スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「SASRA」1~4 Unit Vanilla/円陣 闇丸

人気BL作家さん4人が組んだ噂の Unit Vanillaさん。この形態、少女マンガだと往年の作画グループ「銀河を継ぐもの」を思い出します。
新作が現在刊行中のUnit Vanilla、そちらは出揃ってから一気に読みたいので今は我慢。本日はUnit第一作。
なんちゃってあらすじ
鷹の羽音に誘われて、運命の螺旋が交差する。2人の罪はいつ許されるのか?時を超えた大河ロマン 開幕!
 
でも、ごめんなさい
かなり辛口になってしまいました。気にならない方だけ以下へおすすみ下さい。

  

 

まず表紙について語ってしまうパターンが定着しつつあります。
◎イラストチェック
カラー★★★★★!でた!5.0!円陣闇丸
BLを読み始めてよかった!と思える絵師さんを3人上げろと言われたら(誰に?)、間違いなく円陣さんと奈良さんを上げます。(後の1人は今すぐ決められません)
流れるようなペンタッチと確かな画力、品のあるエロさ…。ホント素晴らしいですね。
あまりに好きで思わず円陣さんのコミックスまで買ってしまった…イラスト集としておすすめ(あら?辛口?)
このシリーズは1巻と2巻 3巻と4巻がそれぞれ1枚絵からできていて4冊ありきのデザイン。あまりにステキなので並べちゃう♪(1〜4まで全部並べてみた人きっといるよね?)
口絵は同時収録の別カプ(といっていいのか)ですが、コレがまた美しい。1巻と3巻なんてためいきモノです。このために買っても惜しくない!
円陣さんの歴史コスが見られるならそれだけでこのユニット結成に意義アリ!と宣言いたします。

カット★★★★4.0
どの時代も元は同一人物な訳なのでかけ離れてもダメだし、同じでもダメ。難しかったと思いますがさすが、見事に描き分けていらっしゃいます。ドラマティック大河ロマンなお話とクールで美麗な表情が絶妙のシンクロ。相性バッチリ、円陣さん以外の方なら4巻までそろえなかったと思います。

◎本編感想
果てしない輪廻の中、悲恋を繰り返す2人。出逢って、結ばれて、失って…
で、各時代の恋バナが展開されていくパターン 

SF小説やマンガではありがちな設定ですが、中でも特に思い出すのが里中満智子の名作『海のオーロラ
多分30年くらい前のマンガですが(もうそんな前?コワッ)↑に激しく萌えた身としては正直複雑。せっかく好きな作家さんたちが組んだUnitなのに円陣さんのイラストでなければ申し訳なくも手に取らなかったかも…。
でも食わず嫌いはいけません。マンガと小説、男女と男男の違いもあるし、予想外の展開になっているかも…

読んでみた感想は 「ここまで似てたら訴えられない?」

決定的な違いは
『海の…』⇒結ばれるまで転生を自ら選ぶ
『SASRA』⇒神の怒りによる不可抗力
…ってところでしょうか。どちらがよりつらいかは難しい所ですが、お互いを求める気持ちや悲劇のドラマチック性が残念ながら後者が弱い。
中世編インカ編大正編は 悲恋…ですかね、これ?
「時代が下るに従って神の怒り(または神の力)が薄れ蜜月期間が長くなる」のかとも思ったけど、江戸編できっつい目に合ってるし。印象ちぐはぐで構成が甘いとしか言いようがない。
誰もが「悲恋だ!」と思う悲しさで次回に繰り越していかないと罰どころか神様に目をかけていただいてむしろ僥倖。ティティだけが断トツにかわいそうです。
1番気になるのが古代エジプトの神の力の強さです。各時代や土地を超えて祟ってるでしょ?そこまで力あるならこの程度の事で何千年も祟らんでも。
「神」という他者から加えられた圧力が輪廻の原因なのでこういった矛盾が出てしまいます。
同じエジプトで転生し続けるか、散らばった子孫とかならわかりますが、BLで子孫はありえんし。

BLが少女マンガの後を追いかけるように発展してるのはわかるので、後発で似たようなものが出てくるのは仕方がないですが、BL小説としての要素だけはしっかりキープしてほしいのと、ユニットにしたメリットが一目瞭然!ぐらいのクオリティが欲しいのところです。


BL小説の要素は色々あるとは思いますが今回問題にしているのは、簡単にいえば「言葉で萌えられるか」です。設定がデジャブ状態で萌えに欠けても、恋愛の狂おしさを文字で追っかけて萌えられればいいのです。
この作品が大作なのは分かるんですが、全巻読み終わって記憶に残る「話」がほとんどない、残るのは「時代」だけなんです。統一感に欠けるのと、悲恋を浮き立たせるアマアマ蜜月部分が迫力に欠けるせいかと思います。時代物で短編の弊害ですね。時代背景説明にページを使いますもんね。
先の設定や構成といい、統一感といい、時間をかければ解決する事なので今回は何度も打ち合わせる時間がなくお互いが遠慮したまま最後まで行ってしまったのかな、と余計なお世話な想像をしてしまいました。

>記憶に残る「話」がほとんどない=いくつかはあるって事で、印象に残ったのは中国編と江戸編。
独特の「臭み」があって(あの方が書いたよね?)面白かったです。鉄仮面…おまんら許さんぜよ!
ローマ編は短編ながら時代考証かなり時間かかったんではないでしょうか、全話の中で1番「時代」が生きててしかもBLでした。拍手
キャラ的にはちょいワルで「いい子だから」の剛将に一票。


短編がこれだけあるなら、1本ぐらいは誰が運命の人か分からない(痣があるからムリ?)とか、時代ずれちゃってすれ違い、とか悲恋の方向が違う話があってもよかったかな。Hが成り立たないからだめ?

◎イメージソングは 大河ドラマにふさわしいメジャーヒット曲
 『ブルーバード』(2008-07-09) いきものがかり
歌詞は
http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=66961

コンサートで盛り上がる曲が創りたかった、とご本人が言っていたとおり、いままでになく熱いメロディラインと切ない歌詞が秀逸。某大人気アニメの主題歌だったんだけど、アレよりコレ!でしょう。

追い続けてやっと手にした幸福の鳥です。青くないし猛禽だけど。

【関連記事リンク】

    励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
    [小説・作家名や〜わ]その他 | comments(1) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

     

    励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
    - | - | - |
    <<prev entry | main | next entry>>

    Comments

    ■このページに拍手下さった皆様、本当にありがとうございましたm(*・´ω`・*)m

    なんの気配りもなく天空ビジョンのスパイシー感想書いててすみません。この頃は誰かが読んで下さるって実感なく、ただただ書きたいこと書きまくってたものですから…言い訳ですが

    ユニットは解散となりましたが、記憶に残るご活動でございましたよね。お疲れ様でございました。とっても面白い試みだったと思います。
    こういった活動が今回限りなのはもったいない&今回はすご腕プリマドンナクラスを集め過ぎた感も無きにしも非ずなので、次回は「群舞で映える」ことを中心にユニット考えてみたら面白いんではないかと思うのですよね〜。

    この作品の円陣様イラスト、特にカラーは最高傑作ではないかと思います。どの巻もハイクオリティ、中でも1巻口絵は一生忘れない…(≧▽≦)

    comment by: miru-ha | 2011/06/30 22:47

    Leave a comment










    TrackBack URL

    http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/13

    TrackBacks