スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「恋愛革命」 海賀卓子/葛西リカコ

◆あらすじ
池畑虎之介は顔を出そうと駆けつけた飲み会で意外な人物に会う。昼間バイト先で彼女と別れ話をしていた男だった。彼、坂口瑞希は幹事である結の兄で虎之介を待つ間に呼ばれたらしい。完全に酔い潰れた瑞希に散々な目に遭わされた虎之介は、二度と会うことはないと思っていた。だが数日後、彼は姿を現しバイトを持ちかけてきた。携帯を預かるだけで一日二千円。苦学生の虎之介は断り切れず引き受けるが…。

◆帯コピー:
 プライドが高くて臆病
 さびしがりのくせに、人見知り
 そんなのことが、なんだか気になる―。

※新刊はできるだけ帯コピーも注目していくことにしました。各社で個性があるので面白いのです。
 今回は、色・フォントの大小・改行・すべてオリジナルどおりです。

わたくしがこっそり(バレバレだっつの)ストーキングしている、腐界の御賢姉様の某所でのコメントがあまりにステキだったので、速効お買い上げして読みましたところ。
今年度4作目のマジガチモードになってしまいました。
これは、通常テンションでは書けない…。

よって、本日はイラストチェック→イメソン→次ページでマジガチ感想の順でお送りいたします。
書きたくて書いた感想ですが、かなりうざいわポエミーだわ、おまけにネタばれしてるくせに大したこと書いてないので、感想だけ次ページに折らせていただきます。

 

◎イラストチェック/葛西リカコ(アート派)
カラー★★★☆
作品とお絵柄が非常によくあっております。
右下隅の携帯の少々のネイビーブルー(読んだ人だけがニンマリできる差し色)以外、ほとんどモノトーン(白基調)の表紙ながら、これには意味があるのでこれでばっちり☆良いお味です。人物2人しか描かれないのも「恋愛」は当事者2人の事情なのだからこれで良いのです。

口絵が表紙と転じて黒基調のモノトーンなのも、なるほど♪です。
「色とりどりの花火」に照らされたのなら本来は照り返し部分にも若干色がつきますが、これはイラストなので、表紙絵や作品の持つ空気を考えれば下手に色などのせないほうが良く、これまたグッジョブです。
ただ、ここまで色を排除したのなら、描いてほしかったのよ!「白いOO」を!
ほかほか肉まんのユゲみたいのじゃなくて、淡くひっそりとね。

わたくしこの一文にとても感激したので、そこを抜き出してくれた口絵がたいそう嬉しかったのです。
だからこそ残念さがやや強め、その他人物そのものがカットに比べるとちょっと見分けにくいってことで合わせてマイナス0.5☆、計3・5です。


カット★★★★←ちょっとおまけ
人物は若干不安定ですが、今まで見た3作の中では一番ステキです。

アート派(1枚絵・キメ絵中心の人)&センシティブなお絵柄なので、カラーでも申しあげた通り、今作のような心骨削らんばかりに真摯な恋愛作品との相性はばっちりです。
喜怒哀楽の感情(表情イメージ)を、ある程度読者におもねるほうが、この作品のアシストになります。
ちと戸惑ったのは、攻めと受けに10歳の年齢差があるとは思えなかったところですが、この作品では(イラスト登場人物が)この2人と妹しかいないので、受け攻めの区別がつくなら本編理解としては十分です。
ただ、多人数(多人格)が出てくる作品ではここがネックになるのは間違いないので、主役クラス(20代男子)の人物の描き分けは今後の最重要課題ってところでしょうか。
結構大きな課題ですが、カラーが辛めだったのと今作では影響しないってことで、カットはマイナスなしで計4・0です。


◎イメージソング
この作品のイメージソング、実はかなり難しかった…。
歌って9割恋の歌なのであっさり見つかりそうなんですが、この作家様が今回見つめる恋愛って、なんというか、歌詞の世界としては演歌が近いんですよね。でもそれはさすがにBLイメソンとしては…f(^^;)

ってことで、悩みに悩んで選びましたのは、こちら。
本当は綺月さんの「祈り」に当てようかと迷っていた曲ですが、あれにはもっと柔らかい光を当ててあげたいのよね…

    

ちょおっと骨太すぎるかもしれませんが、このぐらいのことは訴えてる作品と思います。
次ページの感想はお目通ししていただかなくともかまいませんが、この歌・この歌詞は…。
                      最後まで聴いてみて…




◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名あ行]その他 | comments(1) | - |

9月新刊3本勝負・其の壱「同人」 犬飼ののVS四ノ宮慶

9月の新刊は個人的に近年マレにみる、面白い傾向の月でした。

いつも、いつも「面白い」って言ってるけど、一体どう面白いのかイマイチわからん!とご不満のお客様。ごもっともでございます。
毎度、力不足で申し訳ないです。

今回もどのようにお伝えしようかと思案しておりましたが…。


は〜い、自分でもびっくりの緊急特集発動!!
題しまして「9月新刊3本勝負」
今日から3回に分けまして、9月新刊を比較対比で読み説いていこうという試みでございます。
「勝負」と言っても個人的に見つけた共通点に基づいて同時に2冊分の感想書くだけで、決して作品に優劣付けるわけではありませんので、気楽にお楽しみ下さいませ。

バトル特別ルール
・バトルテーマにしたがって新刊2冊を読み比べます。
・管理人の主観で勝手に組み分けいたします。薔薇組萌黄組にしようかな。
 「薔薇」と「萌え」、BLらしいお名前でしょ?(笑)
・イメージソングはバトル・イメージで(ホント意味わからん、大汗)
・敬称を略します

本日は同人の星☆待望デビューということで、

◆9月新刊3本勝負・壱番は テーマ「同人」
犬飼のの・「そして蝶は花と燃ゆ」
 VS 四ノ宮慶・「乾いた肌にお前の愛を」

を、お送りいたします。

バトル・イメージソングを聴きながらどうぞ♪ カッコイイのよ、このお嬢様方♪作者様方もね♪

  


2冊分ですから、いつにもまして長文とご覚悟下さいませ…。 

◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名あ行]その他 | comments(4) | trackbacks(0) |

こっそり連動企画♪「君に降る白」 朝丘戻。/麻生ミツ晃

皆様、こんばんは♪
本日は、まいっちゃった新刊第3弾、「君に振る白」感想をお送りいたします。(そろそろ「新刊」と名乗るのもヤバいですか?)

実は、こちらの感想は萌え友・「北の主腐から」のわにこ様とのこっそり連動企画、
「同日同時刻同作品感想UP」(9月6日23時)の対象作品となっております。
お互いどのような感想を書くのか、現時点ではまったく分かっておりませんのでワクワクドキドキ、というか結構緊張…(笑) でもすっごく楽しい経験をさせていただきました!
わにこ様ご協力感謝です 

皆様もよろしければ、どうぞご一緒にワクドキをお楽しみくださいませ〜♪



今回は感想部分が読みやすいように、マジガチ本編感想(ネタバレ)のみ折らせていただき、イラストチェックとイメージソングは先にお送りいたします。(おまけが多いものですから、読みづらくてすみません…)

◎イラストチェック/麻生ミツ晃(コミック派)
カラー★★★★4.0今回は特別に4.0だけど画像UPでUP
なんとも潔い色使い。
タイトルに「白」という難しい色(正確には白は色と呼びませんが)を冠しているだけに多色使いは出来ない厄介な作品ですが、淡い光のようなこの表紙だけで作品の質がわかろうというものです。
人物のバランスが悪いのが難ですが、ここは未熟さ(故の単色使いでもあると思う)がプラスに出ました。一見しただけでダリア文庫と即答できる人いないんじゃ?
「ワケアリ」イラストチェックで書いた平積み新刊でハッとした表紙2冊は、「ワケアリ」とこの作品の事でした。
このまま白くフェードアウトしてしまいそうな、優しくも儚い雰囲気が良く出てます。

カット★★★☆3.5
私の考える「挿絵」とは小説(母体)を補助、または向上させる媒体と「イラスト考察特集」で書かせていただきましたが、そういった意味では今回は◎。
荒削りで、技術的にもまだまだながら作品との相性が抜群です。
いや、相性というより作家様と絵師様が互いに寄り添おうとしている感じです。お互いの目指す方向も技術的な達成度もよく似ていらっしゃいます。
ここまで作家様と絵師様が二人三脚、お互いがお互いを必要としてらっしゃるお2人は、他には岩本薫&不破真理コンビしか思い当たりません(作風、真逆だけど。わはは)
今では珍しいオール手書き(デジタル処理してないという意味で、トーンとかは使ってます)、アナログの繊細な味わいはまさに作品そのもの。神経質一歩手前の細いペンタッチがたまりません。
バランスも狂いっぱなし、処理も甘く正直稚拙な絵に分類されるかと思いますが、この作品に限ってはその未完成な部分こそが最大の魅力。
カット割り(構図)にセンスがあるのでいいマンガ描ける人だと思います。この良さを大事に、たくさん描き続けていって欲しいかな。まずはデッサンデッサン!人体比メタメタ、興ざめギリギリデス。


◎本編感想
購入理由
相当昔に多分デビュー作(非BL)を立ち読みして萎えた覚えがある。
BLに転向していたのを知ったのは密林を利用するようになってから。リストマニアなどで胸キュン作家さまとしてお名前が上がっていたのでこっちの水が合ってるのかな〜?とぼんやり思っていた。
「5年ぶりの新刊」と某所で紹介されていたのと、コバルト文庫以外のレーベルで出すのも興味をひかれたから。(後から確かめたら4年ぶりでした) それとタイトル(理由は後記)
※デビュー作はBLですよ〜?と教えていただきました。ありがとうございます、勉強になります!立ち読みパラ見がいけなかったのですネ、早合点して申し訳ないです(汗)



ここからは、作品に合わせてマジガチモードで語らせて下さい。
イメージソングには懐かしくも何度聴いても泣ける名曲を選んでみました。
曲とPVの素晴らしい相乗効果が本作と絵師様との関係とよく似ていますし、何より
「君に降る白」

次ページの拙い感想も、聴きながら読んでいただければこんなにうれしい事はありません。






◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名あ行]その他 | comments(6) | trackbacks(1) |

「今週のTOP1でBLイメソン」〜「ベンチマークに恋をして」井村仁美

ホントに1週間が早いですね。気がつけばいつも土曜企画を書いている気がします。なんでだろ。
 
今週のTOP1は某ドラマ主題歌が来ました。
月9についていけなくなったのはいつ頃からだろう。今回も全く見ておりません。

お恥ずかしい事にこれを書くまで、ドラマ原作は井上雄彦氏の宇宙バスケマンガだと信じていた…デス。舞台を地球、というか日常生活に置き換えて実写化したのか,チャレンジャーだなと。でも原作マンガの面白さ(異形である良さとかこっそり女性が入っていたりとか)が台なしじゃん、と勝手に納得し興味がなくなってしまいました。
けど、全然違ったのね…火9ならともかく月9だもんね、早合点してすみません。
でもやっぱり学生カプはきついので今後も拝見しないと思います。ごめんね、山ピー。(別に好きじゃないけど)


2009・8・30付 TOP1は


B’zの歌詞は耳に気持ちいいサウンドと裏腹に過激な歌詞がちょいちょい入ってますよね。
大人向けのビターなメッセージですが、ノリが良いだけについつい無意識に鼻歌で歌ってはどぎつい歌詞を口ずさんでしまっている事が良くあり、ふと我に返り「えらい事いってもた!、だ、誰も聞いてないよね?」と1人焦る事も。

今回の歌詞は過激とはいかないまでも、妄想が止まりません。

「アナタは私のほんのイチブしか知らない」
「人生のオカズになれるくらいです」

ここを重視したエロエロBLでもよかったんですが(笑)、やはり歌詞の目指すところに忠実に「愛し抜けるところが1つでもあればいい」生き方を実践している、このお2人の超本格ワーキングラブを。
以下ネタバレ感想、今日も長い。です。



◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名あ行]その他 | comments(2) | trackbacks(0) |

今週のTOP1でBLイメソン〜「YEBISUセレブリティーズ」岩本薫 

今週のTOP1でBLイメソン、先週に引きつづき「夏ソン」がTOP1です。
先週は悶絶の末ひねり出した感満載でしたが、今回はすんなり決まりました。

2009・8・2付TOP1は
 「Party People」 スガシカオ
PV:http://www.youtube.com/watch?v=geoOSCE9jgk
タイトルそのまま、夏のビーチでパーティする方々の歌です。
青春をを謳歌する若者(ワカぞー?)の恋愛讃歌、やれやれ。

違います。

一見夏のご機嫌ソング、実はとんでもない反骨ソングです。
迷って、守って、それでも答えが見いだせないなら、とりあえず弾けちまえ!!という力技応援メッセージ。理由とか結果とか気にせず、まずは踊れ!楽しむ事は悪いことじゃない、それから考えたっていいじゃん、今確かに生きてるんだからさって歌ってるのです。
なんて潔い…兄貴と呼ばせてもらうぜ!
こういう曲が1位になるなら若者も捨てたもんじゃないですね。
ごめんねワカぞー、なんて言って。でもワカぞーなんだけどね(笑)

チョイスいたしましたのは兄貴のアツいソウルに勝るとも劣らない、作者様のアツいBLソウル・魂の萌えが生み出した人生パーティなこの作品。楽しめ、理屈抜きで!←できるのか、私に?

ネタバレ感想は次ページです♪



◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名あ行]その他 | comments(3) | trackbacks(0) |

「孤島の鬼」江戸川乱歩 〜一般小説における同性愛

今日は土曜日ですので週末企画・「今週のTOP1でBLイメソン」の日ですが、GWのためランキング発表がお休み、したがって企画もお休みです。

年に2〜3回しかないフリー土曜日ですからイメージソングから離れて、普段取り上げない一般小説から、同性愛を扱った本の感想を書いてみる事にしました。
今回は前からまとめたかった江戸川乱歩の唯一の同性愛明記作品・「孤島の鬼」を取り上げたいと思います。
ミステリーFANだけでなく多方面からいまだにもてはやされる乱歩の作品群ですが、「同性愛」色が漂う作風も多い中、はっきりと明記したのは意外にもこの1作だけです(確か)
しかも欧米において同性愛は宗教上の関係から公に印刷、出版してよい類のものではなかったため、ミステリー史上世界初というおまけまでつく(らしい)偉大作でございます。
ところがこれ、キャ、大正で、美少年で、同性愛♪♪なんて軽いノリで読むと間違いなく頭カチ割られる、あまりに真摯な愛憎と執着の物語です。



以下激長・ほぼ全ネタバレです。

◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名あ行]その他 | comments(1) | trackbacks(0) |

「夜叉と獅子」 池戸裕子/羽根田実

ヤクザ×美形の彫師。
縁遠からずの関係で、よくある執着愛かと思えばそんな可愛い範疇には収まりませんでした。
醜い部分を直視してこそ念から愛へと昇華する、と読む側に突きつける重厚な作品。
早くも今年の「勝手にBLグラミー・最優秀賞」候補?です。

ネタバレ感想と悩みに悩んだイメージソングは…↓↓


◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名あ行]その他 | comments(0) | trackbacks(0) |

「SH(シュガーハイ)」 オハル/佐々木久美子

評価:
オハル
二見書房
¥ 650
(2008-12-19)
コメント:本格社会派BL!

なんてスタイリッシュな表紙!
即座に目を引きましたがこのペンネーム…あとがき見ると新人さん…?
かなり悩みましたが、新人作家さんで佐々木さんイラストなら「期待の新人」って事かしら?表紙だけでもソンはないかも?と考え直し ネタのつもりで購入したら。
面白いと期待したいあまり、点が甘くなってるのかとも思いましたがそういうことでもないよな。

ずばり、面白かったです。

文章も変に作ってなくて、するっと入ってくる。漢字多くてページ黒いですが(笑)
イメージソング探してないけどいっちゃいます!(※12/28付 イメージソングUPしました。)
 
なんちゃってあらすじ
家族を凄惨な事件で亡くし、今はお荷物扱いの元キャリア警部・柘植。事件の原因となった麻薬を追っていて麻薬取締官・早瀬と出逢う。お互いの権利を譲らない2人だが、暴力団と内通している麻取がいると聞き…





それでは、かなりネタバレ感想です↓

◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名あ行]その他 | comments(4) | trackbacks(0) |