スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

週末企画「今週のTOP1でBLイメソン」〜夜光花「凍る月」 

週末おたのしみ企画! 
『今週のTOP1でBLイメージソング』 11月第2週
さて 今週のTOP1は?(ドラムロール

2008・11・9付 TOP1は
 『SISTER』  Angelo 
PVは
http://www.youtube.com/watch?v=DyTQWCUfOZA
でした。

来ました、ヴィジュアル系!まいったな、どれも同じに聴こえちゃう。
CDジャケ、ステキです。ヴィジュアル系のジャケットはどれもメッセージ性が高くて美しいのでジャケは好きなんです、ジャケは。いうなれば『ダイヤモンドの条件』の荒木がとる写真のイメージ?

声に聞き覚えがあるのは何故?と調べたら「PIERROT」のボーカルでした。
そういえば解散してたような。納得。

曲調はわりとスタンダードで判りやすい。おばちゃんの理解の範疇です。
「PIERROT」時代と同じに聴こえちゃうのはご愛嬌ですね。 
(イントロが「北斗の拳」に似てて失笑しちゃったのはヒミツです。)

でもって、この曲
ケモノソーング!
♪ 歪んだ愛情が 悪意と憎悪に交じり合って
   十字を切る君が ケモノにその身を委ね 
 

などという歌詞ならば、ここは夜光花さんの「アレ」ですね。
黒と赤2冊出てますのでまとめて感想いってみます。いつものようにネタバレで。

 

◎イラストチェック
カラー★★★3.0
こうやってみると綺麗だな。
この表紙で一番いいのはタイトルロゴ。デザインも位置も色もキレイ。
カバーデザインしてる方のセンスの良さが光ります。
絵が良くも悪くも個性的なので、随分助けてますね。
カット★★☆2.5
この絵師さん 好みが分かれるところです。
腕がやたら長いのは獣人だからかと思ったらこの方のクセでした。
ロング以外で人物が2人はいると途端に身体のデッサン(人の大小)が狂うため少々見づらい。
獣人が重要なお話なんで「人」と「獣」をはっきり描きわける必要がありますが、残念ながらどっちも辛いんだよね…。小太郎なんてラクガ…ムニャムニャ。 顔だけならいいんですけど。
カットに獣人外してあるのは絵師さんの腕のせいかと半ば本気で考えました。(ヒドイ)
「黒」ラストカット・「光陽どこ?」 ホント表情はいいんですけどねえ。

◎本編感想
表紙とあらすじからケモノに襲われグッチャグチャ、とか期待 心配してたら皆さん予想外に紳士。
ケダモノは私の方でした。
とはいえ夜光さんファンタジーですので綺麗に終わるはずもなく、体の一部は欠けるわ腐るわエサに「液」欲しがるわでてんやわんやです。

「どろろ」と「蟲師」と「狼男」がごった煮されたような世界観に「幼なじみ」と「運命の番い」の萌え設定が導入され、一大エンタテインメントBLとなっております。
日本人に執事がつく理由を延々と説明されたり、光陽に危機感がなさすぎたり色々アンバランスなところもありますが、ダークファンタジーとしてよく出来てます。
ただ、これで終わったらだめでしょう!

組織だの亨だの、黒澤にしても、問題が何も解決されてない。
いわば起承転結の「起」「承」まで終了ですよ?まだ「転」すらいってないで終わるのはどうなの?
ここから先は人気に応じて発刊するかどうか決めるって読み続けた読者に対してヒドイ仕打ちです。放置プレイは作品の中だけで楽しみたく存じます。

そうか、だから小冊子や同人誌というものへたどり着くのか。
しつこいですが miru−haは少女マンガ出身なので同人誌というものはアマチュアの方の自費出版のイメージが強く、BL界での同人花盛り状態がさっぱり理解できませんでした。
プロが作る同人誌なんて少女マンガ界ではありえなかったもん(最近は2次作品とかでお見かけしますけど)

いつか私もどこかでガーデニングしたりするようになるのでしょうか。
本職なんですけどね、ホントのガーデニング(笑)←「花」を扱う仕事をしているから。資格もあり。


今週は 寒そうです。
くれぐれも風邪などひかれませんように、皆様暖かくして下さいね。 


励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名や〜わ]夜光花 | comments(1) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

■このページに拍手下さった皆様、本当にありがとうございましたm(*・´ω`・*)m

>いつか私もどこかでガーデニングしたりするようになるのでしょうか。
爆笑しました。つい先日新幹線で庭仕事に駆けつけた柴田理恵似のおのぼりさんは、どこのどいつなのでしょうか☆

このシリーズも長いですね〜。こんなに続くと読者も作者様も思ってなかった=初めのカプバナがスピンオフ状態になっておりますね。
お話は嫌いじゃないんだけど、イラストについていくのが辛いのであまり読み進められない、ラスト2冊ほどは積読です。
上手い方はラフ画段階で既に上手いんですよね、「ラブコレ」はある意味残酷な企画です。←残酷なのはあんたでしょ!Σヽ(゚∀゚;)


comment by: miru-ha | 2011/06/30 23:58

Leave a comment










TrackBack URL

トラックバック機能は終了しました。

TrackBacks