スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「is in you」 一穂ミチ/青石ももこ

香港からの転校生・一束は、日本にも教室にもなじめずに立入禁止の旧校舎でまどろんでばかりいる。そんな一束だけの世界を破ったのが、二つ先輩の圭輔だった。まっすぐな圭輔にやがて心を許し、どうしようもなく惹かれていったのに、向けられる想いを拒んでしまった一束―十三年後、新聞社香港支局長になった圭輔と仕事相手として再会し…


やっと会えた。

デビュー作「雪よ林檎の香のごとく」に負けない作品に、もう一度会いたくて、会えると信じて、追いかけ続けた作家様。
ようやく会えたと、声高らかに宣言できる。

これだけ読んでも素晴らしい、でも、追いかけ続けていた読者にはもっと素晴らしい、作者様からの贈り物。心していただく。(ってことで、本年度初マジガチです)
  
                        
◎イメージソング                                                
池田綾子「道行く空」
          

道。未知。満ち。ミチ(笑)。

僕の前に道はない。僕の後ろに道は出来る。高く青い、この空の下。

             
                            

ネタバレマジガチ感想は、次ページで。


◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名あ行]一穂ミチ | comments(5) | - |

「Don’t touch me 」 一穂ミチ/高久尚子

◆「Don't touch me」 一穂ミチ/高久尚子                                                                
 ■計画達成度 ★★★★★      
 ■読み応え度 ★★★★
 ■お好み度   ★★★★  

■計画達成度…ラジオ体操のハンコ状態。星が増えれば嬉しい、わたくしのお楽しみ
■読み応え度…精一杯客観的・総合的に判断した、内容充実度
■お好み度…お気に入り指数。個人的好みなので、世間評価とかなりズレることも 
 「お好み度」の★数が少ない感想は、辛めになっております。
 次ページへ進む際の目安として、ご利用くださいませ。
お詫び:上半期ランキング・コミック編と名作感想がなかなか完成しないので、UPを迷っていたこちらの感想を。
これを書きあげたのは1ヶ月前ですので、「一穂さんの最新刊」になっていたり、「交渉人が発売前」など、時事がおかしな記載がちらほらありますが、書きなおす時間が惜しいのでこのままいっちゃいます。どうぞお許しくださいませ

           *           *           *

「雪よ林檎の香のごとく」以来、(私にとっては)なかなかアタリが来なかった一穂さんの新刊です。
もったいないな〜と思うところもありましたが、お話はとても面白うございました♪

ただ、誠に残念ながら私が個人的に最も嫌う、作家様が悪いわけでも絵師様が悪いわけでもないのに、室伏投げまでしたくなるホントにホントにホンットーに腹立たしい1点が、この本にはございましたの…。
これまで何度も煮え湯を飲まされ、その都度自己処理してきましたが、今回は我慢ならん。
一回言わなきゃ分かんないと思うのよね…←言っても届かないとわかってますけども


作品が良かっただけに残念すぎて、今だにこの本見ると心中穏やかではないという、大層大人げない個人的怒り、イラストチェックでかなり下品に吼えてます。
本日は、本編感想→イメソン→イラストチェックの順に置いておきますので、意味の分からん負のオーラを浴びるのはちょっと…というお客様、どうかイメソンまでにしておいてくださいませね。







◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名あ行]一穂ミチ | comments(3) | - |

「オールトの雲」 一穂ミチ/木下けい子

1作目「雪よ林檎の香のごとく」が絶賛された一穂ミチさんの注目の2作目です。
一穂さんに限らず、1作目でしっかり世界観をアピールした作家さんの2作目は読者の期待も注目度も一層高く、作者さんのプレッシャーもひとしお、と存じます。


これ一本に10日以上かかってます。いつも以上にまとまらない…。もっと端的に書きたいのになんでこんなになっちゃうんだか。
もうUPは止めようかと思いましたが、次回も期待しています、の意味を込めて頑張りました。
まだ言葉が足りないところがいっぱいあるなあ…。今後もちょこちょこ手を入れて行きます。


以下ネタバレ、「激長・部分的にスパイシー」感想とイメージソングです。



◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名あ行]一穂ミチ | comments(0) | trackbacks(0) |

『雪よ林檎の香のごとく』 一穂ミチ /竹美家らら

なんちゃってあらすじ
あの朝、図書室で。
彼の涙を見てしまってから、志緒は心のさざ波を止められない。
どうして?どうしたら?どうしたい?
      

…         …         … 


11月6日付の記事があまりに雑な書き方でいたたまれず、修正・加筆いたしました。
本日再UPいたします。


以下ネタバレ感想とイメージソングです


◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名あ行]一穂ミチ | comments(3) | trackbacks(0) |