スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「モノクローム・キス」 安曇 ひかる/水貴はすの

こちらに何回か遊びに来て下さるお客様(いつもありがとうございます♪)は、既にお分かりかと思いますが、miru-haはうんちく好き・分析好きです。

先日いただいた秋林様のコメントへのお返事でも書かせていただいたのですが、こういうタイプ(私の事)が言う「面白い」とは、辞書の釈義の“
「このマンガちょーおもしろーい♪」
のように語尾に「♪」のつくような、「愉快だ、楽しい」という意味よりも、番の
「う〜む、なかなか面白い表現だ」
のような、思わずないアゴ鬚をなでたくなる「興味深い」という意味で使う事が多いです。

先日購入した新刊が「それぞれに面白い!」といったのもまさにこれ。
興味をひかれる=書きたくなる要素が多分にある、って事ですが、それが自分にとって好きか嫌いかは、別問題なのです。
ダリやピカソの良さは十分認める、熱く語りたい!けど好きなのは、奈良さん♪みたいな。(ん?極端すぎ?じゃ、セザンヌ)
ですので、今回は感想と言うより珍しく書評に近い内容になるかもしれません。


今回は短時間でまとめて本数を稼ぎたいので、卑怯ながら箇条書きをお許し下さい。いつもは起承転結と視覚効果を考えて推敲してるんです、あれでも。
箇条書き・なんちゃって書評なんで激ネタバレです。
折りますが、未読の方はご注意くださいまし。





◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名あ行]安曇ひかる | comments(1) | trackbacks(0) |