スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「銀盤を駆けぬけて」 春原いずみ/須賀邦彦

前回に続き、大慌てで冬を追っかけてます。
来冬だと歌が古くなるとか言っといて、先日のイメソンは今年の曲じゃないという矛盾に1人ジレンマです。

2作目の本日はフィギュアスケート界が舞台のお話です。ありそうでないですよねこの業界のBL。コレしか知らないけど他にあるんでしょうか。そういえば「バレエ」も思い当たらないなあ、「タンゴ」はあったけど。少女マンガではワンサカあるのにちょっと不思議。

伊藤みどりがエキジビション(濁点合ってる?)の曲に「アラミス’78」(←アラ腐ォーレディならおわかりのはず!)使った事があるのを知っているくらいにはフィギュア好きですが、どの大会(国内大会だったと思うんですが)か覚えていない程度のエセFANです。

昔はリンクに見に行った事もありましたけど、今は寒さとチケットの高さについていけず自宅でTV観戦です。もともと「雪で遊ぶ」なら「温泉で雪見酒」を選ぶ、寒がり出不精だし。

春原さんはずーっとリンク観戦されている「マニア」だそうで、自称されるだけあってさすがの業界描写です。

まったくどーでも良い事ですけど、私が1番好きなのは「アイスダンス」です。個人よりスケール大きいし、ペアより解釈とか感情表現が深くてストーリー性がより感じられるからです。全てがはまった時の演技、もう見入るというか魅入るというか 氷上の別世界とはよく言ったもんです。




   ◎イラストチェック/須賀邦彦
カラー★★★3.0
以前も書きましたが須賀さんはカラーよりペン画がうつくしい希少な方で、今回もその通りです。
カット★★★☆3.5
須賀さんの繊細なペンタッチと大きな手のひらは私の愛するところですが、スポーツもので来たのは驚き。妖艶なコーチと美少年が創りだす美のフィギュア、だから合ってるとも言えますが、動きを感じる絵が1枚もないのはやっぱりちょっと淋しいかな。男子シングルだからな〜。P131なんて失礼とは思いましたがついアテレコ…「何を言う!」
BLカットは幻想的で満足です♪

◎本編感想
ズバリ。BL版「SWAN」 いや〜ん、セルゲイエフ先生♪♪♪
自ら模範演技をしてみせ、基礎を叩きなおす事で愛弟子の天賦の才能を花開かせる伝説のソリスト…真澄こと優季と上手くいった版、です。

春原いずみさん、定番の「医者もの」(っていう?)の他にも 幅広い専門職のお仕事を書かれる方ですね。(ご本業があるとかどっかに書いてありましたが、やっぱり医療従事されてる方?)
ワーキング好きな私としては嬉しいのですが、作品によって専門職の理解度に激しくムラが出るのがチト難です。
今回どっちに転ぶかちょっとドキドキでしたが、結論から言うと「当たり」です。

現在の男子シングルのフィギュア事情がBLがらみでアタマに入る。素晴らしいテキストです。万人に進められないのが残念(笑)
新採点方式になってからあまり熱心に見なくなっていたので、その辺りの詳しさ大変助かりました。おかげで今年は去年より熱心に語れました(誰に?)

妨害方法とか演技構成とか、総合260点を超える世界新とか ちらほら実際のスケート界を彷彿させる出来事が入ってて、お好きな方には2倍おいしい、某アーモンドチョコのような味わいとなっております。
「キャノンボールスピンが美しいと思えない」 そうなの!私もそう思ってましたコーチ!! あと、ジャンプで終わる優季の奇蹟のフリー構成、過去例の「女子のダブルアクセル」は中野友加里さんのことじゃないかな〜とか、水澄兄弟の「マノン」はトービル&ディーンの「ボレロ」が下敷きだよね〜とか。

肝心のLOVE部分は、水澄コーチのむっつりぶりが大変可愛らしくてストライクでした。「翌朝」鼻歌って…コーチ!!(笑)

面白かったんだけど1つだけ素朴な疑問。
え〜と 受けの皆さんは大抵、翌日歩けないほどヒビイてますよね?飛んだり跳ねたりできるもん?

◎イメージソングは
 「Waltz for Debby 」 土岐麻子 
PVは
http://www.youtube.com/watch?v=CR2Ylmb2giM
ジャズの名曲「Waltz for Debby」 を日本語カヴァー。若いのにやるなあ。
この声と歌い方 聴いた10人中8人が矢野顕子さんを思い浮かべると思います。絶対似てるよね?
だからジャズカバーなんて難しいチャレンジもできるんですね。スゴク合ってます。
CMに使われてたのは知らなかったです。 
優季の次回演技、ジャズもいいと思いません? 

元曲 鳥肌のビルエヴァンズもお楽しみください。 SO COOL!←YOU TUBE風に
よくあったよね こんな映像。すごいぞYOU TUBE!
http://www.youtube.com/watch?v=dH3GSrCmzC8



励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名さ行]春原いずみ | comments(2) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

はじめまして。いつも楽しくレビュー拝見させていただいています。
今回は私も大好きな作品だったので、ついコメ入れさせてもらいました♪

BL版「SWAN」…確かにっw スポ根とも微妙にちがう、あのノリだったのかっ、
と鋭い視線に感心しましたw
あと、素朴な疑問、私もまったく同じコトを思いましたっ!
 …き、きっと体柔らかいから大丈夫なんですよっ!
ほらっ、ビールマンスピンできるくらいだから、開脚角度180度以上あるしっ!

あと、春原さんは、確かレントゲン関係のお仕事についていらっしゃると
ドレかのあとがきで書かれていたような……。

これからも色々な作品のレビュー楽しみにしていますね。
comment by: ひみこ | 2009/03/11 13:25
ひみこさん はじめまして、そしてコメントありがとうございます! 
時間と萌えだけは大量投入(笑)の拙いブログを読んでいただけて嬉しいです♪

>BL版「SWAN」…確かにっw
ですよね〜♪もーコーチとセルゲイ先生がダブっちゃってニヤニヤしっぱなしでした。

>スポ根とも微妙にちがう、あのノリだったのかっ
さすがお目が高い!「SWAN」は乙女のスポ根ですから「汗」より「涙」なんですよね〜

> …き、きっと体柔らかいから大丈夫なんですよっ!ほらっ、ビールマンスピンできるくらいだから、開脚角度180度以上あるしっ!
ああっなるほど!「女子でもめったにお目にかかれない美しい」ビールマンできる人だから、そっちも女子以上って事ですね?(おいおい) 疑問解決♪

>春原さんは、確かレントゲン関係のお仕事についていらっしゃる
だから「医者もの」が多い&真に迫ってるんですね。(「夢の扉」シリーズしか読んだ事ないんですけど)

>これからも色々な作品のレビュー楽しみにしていますね。
ありがとうございます、ガンバリます!!

出身地のコダワリから(少女マンガ)、できるだけ新しい絵師さんが来るようにしていますが(雪舟画聖・奈良画伯・円陣様・実相寺様は別格です)、BL歴が浅いのと持病の「コンプ病」のため 数は読んでても作家延べ数はなかなか増えません。

ひみこさんのブログは(ブログ拝見させていただきました♪妖艶なお部屋でドキドキしました)、色んな作家さんが紹介されていてワクワクです♪♪誰から攻略しようかな? 
こちらこそひみこさんのレビュー楽しみにしています。

戻る
Copyright (C) 2009
comment by: miru-ha | 2009/03/12 10:07

Leave a comment










TrackBack URL

http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/130

TrackBacks

銀盤を駆けぬけて/春原いずみ
銀盤を駆けぬけて (キャラ文庫)(2008/08/27)春原 いずみ商品詳細を見る タイトル ◆銀盤を駆けぬけて 作者   ◆春原いずみ 挿絵   ◆須賀邦彦 ...
trackback by: ひみこのボーイズラブ小説 既読記録 | 2009/07/02 6:49 PM