■龍
 「砂漠の王は龍を抱く」〜愁堂れな
■鳳凰
 「衝撃」〜妃川螢


◆謝辞
情報提供ありがとうございました!
・ひみこ様
・SN様




   …終わった。 
  最後まで読んで下さって 本当にありがとうございました。






【関連エントリー】
「龍の求愛、Dr.の奇襲」 樹生かなめ
イラスト考察完成記念・奈良千春様考察〜龍とDrシリーズ
イラスト考察・「イレズミ」
イラスト考察「コミック派」と「アート派」
イラスト考察・「女装とBL」2009
続・「笹上嬢を探せ!」〜イラストチェック臨時便



〔絵師:奈良千春〕 〔絵師:亜樹良よしかず〕 〔絵師:稲荷屋房之介〕  
〔絵師:櫻井しゅしゅしゅ〕 

〔画:イレズミ〕  〔画:ギャラリー〕 〔画:動物〕 〔画:イレズミ〕  〔画:植物〕  〔画:グラミー賞〕

 

【関連記事リンク】

    励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
    [【特別企画・イラスト編】]考察〜イレズミ | comments(5) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

     

    励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
    - | - | - |
    <<prev entry | main | next entry>>

    Comments

    お疲れ様おつかれさま。
    よくがんばった! 後半もがんばれ!

    確かに、植物の葉は重要ですね。
    以前、薔薇がタイトルに入っていて、重要アイテムな作品で、表紙で人物が持っているバラの葉が、上部に一枚づつズレが殆ど無く2枚両方向に開いている、いわゆるチューリップ絵状のものを見て「……ひどすぎる……」と嘆いた記憶がありますw ねーよ!!小さな一枚葉が1つだけついてる可能性は絶対ないとはいわんけど、バラの花茎上部の葉は通常3枚か5枚葉だろう!JK!! 花屋いって1本でも生バラ買ってくればわかるだろうに……。
    バラにはうるさいひみこです。(つい熱く語ってしまった)

    んーっと、おいといてw

    実相寺さんのイレズミ……意外にもほとんどなかったんですね。
    んー、妃川螢さんの「衝動」で、白黒イラストの鳳凰なら。
    半分受け子にかくれちゃってますが、背景にでっかく隠れた部分のってますね。

    牡丹は、ちょうど、次エントリーにしようと思って読み返していた谷崎泉さんの「目眩」で、藤咲なおみさんが白黒イラストで描いています。
    表紙にもあるけど、バック絵として、なので。

    comment by: ひみこ | 2009/07/18 09:27
    びゃー、ごめーん、目眩イレズミ、牡丹ぢゃなくて、椿だったーーー!!
    comment by: ひみこ | 2009/07/18 09:29
    miru-ha さん、こんにちは〜!

    すごい特集ですね。
    miru-haさんの特集はいつも感嘆で言葉もでません・・・

    奈良千春さんの「赫蜥蜴の閨」のイラスト、
    私も神がかってると思います!!

    私は常々、BLジャンルのイラストの酷さに辟易としていたのですが、
    あまりあれこれおっしゃる方がいないので、
    あー、この分野はこれで通用するんだー、こういうもんなんだー、
    これでもプロっていうんだー、なんて思っていたのですよ。
    でも、miru-haさんのブログにオジャマするようになって、
    溜飲が下がりましたって!

    このイラスト考察・「イレズミ」の前の記事もワクワクして
    読ませていただきましたよ〜。

    もっとたくさん書きたいことがあるのですが、
    まとまりそうもありません・・・・
    また時間をみつけて遊びにきますね〜!
    comment by: あると | 2009/07/18 18:44
    >ご協力本当にありがとう、ひみこりん(笑)
    後半「奈良様考察」、やっぱり2日に渡ってしまいました。
    はは…(乾いた笑い)。眼がイタイ。

    >確かに、植物の葉は重要ですね。
    以前、薔薇がタイトルに入っていて、重要アイテムな作品で、表紙で人物が持っているバラの葉が、上部に一枚づつズレが殆ど無く2枚両方向に開いている、いわゆるチューリップ絵状のものを見て「……ひどすぎる……」と嘆いた記憶がありますw 

    ひみこさん、やさしい♪
    私だったら間違いなく「室伏投げ」をお見舞いしてます。
    重要アイテムを「イラスト」で萎えさせるって作家様にも読者にも失礼な気がします、ちょっと調べれば分かるのに…。
    デフォルメOK、写実的じゃなくてもいいんです。作品の雰囲気とかご自分の画風にあってるとか、何かこう、もう少しプロとしての工夫が欲しい、というか…ね?

    妃川螢さんと谷崎泉さん、リストに追加します、ありがとう!
    実相寺様のイレズミ楽しみ♪


    comment by: miru-ha | 2009/07/18 21:38
    >あるとさん、いらっしゃいませ〜♪

    なんだかもったいないお言葉を頂戴しておりますが、私はむしろ、この主観ガチガチのスパイシー長文に付き合って下さりコメントまで下さるあるとさんのお人柄に感嘆いたします。

    いつも元気を下さってありがとうです!

    >奈良千春さんの「赫蜥蜴の閨」のイラスト、
    私も神がかってると思います!!

    ホントに神クラスでしたよね。モノクロ・ラストカットも深くていい!お話より「絵」の方が記憶に残る作品でした。


    >私は常々、BLジャンルのイラストの酷さに辟易としていたのですが、
    あまりあれこれおっしゃる方がいないので、
    あー、この分野はこれで通用するんだー、こういうもんなんだー、
    これでもプロっていうんだー、なんて思っていたのですよ。

    ああ、全くその通りです!
    少女マンガ愛好家がぶち当たる最初の壁ですよね?
    自分の価値観がおかしいのかと真剣に悩みましたし(笑)

    「絵」に関しての?もさることながら、お話についても「花嫁やアラブは監禁・媚薬・オークションがセット」とか「ヤクザのお相手は刑事」とかこの業界特有の様式美が多すぎて、しかもそれを守らないと作品を書いてはいけないという掟でもあるかの様に皆様従順でしょう?
    「はあ?またあ?」などと思う私は、BL読者になる資格がないのかとさえ思いましたもん。


    ブログを始めたおかげで色々な見方や情報を教えていただけて、おかげ様で今は「あはは、またあ?書いちゃえ♪」と思えるようになりました。(さいてー、笑)

    スパイシーのくせにチキンという、一見どこぞのファストフードのイチオシメニューかと見まごう厄介な性格をしておりますので、あるとさんの様なお言葉をいたただけると心底ホッとします。


    どうかこれからもモリモリ召しあがっていって下さいませ♪










    comment by: miru-ha | 2009/07/18 22:31

    Leave a comment










    TrackBack URL

    http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/175

    TrackBacks