スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

1週間で総復習!「FLESH&BLOOD」松岡なつき 第2夜

1週間で総復習!「FLESH&BLOOD」松岡なつき 第2夜です。

明日(25日)がいよいよ12巻発売です。わくわくですね♪

まさか12巻で終わりって事はないと思いますが、万一があるので新刊読む前に書いときます。
このお話はカイトとジェフリーだけが現代に帰ってくるんです、きっと。
それを確かめるために読み続けているんです。(加えて、ごひいきさんのおっかけ)
今の展開で光ある終わりを迎えるにはそれしかないと思いませんか?11巻のラストでワタクシは確信を新たにいたしました、が果たしてどうでしょうね?

本日、第2夜は4〜7巻までいっちゃいます。



〔絵師:彩〕
〔フレブラ4巻〕
〔フレブラ5巻〕  
〔フレブラ6巻〕 
〔フレブラ7巻〕





 
第4巻
◎イラストチェック
カラー★★★★☆4.5
ひざまずくジェフリー。今までと違いひざまずかなければいけない理由があります。ジェフリーだけのUPとはやるなあ。
口絵は黒髪コンビ。夢のツーショットで大満足!です。
カット★★★★4.0 (4枚)
とうとう4枚になってしまいました。
そのうち1枚は今作初の女性キャラです。
せっかくだから、「あっち」の女王も見たかったですよね?

◎本編感想
ロンドン宮廷編 別名「ナイジェル、更に味付け」
ロンドンはもちろん、同時進行スペインでも歴史上のビッグネーム目白押し!の巻です。
歴ジョ(なのか、私?)たまんないっす。
前巻でぶん取ったお宝満載で帰国するジェフリー。この辺はドレイクがやった事そのまんまです。ドレイクもお宝を献上してサーになって、最終的に英軍総督になったんですもんね。
でもそう簡単に話は転ばず、スパイを疑われたカイトはジェフリーやナイジェルと離れる事に。この時代疑われたら即投獄、異国人なら即処刑です。
ここからはギリギリの綱渡りの連続で読むのに体力がいります。いざという時のために「詩」まで抑えておかなければならないと痛感する(笑)
乾パンや3日分の水だけでは助からないんです。さあ皆様、今から覚えましょう!


第5巻
◎イラストチェック
カラー★★★★☆4.5 全巻中NO.3
深紅の焔を纏って捕われの姫を救うナイトですね。抑えた赤が美しい。全巻中1番好みの衣装です。姫の捕われ方が尋常じゃないのは処刑囚だから。早く助けないとヤバイんです。口絵…この頃が懐かしい、はやくこの時に戻らせてあげたいです。
カット★★★★ 4.0 (5枚)
底冷えする展開のため、カットも苦しい場面ばかり。
ジェフリーは苦痛に歪んだ顔の方がいいと気づきました。

◎本編感想
宗教裁判・英国編 別名「ナイジェル無理矢理」
かの有名な「ロンドン塔」で拷問され、ついに宗教裁判にかけられる事になるカイト。最初のウソはここまで尾をひくのです。でも他に方法なかったもんね、かわいそうな子(亜弓さん風に)
松岡さん、この時代しか出来ない経験を全部カイトにさせてくれるつもりなんですね。いい迷惑(笑)

ラスト、カイトだけにはさせられない、とある行為を進んで受けるジェフリーとナイジェル。もうナイジェルのムリムリくっつき度MAXで、悲壮な場面なのに笑ってしま…、いやいや愛してるよナイジェル。


第6巻
◎イラストチェック
カラー★★★★☆4.5 全巻中NO.2
表紙も口絵もすばらしい!このマントすごいなあ…。
ひさびさ笑ったカイトです。口絵2枚とあわせて見事に2人だけの世界。
やっとBLらしさが…?
カット★★★★ 4.0 (4枚)
P135は本編中NO1カットですね。
あんだけ可愛けりゃ私でもほっぺにちゅうしたくなります。
このォ、おばちゃん殺し♪

◎本編感想
懐かしの我が家編 別名「忘れてないよ、ビセンテ」
やっと戻ってきた日常生活(半年だけど)を満喫してます。命の危険がとりあえず去れば、次はやはり恋愛問題。
カイト救出に一致団結できても、この件に関してはムリですねやっぱり。ここは現代BLを見習って3やら4やらの解決法もあると言ってあげたいです。
女王陛下の孤独と優しさにほろりと来ます。カイトに聞きたいのがアレかあ、リアルすぎて唸る。松岡さんシャーマン?(日本人ならイタコか)


第7巻
◎イラストチェック
カラー★★★★★5.0 全巻中NO.1
いつもながらマントの意匠からシャツのステッチまで技が細かい!
6巻と迷いましたが、ジェフリーの顔がこっちの方がいいんでこの巻が表紙NO.1で。私は背景まで描き込まれている絵が好きなのです。
口絵はあの人のピンです♪
カット★★★★☆ 4.5 (4枚)
やっとやっとのBLカット集!でも4枚なの。あと1枚でもあれば★5つけたのに。この後の展開考えるとどれも切なくて素直に見られません。

◎本編感想
さよなら、イギリス編 別名「黒髪・夢の対決」
久々に登場の和哉はすっかりやさぐれてました。
キャラ萌えじゃなく、ストーリー上で私が1番気にかけてるのは和哉です。友情も家庭も信用もなくして一人現代で事件を反芻し自分を責め続ける。キツイ。カイトが現代に戻らないと彼の苦しみは終わらないんですからどうしようもないです。せめて理解者が1人でもいてくれればいいんだけど…それがちょい悪オヤヂ風のあの人かな?「F&B」はこの分野(オヤヂ)弱いんで今後の活躍に期待です。歴史的オヤヂには不思議と萌えん…。

7巻ではカイトに何より(ある意味ジェフリーより)うれしい理解者が現れます。今までがどえらい大変だったのでご褒美?
ジェフリーとの愛情も微妙に確認しカイトも読者も28cmほど舞い上がらせておいて急降下(でも28cmだからイタくない)
いずれ来るとは思っていましたがあんな別れ方したらかわいそうですよ!ナイジェルが。あと10分あったらカイトはどうしてたんでしょう。う〜んどうしてほしかったんだろう?ナイジェルには幸せになってほしいが複雑です…。

明日からは曇天スペイン編です。

◎イメージソング
  「花帰葬」 志方あき子
PVは
http://www.youtube.com/watch?v=KsUu_kUqCg0
本日も志方さんで。つかこのシリーズは全部志方さんで。
この曲はちゃんと歌詞が日本語(?)のわかりやすい曲です。
苦しい展開の今日の4巻には よろしいんじゃないでしょうか







【ブログ内関連記事はこちら】
1週間で総復習!「FLESH&BLOOD」松岡なつき 第1夜  
1週間で総復習!「FLESH&BLOOD」松岡なつき 第2夜
1週間で総復習!「FLESH&BLOOD」松岡なつき 第3夜
1週間で総復習!「FLESH&BLOOD」松岡なつき 第4夜
「FLESH&BLOOD」12巻感想・リアルタイム報告!と限定小冊子
松岡なつき「FLESH&BLOOD」に愛をこめて   
「FLESH&BLOOD」13巻 松岡なつき/彩  
表紙ギャラリー〜雪舟薫 「FLESH&BLOOD」編
表紙ギャラリー〜彩




励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[特設☆FLESH&BLOOD]本編感想 | comments(2) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

海斗に洗脳されてしまったのか、最近和哉が気になって気になって仕方が無い私です。
やっぱり彼には、ダークサイドに堕ちてもらうしか…(シツコイ)

5巻の表紙絵って、複製原画の販売があったんですよね。
その頃にファンだったら、絶対に買ってたのに〜〜悔しいっ!
comment by: わにこ | 2009/08/25 05:31
私の中ではいつでもやさぐれ黒和哉、もちろんイメソンもまっ黒なの選んでおきました(私もシツコイ)

1巻口絵も複製原画も売ってましたよ?その頃からファンでしたけどチト手が届かず。
だってシリアルNo.入りとはいえ確か「19800円」、絵1枚にはちょっと出せない…。

その後雪舟画聖が休筆されるとは思わなかったから、今なら安い!と思いますけどね(笑)

comment by: miru-ha | 2009/08/26 07:41

Leave a comment










TrackBack URL

http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/103

TrackBacks

FLESH & BLOOD 7/松岡なつき ill.雪舟薫
FLESH&BLOOD(7) (キャラ文庫)著者:松岡 なつき販売元:徳間書店発売日:2004-11-27プリマスに帰ったら、初めての一夜を共にする―。ジェフリーとの暗黙の約束を胸に秘め、やっと母港に帰還した海斗達。いよいよ近づく時に緊張する海斗に、ジェフリーはある物を手渡
trackback by: 北の主腐から | 2009/08/25 5:19 AM