スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「桜の下の欲情」 秀香穂里/汞りょう

私にBLの面白さを教えてくれた秀香穂里さん。
コンプしたがるクセに途中でクールダウンしてしまう、めんどくさい性格の私がこの人の作品だけは全部追いかけている。
冒険心あふれるエロものも、お得意のクリエィティブ系ワーキングBLもどちらも好きだ。

でも近作「聖域の限界」を読んだ時、考えこんでしまった。
初めて秀さんに惰性を感じたからだ。

作品の質の当たり外れは今までもあるけれど、そこは理解できる。
でも「聖域の…」で感じたのはそういうレベルの話ではない。
こんな感じだと受けるかな?とササッとまとめて、するっと書いたかのような?
まるで優勝決定で情熱を燃やしきった後の消化試合のような、あまりに実のない内容に心が冷えた。
行間、というより言葉そのものを読ませて魅せる愛の言霊師・秀さん作とはとても思えない、哀しいただの文字の羅列。
3部作書いたり、ジャンルや表現の冒険もしつくして情熱が萎えてしまったのか。
それでも舞い込むお仕事に、こんな適当な折り合いをつける事を覚えてしまったのか。
「聖域の限界」とは作者自身のことなのかと。


その後「真夏の夜の御伽噺」を読まなかったのは、この作品が書き下ろしではない=「聖域の〜」より前の作品だと知っていたからだ。
全くの書き下ろし作品で今の秀さんを感じたかった。
だから今回の「桜の下の欲情」は私にとっては大きな意味を持つ作品だったわけだ。
(BLごときで何もそこまで…、とは、このブログに遊びに来て下さる方はよもやおっしゃるまいと確信している。)

私がこの作品をどのように受け取ったか、前置きもなしにいきなりマジガチモードで書きすすめていることからもお察しいただけるだろう。
まずはあらすじを記しておく。  
豪胆かつ繊細な筆致で、百年に一人の天才日本画家―。
美術は専門外なのに画壇の寵児・九重鎮之のイラスト連載を担当することになった編集者の本郷。けれど九重は、初対面から傲岸不遜で威圧的。
知識不足を糾弾するように「おまえの取り得は身体ぐらいだ」と迫ってきた!!原稿のためにはこの屈辱に耐えなければならない―。以来、自宅に通っては執筆の合間に抱かれる日々が始まって―。    
仕事と引き換えに脅されて、やられちゃって、でも結局は愛し合って大団円♪というBL界テンプレ設定。あらすじだけ見たら、おいおいまたか、と誰でも思う。
でもこの作品はベタでなければならない。だって、作者様はあえてベタを選んだのだもの。
目新しさも何もない使い古された設定で、それでも文章で魅せて読ませてやる、という、言葉を紡ぐプロとしての挑戦と誇りをこの作品に賭けたから。


百字きっちりでコメントをつける。
この単純ながら技ありの文章課題を実践してみせる事がどれだけ大変か。

対象物である「花」への想いはもちろん、「回を追うごとに雰囲気が出てるコメントになってるよ。」との上司の評価を読者に納得させる、テキスト力の向上まで表現しなければならないのだから問われる力量は半端ない。
実際、先の上司の言葉だけで逃げる事も出来た。でも秀さんはそうはせず5本全部書き上げたのである。
これが昔取った何とやらだけで出来る類の挑戦ではない事は、あまたの編集だの小説家だのが出てくる作品に作中作がほとんど出てこない事からもおわかりと思う。(もっともこれはBLに限った事ではない。作中の二次創作にこだわるぐらいならもう一本新作を書く安全志向の作家の方が多いというだけのことだ)
本筋に間接的な係わりしかない「コメント」でさえここまで魅せるのだから、メインストーリーはまさに言霊。想いのたけが言葉に乗って波と押し寄せる。
マジガチでなければこの本の感想は書き得ない、と己の居住まいを正さねばならぬほどに。

想いをこめすぎて外してしまった表現もないではない。
1例:「愚かな者にこそ、花は美しく映えるのだ」
人は花を愛でる心を持った事で「獣」から「人」になったとも言える。死者に花を手向けるのは愚かだからではないはず。重要アイテム「花」へ寄せた想いがこの一文でひっくり返る危うい表現


が、それすらも創作への真摯な挑戦が引き起こした若干の勇み足。
ご本人の今後の肥やしともなる、目に苦い良薬だろう。
(もっと抒情的なタイトルだったなら、とそこは本気で口惜しいのだが、これもあえてのベタの範疇とムリヤリ自分を納得させておく。)


挑戦と同時にこの作品には作者様の自叙的性格もある。ここに登場する主役2人は今の秀さんそのものだ。
画家の九重に作家としてのご自分を、編集者の本郷にライターだったご自分を多分に投影させ、創ることの苦悩と至福、書くことを仕事に選んだものの覚悟を彼らを通して語らせている。

九重が「桜」を描けなくなったこと、世間の批評、それでも描き続ける「花」。
これはそのまま作者の軌跡だ。

消費される言葉、枷ある表現、仕事で「書く」こと。
本郷の戸惑いはやはり作者の胸の内だろう。


もちろんこれはBLなので、男2人が支え合い救いあって愛と希望のハッピーエンド♪なのだが、2人の迎えるお約束の結末がそれだけの意味ではないのは、これ以上言葉を重ねずとも共感いただけるだろう。
よくここまでご自分を晒したものだ。創作にご自分の血肉を分ける「作家」の業と覚悟を見た。

もう大丈夫と思う。
きっと、これまで以上に邁進されるだろう。
こんな電脳最末端で、ご本人に1読者の言葉など届くはずもないがそれでも記しておく。




先生、お疲れさまでした。面白かったです。
次作も楽しみにしております。










※イラストチェックとイメージソングは次ページで。


◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名さ行]秀 香穂里 | comments(1) | trackbacks(0) |

「今週のTOP1でBLイメソン」〜「今宵、眼鏡クラブへ。」秀 香穂里

「今週のTOP1でBLイメソン」は、久々の秀香穂里さんでいってみましょう。

w−indsお得意のPOPなダンスナンバーが今週の1位。
デンジャラスでクールな恋に溺れてる、とお洒落に歌いあげちゃうスタイリッシュな都会の恋愛、六本木の妖しいクラブでの夢の一夜とピッタリです。

2009・5・31付 TOP1は
  「Rain Is Fallin’」 w−inds.,shungo.,Koma2 Kaz,BACHLOGIC
PVは
http://www.youtube.com/watch?v=BfYsHFuAtNo


前回アツく秀香穂里論をぶちまけて以来(詳しくはこちら)のご無沙汰です。

95%コンプしている大好きな作家さんですが、こちらを覗いて下さる皆様も日々ご実感されているかと思いますが、好きだからといってすべてが受け入れられるわけではないんですよね。中には「…うへ、定価で買っちゃったよ…」な本もあるわけです。もちろん好きだから許せるんですが。

そういう意味では最新刊の秀さんはいくらキャラから出ていても、中古でいいです。(おい!)
だって…秀さんまでこっち来なくても。(雑誌で読みました)
さすがBL3大テーマパーク(詳しくはこちら)、 沙野さんのアラブといい、作家なら一度は挑戦してみたい分野なのかな。


本日は秀さん作品中、実はMY BEST5に入る、地味ながら傑作のご紹介です(これをお好きだという方をあまりお見かけしません…。面白いのに)
超イケメンメガネが揃う六本木のとあるクラブで夜毎開かれるのは、きりりと冷やしたシャンパンと、そして…?




◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名さ行]秀 香穂里 | comments(0) | trackbacks(0) |

「堕ちゆく者の記録」 秀香穂里/高階佑

JUGEMテーマ:BL小説
臨時便に上げた自業自得の凹みを少しでもたたき出そうと、ごひいき本屋に行ってまいりました。いつものように「新刊案内」をGETし、ついでに月末発行の新刊物色。ただ今精神状態がやさぐれてますので、レジでの腐み絵など何ぼのもんじゃい!です。このイキオイを大切に、普段なら(ネットにしとこ…)と思うものも買っちゃいました。でも口絵ショックを怖れてカバーを断るあたりにまだ保身の影が見られます。

明らかな衝動買いは次の2点。
・「箱庭」ゆりの菜櫻…表紙!表紙が、素晴らしい!もえぎ文庫でも怯みません!
・「半化粧の恋」…急がなくてもいいかなと思っていた鳩村さん新作。帯コピー「貴方にだけは、抱かれない。」にまんまと。ホントに?この表紙で?だとしたら画期的。
ここにイキオイ後押しで、
・「凍る月〜灰色の衝動」夜光花
新刊買うかどうか迷ってた
・「堕ちゆく者の記録」秀香穂里
とりあえず新刊はこの4冊。

で、秀さんを早速読破。新作で久々揺さぶられました。
諸手をあげて大絶賛ではないですが、思うところが泉の様に湧き出てくるという分析好きの血が騒ぐ作品だったからです。
イメージソングは後付けで、一気に感想あげときます。
(1/30付イメージソング追記しました。)

◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名さ行]秀 香穂里 | comments(0) | trackbacks(1) |

『 くちびるに銀の弾丸』『くるぶしに秘密の鎖 』 秀香穂里/祭河ななを

なんちゃってあらすじ
アンタ、責任取ってもらおうか?

最近ちょっとお疲れ様?の秀さん。大好きで完全コンプ目指してますがそれでも躊躇する新作がここのところ…。「他人同士」3巻連続刊行も、新刊いっとくか正直迷ってました。
が 「くちびるに銀の弾丸」の澤村が出てくると聞いてしまったら! 何故それを早く言ってくれないの!!  
迷いはブッチ切れました。速攻GET。こちらは年明けゆっくりUPさせていただきます。

2008年最後の感想記事ですので、大好きな王子・澤村のご活躍改めて堪能させて頂きます
ちなみに明日は「BLグラミー・イラスト部門」をお送りする予定です。

ネタバレ激萌え感想とイメージソングは↓↓ イラストチェックも激バレなんで↓↓


◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名さ行]秀 香穂里 | comments(0) | trackbacks(0) |