スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

表紙ギャラリー〜高階佑

高階佑さんの表紙ギャラリーです。
基本、既読本のみです。随時追加。←オススメあったら教えて下さいませ♪
記事未UP作品は簡単にコメントをつけてあります。
追加作品にはマークが頭についてます。(最新更新2010・12月)



 

◆絵師様カンタン考察
アート派→挿絵マスター。
「イラスト考察・コミック派とアート派」「余談:絵師の趣味(少数派)」に該当する絵師様。
絵描き魂(萌え)がやおい画=男同士のくんずほぐれつにない、BL界では超珍しいイノセント絵師様ともいえる。
人物、大道具、小道具、すべてに画力が高い。カラー絵が本当に美麗(アート派だから)
いわゆる「狂いのある絵」が1枚もない方です。デッサンも下書きも相当こなす方と思われます。男女の描き分けもきちんとできる画力、貴重です。でも「生物」(動物や植物)はあまりお得意ではないかも。
今後ご多忙が予想されるが、描き込みが減ってしまわないかと心配。

 
 

◆イラストチェック済作品
※画像下タイトルをポチすると各記事に飛びます。

『DEADLOCK』 『 DEADHEAT』 英田サキ/高階佑 (2006・2007)
『DEADSHOT』 英田サキ/高階佑 (2007)
「SIMPLEX DEADLOCK外伝」 英田サキ/高階佑(2008)

代表作。アングロサクソンの魅力ここに極まれり。絶対ミリタリー好き。

堕ちゆく者の記録 (キャラ文庫) ワケアリ (二見シャレード文庫 な 2-10) うたかたの愛は、海の彼方へ (ガッシュ文庫)
■左・ 「堕ちゆく者の記録」  (2009) 
コミック系の構図(顔またはバストUPと全身像の組み合わせ)初挑戦と思います。
デッサン力のある方なので決め顔のUPは迫力の美。
■中・「ワケアリ」 (2009)
イラストチェックでもんのすごく熱く語っております。よかったらどうぞ♪
■右・「うたかたの愛は、海の彼方へ」(2010) 
本編感想、イラストチェックともに熱いです。異常に長いです。


  
「タナトスの双子 1912・1917」 (2010)
イラストチェックは熱く絶賛しておりますが、本編感想は拙宅全記事中TOP1(?)の大まじめな酷評です。
イラストチェックが真っ黒記事の最後に来ておりますので、もし読んでいただけるなら感想次ページの最後ちかくまで飛ばしてくださいませね。お手数かけます…

  
■左・「 眠る劣情」 (2009)   
8/4記事で暑苦しく語っています。  
■右・ 「熱砂の王と冷たい月」 (2007)
貴重なアラブ。BL絵師なら一度は受けるアラブの洗礼。作家もですが(笑)
パープルに倒した淡い色使いとアラビアンナイト(月だから)を意識したディテールがステキ。
カット…多分高階さんのミリタリー画力を期待しての指名と思うが、お話があまりにあまりで画力関係なく(苦笑)せっかくの実力が活かしきれなかったのが残念。
   



◆感想未UP作品 
※ギャラリーなのでコメントは控え目です
深紅の背徳 (ラヴァーズ文庫 57) 金色の龍を抱け (キャラ文庫)
■左・「深紅の背徳」(2008) 
珍しい「生物」カットがある作品。ちょっとぎこちないが高階さんならすぐ上達されますね。←いったいナニサマ…

■右・「金色の龍を抱け」(2009)
カラーはどれも極上でございます!このために買いました(笑)
ただ表紙で若干デッサンの狂いが…。二人の人体比が少々おかしい。気にならない程度なので全く問題ないですが、この方に限っては超お珍しい現象で貴重と言えば貴重。
カットはこちらも高階さんには珍しくキレがあまり良くないです。いや、キレはあるけどキレしかないのか。動線を意識しすぎて全身カットばかりになってしまい、やや単調かな。
普段のレベルがお高いのでこちらの要求度もついつい高くなってしまいますね、すみません…。
典型的なアート派の絵師様ですので、アクション不可欠の拳法BL(?)はなかなか難作だったのかもしれません。


法医学者と刑事の相性 (キャラ文庫 し 3-18) 義を継ぐ者 (キャラ文庫)
■左「法医学者と刑事の相性」(2010)
何と美麗な…!この表紙だけで本編読みたくなりますよね♪
残念ながら作品内容はわたくし的にはヒットしませんでしたが、ここまでしっかり背景いれたイラストがシリーズで見られるのなら続編もゼヒ手に取ってみたい…

■「義を継ぐ者」(2010)
スーツ、うま!
イケてる大人には欠かせないスーツ姿ですが、描くのはとても難しいです。着物程ではありませんが硬質の生地で肉体という丸い立体を覆うので、直線的な曲線の描写が多用されるので線の重みがケタ違いなのですよね。マントやドレスなどのファンタジー衣装や、カジュアルな洋装の方がずっと描きやすいです。よってスーツの御上手な方は「線」に自信と拘りのある方、麻々原絵里依さんとか須賀邦彦さん、実相寺様などが該当するのでは〜と思いますです。

水底の月 (SHY NOVELS193) 青鯉 (SHYノベルズ) 
■左「水底の月」(2007)
お魚になったわ・た・し☆シリーズその1←?
受け(ヒロイン)が攻めの後ろ手にすっかり隠れちゃった=メインではない画期的作品。
BL界での「抱きしめイラスト」はヒロインこそメイン=女性力高アピールが大鉄則です。(BLは女性向け作品だから) しかもこの作品はよるべない身の上の健気遊女受け、半裸で抱きしめられてもおかしくないお話なのです。なのにこう来る絵師様のピュアさが堪らなく好きです。

カプ2人だけのイラストで攻めがメインをはる表紙、本当にレアです。書店へお出かけの際は新刊平台前でちょっとお気にかけてみて下さいませ。なかなか面白いですよん♪
※ちなみに2010年は1冊しか見つかりませんでしたが、高階さん以外の絵師様だったので、ビックリ。

■右「青鯉」(2007)
お魚になったわ・た・し☆シリーズその2←?
この作品も絵師様にとっては画期的、というか貴重な一枚。
花です、花!亜樹良さんじゃないのよ、高階さんの花!!

 御曹司の口説き方 (ビーボーイノベルズ)  
■左・「御曹司の口説き方」(2010)
こんなにも扇情的なはだけ方なのに、チOビ死守(笑)
さすが業界随一のイノセント絵師様。

■右・同人誌「Te Quiero Mucho」
同人誌に高階さんとはなんと贅沢な!英田先生ならではのご快挙でございますね♪
ネト×ロブではなくて、ネト&ロブなのがこの2人の関係なのでこのような構図となります。
そこはいい、それはいいんだが…。
読んで\( ̄▽ ̄;) / どっひゃ〜! ロブってバリタチじゃないんだ…!!
ゲイの世界の「&」の関係、おっとなすぎて、みるは、わかんな〜い

      

※ここからは「和紗」名での作品
  
↑多分高階さんの初ファンタジー(違うかな)
翻訳ファンタジーを読み慣れていないと結構しんどい作品と思います。
絵師様が作品のグレードをかなり上げている(笑)

最右「月影の罠」〜Night Life・最新刊
このシリーズもう買わないと思うので(笑)、表紙だけでも堪能させていただきます。
銃・服のファスナー=小道具(無機物)の写実が半端ない。さすが、例外発展絵師様♪
正直申しますと絵が極上すぎて、作品のキャライメージとイマイチあってないのですね。特に兄(笑)
むろん、高階さんの描かれる方が数段素晴らしいです(ひどいな、おい)
 
←雪舟画聖から引き継いだ作品。
変更が仕方ないことなら、良い判断と思います。絵師様のドレスカット、稀少(現段階では)


 
    


【ブログ内関連記事はこちら】
「ワケアリ」 中原一也/高橋佑
眠る劣情 夜行花/高橋佑
『DEADLOCK』 『 DEADHEAT』 英田サキ/高階佑
『DEADSHOT』 英田サキ/高階佑
「堕ちゆく者の記録」 秀香穂里/高階佑
「熱砂の王と冷たい月」愁堂れな/高階佑
イラスト考察「コミック派」と「アート派」
当ブログ用語辞典

【ブログ内関連記事・新春特別企画】
新春特別企画・「無人島ギャラリー・生きる情熱編」〜お気に入り表紙イラスト投票・結果発表
新春特別企画・「無人島ギャラリー・沁みる抒情編」〜お気に入り表紙イラスト投票・結果発表 





                               
「ディック!今お腹の子が動いたよ
  「ユウト、丈夫な子供を産んでくれよ、さあ一緒に練習しよう。はい、ひっひっふー☆」
   ※K様ごめ〜ん、ココで使っちゃった(笑)




◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[【特別企画・イラスト編]絵師特別〜高階佑 | comments(11) | trackbacks(0) |