スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

今月の作家・砂原糖子

1ヶ月空きましたが自分のためだけの月一回の脳内整理企画・「今月の作家」のお時間です。
4月は砂原糖子さんです。

名作「夜明けには好きといって」で熱病にかかりましたが、比較的早く自然治癒した作家さんです。こうやって眺めてみると、いつごろ病に冒されていたのか良くわかるコッパズかしい遍歴暴露ですね。備忘録のつもりだったのに、いつのまにか罰ゲーム?そして、カテゴリーにお名前挙げるほど読んでない事に気づきました。
こういった事に気づくため特集してるんですね、きっと。
                                 
今まで読んだ中から砂原さん作品の印象をまとめると、
「真綿でそっと首を絞めて、その後ハグ」
かな?
柔らかな手触りでふんわり包んでくれるけど、ソコは確実に急所です!みたいな。

恋愛メインですが精神(人格?)形成にも比重をおく視点で、決して「恋愛至上」にはしない。種々なコンプレックス(と克服)をあくまでもやわらか〜く入れてくる事で、「身に覚え」⇒「激しい共感」により読者を信者化してしまうという、結構恐い底力をお持ちの作家さんとお見受けします。
どなたも1作はトリコ作品があるのではないでしょうか。

精神疾患とはいかないまでも臨床心理の派生事例とかをかなり読みこんでらっしゃる気がするんですけど(タイトルも匂わせるもの多いですよね)。そのあたりを作品へ反映させるのがバツグンに上手い。
最終的にはハグしてくれるので、急所を預けている間も緊張する事なく身を委ねられますし、この安心感も魅力です。

ただこの繰り返しに慣れてしまうと少々物足りなさも。
かといってこの方の暴力的な描写も望んでいないので、やっぱりこのままでいいのかな。


次ページから、本編「特集」です。相変わらず前置きが長い。
 


◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名さ行]砂原糖子 | comments(0) | trackbacks(0) |

「夜明けには好きと言って」 砂原糖子/金ひかる

苦しいです。
「勝手にBLグラミー2008」でやたらとノミネート作をあげつらい、わざわざ「1月感想UP予定」宣言までしてしまったのにほとんど消化できてません。このままだと、月末には海の藻屑。助けて、オビワン・ケノービー…! ……フォースじゃ。フォースを感じるのじゃ……だめです、マスター!感じるのは腐ォースだけです!

自分でも収集つかない とっちらかし方ですみません。

思えばこちら、私にとって腐ォースを強く自覚した最初の作品かもしれません。それまでは読んで楽しくても、ロックオン!状態にはならなかったもんなあ…
何が私のハートをロックオン!したのか興味がある奇特な方は、長文覚悟で次ページへどうぞ。
興味ない方もイメージソングはいい曲なので(人のふんどしで恐縮です)どうぞお越し下さい。


◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名さ行]砂原糖子 | comments(0) | trackbacks(0) |