スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

連休特別便☆夏文庫カバーデザイン、その他チェック2012

皆様、こんばんは☆
夏の連休、楽しんでおられますか?

さて本日は、今年もやります☆夏文庫オリジナルカバーチェック♪です。
※本日の「文庫」=文芸文庫=非BLです

拙宅に遊びに来て下さるお客様はご周知と存じますが、わたくし、本好き、イラスト好き、とりわけ携帯便利な文庫好きです。
腐ったわたくしは鬼畜フェアに舞い上がり、本好き絵好きのわたくしは、この時期書店に山積みの夏文庫コーナーにハアハアしてしまうっちゅーわけですね。

文庫好きーな同志のお客様はもちろん、長い夏休み中、書店にお出かけになる際にちょっとのぞいて楽しんでいただけますよう、今年も僭越ながらわたくしが独眼チェックさせていただきます(≧∇≦)
ご興味持っていただいたお客様は、次ページへどうぞ♪←激ナガです


【関連記事】
2010年…キリ番お礼とキャラバースデーフェアちょこっと感想と買物記録〜夏の自由研究
2011年…「連休特別便〜夏文庫イラストチェック」

                             



◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[萌えバナ]イラスト | comments(0) | - |

トキメキ春一番☆あんな萌えこんな萌え

皆様こんばんは。
4月になったら時間ができるいうといて、コメントお礼も更新もこれまで以上に遅くなっております。ホントにホントにすみません。
せっかく出来たプライベートタイムも、これまで多忙を言い訳にしてきたアレコレのツケの収拾にしばらく回さねばならず、なかなかPC前に居座ることができませんのです。週末に書きためようとすれば、回線重くて動かないしー。←草木が眠る時間にならないとサクサク動かない。サイアクダ
しかしながら、書きたいネタも宿題もいっぱいあるので、諸事落ちつき次第ポツポツまとめてまいります。お気が向かれた時に、チラと覗いてやってくださいませ。
                            
          
遅くなりましたがキリ番のお礼を。
4月3日、ゲストカウンターが333333を回りました。ありがとうございます!
更新間隔空きまくり、上がれば激ナガと、大変バランスの悪い拙宅を見捨てずご訪問くださる皆様のお力で、このような偉業を達成することができました。ほんとにほんとにありがとうございます!

■キリ番大あたりのにOOO様へ
大アタリはにOOO様でしたか、おめでとうございます!←と私が言っていいのかσ(^_^;) 
右か左かの二者択一でも外すわたくしには眩しすぎるヒキパワーでございます☆
ステキリクエスト考えて下さってありがとう♫既読数8割を超えてる作家様でございますよ、いつかまとめたいと思っていたのね〜。ちょっと先になっちゃうけど、必ず書くので待ってて下さいね♪


                           


さてさて、ようやく本題。
本日は、春一番のごとく、わたくしの心をかき乱したトキメキ萌え情報3連発にキャッキャ言わせていただきます。教えていただいてからチト日が経ってるので、既にご周知の内容ばかりかもしれませんが、青春の1ページ?としてこの気持ちを書きとめておきたいのでございます。
おつきあいいただけるお客様、次ページでお待ちしておりますので、ご一緒にガッツポーズお願いいたします☆






◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[萌えバナ]イラスト | comments(5) | trackbacks(0) |

【イラスト臨時便】 今日はニャンの日? 〜にゃんこギャラリー

皆様、こんばんは。
突然ですが、今日が何の日かご存知ですか?

え?応仁の乱が始まった日? せ、正解。
ん?財津一郎の誕生日? …渋い正解。
なになに?222=ふーふーふーでおでんの日? これも正解!

う〜む、さすがわたくしの敬愛する萌え友様方、ナナメに博識でいらっしゃいます。
でも、わたくしはこう答えていただきたかったんでございます。
2月22日はにゃんにゃんにゃん★で、猫の日だよねと。

わたくしも気づいたの2日前だったんだけどね。気づいた以上ほっとけない=アニマルスキーの血が騒ぎましたので、本日は臨時便☆わたくし拘りのイラストコレクションから「にゃんこ」絵をピックアップしてみました。そうね、「にゃんこギャラリー」とでも名付けておこう。今週末は更新出来そうにないのでチトがんばってみる〜

動物絵がお好きな方はお気づきと思いますが、にゃんこに限らず、わんこでも金魚でも、表紙絵に生物が描かれることは案外少ないのでございます。
わたくしの腐乱調査では、今のところ「猫」が一番多いかな。ギャラリーにできるぐらいの点数はギリギリあるでしょう。


ではでは、諸事情でページ折らせていただきます。
お時間ある時、お気軽に猫ちゃんの喉を鳴らしにきて下さいませね。




◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[萌えバナ]イラスト | comments(0) | trackbacks(0) |

朝南かつみさんによせて

平成24年1月7日、朝南かつみさんがご逝去されました。
昨夜ご訃報を聞いてから眠れません。あまりにお早いお別れに、心がついていけてません。
眠れないまま一晩作品を眺めていて、今はお礼とお悔やみをお伝えしなくては…と、思いを綴らせていただくことにいたしました。


私の大好きなイラストレーター様でした。
まだまだ描いてほしかった。ご活躍をずっとずっと追いかけていきたかった。
彩さんと並び、今後のご活躍はきっとBL界を越えるだろうと密かに楽しみにしていた絵師様でもあったから…。

一ファンの私ですらこれほど辛いのですから、ご家族のお気持ちを思うと言葉もありません。


初めて朝南さんのイラスと出会ったのは、「天狼は宝珠に酔う」でした。
潔い受の脱ぎっぷり=強いBLイラストらしさと、攻の儚い存在感=非凡なアート性が同時に感じられる不思議なお絵柄に、確乎たる個性を持った絵師様だなと思いました。
その後どんどんご活躍され、作品を拝見する機会が格段に増えても、その印象は変わりませんでした。どころかますます優雅に、ハイセンスに艶ましていかれ、新作を見るのが本当に楽しみでした。書店で必ず手にとって、あれこれ眺めて、結局我慢できなくて、そのまま表紙買いしてしまったことも何度か…。

作品だけでなく、お人柄も尊敬してました。
朝南さんは、2009年「小説リンクス10月号」の表紙イラストをご担当されましたが、その後に発行された全サ小冊子「リンクス6周年プレシャスBOOK」収録時に、そのイラストを加筆修正されたことがありました。
一度完成とした作品(しかも雑誌表紙)を、全サ小冊子=限られた有志しか見ない特殊出版物収録にあたり、自主的に改稿する絵師様なんて出会ったことがありません。
これが稀有な行為だと、誰に頼まれたのでもなく自発的にそうされたと、お会いしたことがなくともわかります。ご自分のお仕事、絵師としての気高い矜持にいたく感銘を受けたのでした。

最近のお仕事は特に神がかっており、BLイラストの革命児とさえ思っておりました。
あの鳥肌が立つような感動にもう出会えない、見られないなんて…。


今までで一番好きだ!と一目惚れした新刊「神に弄ばれた恋」が1月7日に届いたのは、偶然ではないと信じます。

遺して下さった作品を大事にしていきます。
これからも作品を取り上げさせていただくことを、お許しください。
素晴らしい作品がたくさん、たくさん、あるんだもの。
まだ気持ちの整理が全然つきませんが、心よりのご冥福をお祈りいたします。







最後に。(恐縮な私事です)
昨年末から書き続けている「2011年BLグラミー・イラスト部門」、こんなことならもっと頑張って完成させればよかった。朝南さん作品に3部門中2つも賞を捧げていたからです。私の気持ちの問題ですが、ご存命のうちに称賛をお伝えしたかった…
今回のご訃報に際し、このままの状態(お祭りテンション)で続きを書いていいものか決めかねています。きっと書きなおすことになるでしょう。でもあの非凡なイラストへの称賛を少しでも早く伝えたい。

よって、私の拙い文章では朝南さんの偉大な功績を称えきることはできませんが、追悼と感謝と持てる限りの愛をこめて、「イラストグラミー2011」から、今書いてあるそのままを掲載させていただきます。
こんな悲しいお知らせを聞くことになるとは夢にも思わなかった、つい先週書いていた部分です。そぐわない陽気さはお許しください。(特に陽気な部分は反転しておきます)


★「秘蜜」 朝南かつみ
きゃーっ、ドキドキする
男子2人が座ってるだけなのに、なんだろうね、この危ういまでのお色気は♪
緑がかった綺麗な黒を基調とした抑えた色調が、イケメン2人のクセものぶりをなお一層引き立たせております。
こんなイケメンになら、あ〜んなことされても無問題!…とは言えない、やっぱり痴漢キモチワルっ!と感じるわたくしは、普通の女でございました(笑)

あまりにステキでうっとりしますが、実は、このイラストの価値はそこだけではないのですね。注目はイケメン2人の関係です。
BLイラスト定番〜男子2人のイラストでありながら、この2人は非カップルです。なんとこのイラストは、ヒロイン不在・攻オンリーイラストなのでございます。
ひのもとうみさん「遠くにいる人」感想でも書きましたように、女子のためのポルノエンタメ「BL」では、受(ヒロイン)は、読み手の自己意識の投影対象で、本編でもイラストでも世界の中心的存在です。シリーズものならともかく1冊完結小説の表紙絵で、受不在のイラストは本来ありえないのです。
このイラストは、ひと昔前ならボツってもおかしくなかった(と思う)、かなりの異端BL画なのでございます。

でもこの度商業誌でGOがでたことで、ここから考えられるアレコレが大変興味深い。
長くなるので詳細は割愛しますが、これ(GOが出たこと)は腐女子なる存在が市民権を得てきたことと無関係ではないと思うんだよね。←単にイラストがステキすぎて何でも許せるって話もなくはないがσ(^_^;) 
イラスト史上のみならず、BLの存在意義=トランスジェンダーについての考察上でも、大変貴重な1枚です。




こんな絵描ける人、この絵師様しかいない。

 



                                                                                           〔絵師:朝南かつみ〕

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[萌えバナ]イラスト | comments(5) | trackbacks(0) |

揺れて廻って、切ないキモチで、榎田さんにお願い♪

皆様、こんばんは。
思いがけぬ大雪に、外を眺めて思わずコレを口ずさんでしまったmiru-haでございます。

         

タイトルど忘れしたけど、「ゲッダン」で検索したら一発ヒット☆(笑)      
                     
                               

さてさて☆ 萌え友様より、ミミヨリ情報を教えていただきました。  M様♪♪

ただ今ビーボーイさんで、こんなアンケートを募集していらっしゃるのですって。

 緊急募集!! 榎田尤利短編集企画 アンケート募集←クリックでサイトページへ飛びます
 

2012年、榎田尤利短編集を企画しております。
テーマはずばり『エロティック』。
ぜひ、読者のみなさまの読んでみたいお話を教えてください。
このアンケート結果にて1位になったテーマで、榎田尤利が作品を執筆します!
発売などの詳細は決定次第、雑誌広告やWEBやリブレ+モバイルにて告知いたします。
採用された内容に投票いただきました中から3名さまに、サイン入りで この書籍をプレゼント?
当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。2012年夏頃発送予定。
皆様からの熱い御意見、お待ちしております★

ふむふむ、榎田先生のお書きになる短編のテーマを、貴方が選んでくださいな♪ってことですね。
なるほど、新書館さんには木原さん、リブレさんには榎田さんってことなのね☆
おおっと締めきりが近い!急がなきゃ!
                                 

参加方法はとっても簡単です。

「そもさん!榎田尤利短編集企画にて、読んでみたいお話を教えてください。」
「せっぱ! OOOO!」

な感じで、同ページに掲載されているフォームに一回答えるだけです。
でも、この「OOOO」の選択肢がクセモノなのよ…
 
・ひとりH
・攻×攻
・リバーシブル
・触手
・ハメ録り
・下剋上
・コスプレ
・監禁

以上、8つの煩悩肢が用意されておりますが…こりゃ難しい★
8つのエロエロからオンリーワンを選ぶ=己の暗黒面と向き合う、この上なく直球な腐り問答でございますですよ。

でもって、この企画文を拝読する限りでは、TOP1に選ばれたテーマ一つだけで短編を連作するってことになるのですよね?それぞれのお題で全部!などという、はあはあしたお願いは聞いていただけないってことね。う〜む、覚悟してかからねば。

せっかくだから選択肢一つ一つを検証してみようか…イメージ絵師さんなども想像しながら…←ヒマなヤツ

ホワイトクリスマスを台無しにする、わたくしのフラチな妄想にお付き合いくださる方は、次ページへどうぞ☆


◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[萌えバナ]イラスト | comments(5) | - |

臨時便 〜2011のツボ押しBLギャラリー

皆様、こんばんは。
暑過ぎますね、あまりにも☆ 
                   え?暑さのあまり…? 

                         
予想外のお盆特需(仕事)のため、「上半期ランキング」他、夏記事完成までにもう少し時間がかかりそうです。 
しかしながら、せっかくお越しいただいたお客様に意味わからん広告画像ばっかお見せすることが、わたくしどうにも耐えがたいので、仕込みなおした「ツボ押しBL スライドギャラリー・2011」をしばらくTOPに置いておきますね。
次回更新までのお暇つぶしとしてお楽しみいただければ幸いです。

                     この辺にカーソル合わせると停止操作ができます
   



8月上旬読了分まで網羅&全作品に一言コメつけました。

2011年・上半期ランキング(1〜7月←1月はほとんど読めてないので7月までカウント)は、ここから7作を激選してございます。←7作=小説5作、コミック2作…中途ハンパ(汗)

お暇つぶしついでにランキング予想などで遊んでいただくのもご一興…などと思っていただけましたなら、いっちょ挑戦してみてくださいませ☆

まあ1位はバレバレだけどねσ(^_^;) 

                              
   


【ブログ内関連記事】                   
                                                         〔画:ギャラリー〕
                                               
 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[萌えバナ]イラスト | comments(2) | - |

連休特別便〜夏文庫イラストチェック

※この記事は16日UP予定でした。←連休SPとして土・日・月の連続記事UP計画だった。
でもマンガしりとり作品を差し替えたので、追悼記事の前後をお祭り記事で挟み込むのは不謹慎との判断から土曜UPを控えたものです。
本日UPさせていただきますが、前記事と温度がかけ離れておりますことどうぞご了承くださいませ

      *                  *                   *

皆様、こんばんは☆
今年もやってきましたね。集英社文庫ナツイチ、人気マンガ家描きおろしスペシャルカバー!
※昨年はこちらで軽くチェックしています→「キリ番お礼とキャラバースデーフェアちょこっと感想と買物記録〜夏の自由研究

今年は面白いメンバーでしたので、ちょっとマジメにイラストチェックしてみたくなりました。
でもって、夏の文庫フェアといえば集英社のほか、角川、新潮も盛大です。
せっかく別ページにするので、こちらも合わせてチェックしていきまっす♪


◇集英社文庫「ナツイチ!」                                     
2007年(1回目)小畑健さんで大当たりしてから、夏の恒例行事となりました。
もう5回目か、早いな〜。
 
■藤崎竜・画「草枕」
藤崎さんは芥川龍之介か泉鏡花とかかな〜なんて思ってましたが夏目漱石、しかも夢十夜?しまった、この存在を忘れていた〜!
コミックカバー=カラーイラストの固定概念を覆す、文字攻め&単色塗り!このセンス、羨ましい…。
今年の5作中、最もアートレベルの高い作品でございます。いや〜おさすが☆

でも「草枕」と「夢十夜」を収録した文庫の表紙はチト酷です。
藤崎さん描く「夢十夜」=幻想全開バージョンも観たかったな〜。


 


       
    
左・天野 明・画「奇厳城」「リボーン」絵師様、ついに登場。ルパンならイメージ通りだよね。
ちなみにこの方はお絵柄から判断するに、絶対女性だと思います。男性はこういう描き方しないってところがあまた見られますものね。この表紙見てもよく分かるよ。(凡例:「顔」の着色←メイクするように色をおいている(無意識)←ここ大事=メイク煩雑経験者)

中・東村 アキコ・画「坊っちゃん」
この方が「坊っちゃん」の表紙を描くというニュースを知った時点では、どうしよう…と思いましたが(笑)、実際拝見したらなんの危惧もいりませんでした。
迷いがない絵は、見ていて気持ちがいいですね。
余談:
この坊っちゃんってSMAPの吾郎ちゃんに似てませんか?
 
右・椎橋 寛・画「遠野物語」…ワーストとまでは言わないが今年のがっかり。期待してたのに…。
オリジナルマンガ(ぬらりひょんの孫)で見られるような潔さ・伸びやかさがまるでないです。「妖怪繫がり」「文学作品」を意識しすぎちゃって小さくなってるのがよく分かります。「挿絵」(他者の作品精神を自画で表現すること)に慣れていらっしゃらないのだから、いっそまったくの畑違いを描かせてあげた方がよかったのでは…?
ここに出てくる妖怪が今後本編でも出るとか、なにかしら仕込んであるなら話は別だけど…

■河下水希・画「舞姫」
おさすがの繊細華麗タッチですね〜。去年の「たけくらべ」は和、今年は洋の美少女ってとこかな。
この表情、この構図、この効果…。これがジャンプだったら絶対描かない(描けない)、文庫カバーだからこその1枚です。
絵師様が趣味満載で楽しく描かれたのがよく分かります。

ちなみにこの方は、昔「桃栗みかん」名でBLも描いていらした女性です。←凡例:松岡なつき「貝殻にウォークマン」

余談:
「舞姫」は、あのCLAMPも表紙を描いていたりします(角川文庫版)
CLAMPすぎて、もう何ものかよく分からん世界になってますが…。同じ文庫の「山椒大夫」は綺麗です。←描いたメンバーが違う(ハズ) センスの差って残酷…

 舞姫・うたかたの記: 文庫: 森鴎外  山椒大夫・高瀬船・阿部一族: 文庫: 森鴎外 ←プチ参考画像

◇「発見!角川文庫2011」                                     
上記参考画像・CLAMPに気をよくしたのか、今年は一気に5作品(6点)出してまいりました。
もともとアニメイラスト(コミック)礼讃のメディアミクサー出版社様ですから、踏み切ったら迷いがないです。
   
  
上段・左から
・黒星紅白・画「銀河鉄道の夜」…お色使いがステキ。白鳥座にも、十字架にも、鉄道のライトにも、境界線にも見える白い光がミステリアスでいい。人物要らないぐらいです。

・ヤマザキマリ・画「ギリシア・ローマ神話」…
ギリシャ神話がコメディに見えてきた(笑) 直球「ローマ」キャスティング、分かりやすいけどもうちょっと考えてあげたらいいのに…。

・あさぎ桜・画「山月記」…
思わず青龍や朱雀を探してしまいました。どんな世界でも全部この絵師様の世界へと持っていく、強引なまでの個性は素晴らしいと思います。あとは好みの問題ですね。
…山月記の虎って白虎だったっけ?

下段・左から
・あずまきよひこ・画「赤毛のアン」…あずまんがな作者様なので、てっきりあのテイストかと思ったら…ワンダフル☆既存のイメージに引っ張られてはいますが、世界観を伝えようとする絵師様の真摯さに胸を打たれます

・美水かがみ・画「若き人々への言葉」…
コメント不可能。角川しかできない偉業…

今後、由羅カイリさん、中村春菊さん、あべ美幸さんetcが登場することを、わたくし予言しておきます。



◇新潮文庫「新潮文庫の100冊」                                  

 
 
新潮文庫の限定カバーはずっと変わらず、アート精神あふれるビビッドカラーカバーです。
ワンポイントイラスト付き帯で変化を楽しんでもいいし、帯をはずして単色フルの世界を堪能してもいいという、おさすがのハイセンス。上記2社とまったく真逆のアプローチで、読者の興味を引きつけようと采配していらっしゃいます。
ちなみに帯のワンポイントイラストは、「通常版文庫カバー・ロゴなし画」です。通常版も素敵なイラスト多いよな〜=書店カバーいらずだな〜と思っていたけど、こんな風に使うと良さが一層際立ちますね。

この文庫の誇り高さが好きです。風潮に流されず、「文庫」の個性をひたすら見つめる御社の姿勢、わたくし、応援しております。
もう持ってるけど御社おすすめの、キラキラ光る「きらきらひかる」も買いましたよ♪


                        *

はぁ、イラストチェックは楽しいね!連休特別便はあと1本ございます〜☆←19日にUPします





                 赤福氷が食べたいな…




                                                                                        〔画:ギャラリー〕
                                              


◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[萌えバナ]イラスト | comments(2) | - |

気になる…

【気になる・その1】
フレブラ18巻発売に備え(?)、うきうきこっそりとCDギャラリーに12巻ジャケ画コメントを追記していたわたくし、あらためまして今期(4期)の3枚をガン見して思ったのですが。

この3枚って実は続き絵…なんじゃないのかなぁ…。
くっきり繋がってるわけじゃないんですが、部分的に繋げてある気が…。

画像ちっちゃくて申し訳ないが、             

                   ここんとこの霧(雲?)とか
  
                                      このスミの(薔薇の)赤とか

ね?繋がってないと不自然なカラー使いしてあると思いません?
トリミング都合で切れちゃった部分を足すと、ゆっくり続いてるんではないのかなぁ。…って、続き絵であってほしいと熱く願うあまり、そう見えちゃうだけかしら。(苦笑)
実物お持ちの方はちょっと見比べてみて下さいまし。


   
【気になる・その2】          
AZ Ptさん描く「背徳のマリア」の表紙にド肝を抜かれました。
か、描いたのか…黒い赤子を…!!!

BL表紙で幼児を描いたイラスト(絵師様)は少ないとはいえ、あるにはあるんですが、赤ちゃん(乳児)はまずない。つか描けないのです。BL(ボーイズのラブ)で絶対手に入れられないもの=男女の繁殖の正当性のシンボルだから。

この作品はそこへの挑戦作だから描いても不思議ではないけど、前絵師様でさえ「マリア」の純潔に重きをおいた表現にとどめたのに、こちらは「背徳」まで映し出したのね。
さすが作者様がこだわられただけのことはある、なかば伝説化?した作品のリメイクは後発絵師様にとって相当なハードルだったと思いますが、そのプレッシャーを見事に跳ね返した、鬼気さえ迫る素晴らしい作品と思います。

口絵とカットは週末ゆっくり見るつもり、それにしてもこの残念なロゴ(絵にたいして貧相過ぎ)、もちっとどうにかならんかったのか…ゴホンゲホン☆
「下」イラストもとっても気になります。フレブラ18も出るし、J庭も参加の方向だし、今月は萌え忙しいな♪


   
【気になる・その3】
   

げほっっ!!←吐いた。
わたくしの主食「眼鏡」が、なんてなんて麗しい2人となって降臨されておるのか!!
え?発売して約1ヶ月?んまあ、雑誌は未チェックなので気付かなかったっ
                                  
いや〜ん、日高ショーコさんのあの2人→→→→コレ
に勝るとも劣らぬ眼鏡男子ではありませんか。今年の高階さんベストは今のとこコレですね♪
気になるな〜まだ売ってるなら買おうかな〜。でも特集はいいけど気になる作家様があんまりいな…ゴホンゲホン

あれ?もしやこれって高階さんのリンクス表紙初登場?
でもってこの絵でショートがつくのか!!<来年のリンクスプレシャスブック
でしたら作家様は、ぜひぜひ秀様かえれな嬢でお願いしまーす





 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[萌えバナ]イラスト | comments(1) | - |

あれっ、これって…。

よもやまな雑談でございます。

なんだかんだで、気がつけばリア書店(行きつけ本屋さん)に3週間近く詣でておりませんでした。3度のメシより3冊の本!なわたくしにしては、大変珍しいことでございます。←好きな本が読めるなら1,2食抜いても構わないという意味=3食抜きはキツイ=言葉のアヤとお察し下さい

めぼしい新刊(BLだけ、ははは)はポチって手に入れてますけど、やはり店頭で平台をじっくり眺めないと、月間恒例行事(新刊ハント&イラストチェック)が終わった気がいたしません。

華やかにピンキーな(笑)春の平台をためつすがめつ、様々な葛藤を乗り越え、晴れて我が家の家族?になったコ達はこちら。

       

        

 上段・左から(敬称略です、すみません)
・かわい有美子「猫の遊ぶ庭〜きまぐれ者たちの楽園」…奇跡の絵師様降臨。わたくしBLライフ史上・3人目の男性イラストレーター様でもあります。←密かなハントテーマ
挿絵なくとも買いますとも!
・橘かおる「神珠恋伝」…りょう様美麗イラスト(に決まっている)のために、心中覚悟で(笑)
・真崎ひかる「夜に舞う薄紅の花」…桜に誘われ表紙買い。買ってから喰らった痛恨の一撃。続編だった。(前作買ってない

下段・左から
・凪良ゆう「真夜中クロニクル」…今回の目玉。ワクワク…♪
・ひのもとうみ「遠くにいる人」…表紙買い。なんてきれいな夕焼け。なんて表紙らしからぬ構図。平台で際立っておりました。マアタさん、すばらしい…!
・風見 香帆「彼をさがして」…微妙に新刊ではないが探してたので。全く知らない作家様ですが、絵師様の魅力&MYイラストセオリー・「奇数人表紙は傑作の予感」法則にHITしておるのです。果たしてどうだろうか…?
※ちなみにコミックも2冊買いましたが、新刊ではないので割愛

ついでに、今回見送ったのはこちら。
いつき朔夜 「つながりたい」…高校生カプだったので今回見送り
夏乃穂足「終わることのない悲しみを」…表紙がとてもきれいでしたが、今回はチト様子見
名倉和希「殉愛のしずく」…ただ今とある名倉作品感想をカキコ中なので、それを完成させてからにしようと思って見送り 
中原一也「ワイシャツ奥には秘密がある」…なんでこのタイトルに変えちゃったのか…ってことで今回は見送り(笑) 
・火崎勇「守る手、襲う手」…イラストには魅かれましたが、前作(「恋愛の系譜」)ショックから立ち直れていないので今回は見送り。


こうやって振り返ってみますと、わたくしにとって「イラスト」は相当大きな購買動機になっておりますですね。

                          

シャレード・ガッシュ・SHYと月末お楽しみがまだ待っておりますし、今回はこのぐらいにしといてやるゼ☆との捨てキメゼリフをこそっとつぶやきつつ、一般書コーナーへ。
そしたら、こんなの見つけちゃったのでした。

黒史郎「幽霊詐欺師・ミチヲ」
角川ホラー文庫の3月の新刊です。
絵師様名は「moz」となっておりましたが、これはどうみても葛西リカコさんのイラストだよね?

どえらい麗しいではないですか、ストライクです←でも買ってません、ごめんね?
やはりこの方はアート派で大当たりだわね♪

にしても、こんなにお上手な方だったとわ☆今までお見かけした作品とはレベルが違います。
もしや萌え抜きエロ抜き=BLではない方が水に合う、イノセント絵師様なのかしら…?あ〜、そうかも。
※イノセント絵師…絵萌えするのは「イケメン(一人でも可)」であって、「イケメン同士(のエロ)」ではない方。キメ絵を追求されてるので基本アート派。

一般小説のお仕事もされているとは知らなかったな〜。
3年前、和紗さん(高階佑さん別名)デビュー作にばったりでくわしたのも店頭でございましたし(しかも発売日だった)、こういう楽しい出会いがあるので、書店でのお買物はやめられないのであります。


                    

さて来週は☆(サOエさんかい)
相変わらず「第1四半期・読書記録」をお送りいたしますです。今年になってからコミック感想を全然あげてないので、そちらもそろそろ…。






 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[萌えバナ]イラスト | comments(5) | - |

10月末新刊イラスト、3本勝負〜♪

Y様〜 SHYの新刊画像、密林UPされてました!

「10月新刊購入リスト」がえらいことになっているように、今月は気になる新刊多いのですよね♪ 
シャレード、キャラと続々新刊イラストUP中で、思わずイラストチェック魂がうずいてしまいました。
読後感想をどれだけ書けるかわかりませんし、せっかくなので今のうちに対決形式で一言書かせてくださいませ。
※優劣はつけてませんので、お気軽にお楽しみくださいまし♪



■勝負その1!SHY☆センシティブ対決
アナログVSデジタルながら、繊細可憐な対決でございますね。  
絵も素晴らしいが、感心するのはロゴに代表されるデザイン性。イラストを生かすカバーデザインを目指しているのがよくわかります。特に左の素晴らしさは特筆ものです。作品とイラストテイストを最優先して、最も大事なタイトルまで絵の中に溶け込ませてしまったってのがなあ…。
通常は右や2番勝負作品のように、タイトル(文字)はアイキャッチも兼ねているものです。この作品も例えば、イラスト下部の地味な背景部分にロゴを大きく持ってくることも可能、他社なら間違いなくそうしてます。でもSHYだとこういうデザインができるのです。トレビアン☆

  はじめてのひと (SHYノベルス) 天使憑きの男 (SHYノベルス)
左: 「はじめてのひと」椎崎夕/穂波ゆきね   
まあ、なんて繊細ながら背景までしっかり手塗り。スバラシイ新書サイズならではの見ごたえです。しかも表裏一体(裏まで一枚絵)だとか!わ〜い♪
こだわり珈琲店(コーヒーと表記しない気がします、笑)のマスターとバイトってことかな?
椎崎さん×ゆきねさんだもんね〜、健気受けランキング大変動もあるかも!

右: 「天使憑きの男」沙野風結子/高宮東
これまた美しひ…。抑えたグレイッシュブルーの色調がたまりませんね。
沙野さんの「天使」ってゴシック・(エ)ロマンかな〜と思ってましたが聖職者なのね。かわいさんといい、えれな嬢といい、司祭服ってひそかなブーム?


    

■勝負その2!ハードボイルド対決

そのものズバリ、ハードボイルドでダイハードなイラスト。
たまたまながらお色遣いまでよく似てます、対決させよといわんばかりに(笑)


  鍵師の流儀 (二見書房 シャレード文庫) 闇を抱いて眠れ (キャラ文庫)
左:「鍵師の流儀」中原一也/立石 涼
あれっ?この絵師様とのコラボは「水底に揺れる恋」と同じなんだが…。よもやリンク?まさか続編ってことはないよね?!
なかなか迫力のある構図で、本編への期待が高まります。「鍵師」ってのがワルにもヒーローにもどっちにも転べていいじゃありませんか♪

右: 「闇を抱いて眠れ」 秀 香穂里/小山田あみ 
意外や、初コラボ。右下スミッコの蜘蛛が意味深っす。
あみさん画は最近、体脂肪率がやや高めに感じます。(肉付き表現が丸みを帯びてる) 
あじみね朔生さんもそうですが、男らしい攻めでさえ腰回りの描線が時々なんとも女性的なライン。
お2人とも、実は男性より女性画の方が得意、というかよく描いていらっしゃるんではないかと思うのですよね〜…


   

■勝負その3!本編もう読んじゃった対決、または、多作クイーン対決

正確には10月新刊じゃないですが、「勝負その3!」にしたかった2本がまだ画像未UPなので、まずはこちらを…。

  手錠 (プラチナ文庫)  アナタの見ている向こう側 (ショコラノベルス)

左:「手錠」 剛しいら/小路龍流 
見た瞬間購入決定した、いわゆる表紙買い。
だってね、奇数人表紙は傑作への近道」なのでございますもの。←但し複数交流本は対象外

例えば…                 
    

今作や綺月さん「祈り」のような、3Pじゃないのに3人の構図というのは主役級3人だけの閉じたお話ってことで、まず間違いなく骨太と人間ドラマ作品、しかもここ1年ぐらいでしかお目にかからないタイプ(のような気がする)です。 
当て馬どころではない、表紙に描かれるほど重要な存在ながらカプにならない3人目って、ラストがハッピーエンドと決まっているBLでは非常に珍しい(商業化しにくい)のですよね。←あぶれた3人目がどうやっても不幸になるから
「ドラマ」をしっかり見つめられる、創作手練れ作家様でないとチャレンジしようとすらまず思わない作品ですが、それを御大・剛さんが書くというならそりゃ気になるってもんです。

良い絵師様はそこをキチンと表現して下さるということで、すなわち奇人数表紙を描ける絵師様も手練れと申せるのでございます。小路さんもしかりです。ラストカットも綺麗だったな〜♪

リニューアル後プラチナの剛さん作品は、「匣」「手錠」と、本来要矯正と判断されてしまう異端な性質や繋がりを他者に晒すこと(一方的なカミングアウト)で社会的価値観と決別し、互いを絶対無二の一対に昇華させるという、ありのまま=素を肯定した大人の寓話シリーズ(長いな)に思えます。
だとすると、次作は扮装(倒錯コスプレ)か窃視(のぞき)…かなあ…?個人的願望としてはゼヒ扮装(女装)でお願いところ。


右:「アナタの見ている向こう側」火崎勇/松尾マアタ
コミックで惚れましたマアタさんの挿絵作品。
一生懸命さが伝わる好感度イラストではございますが、コミックで魅せたハイセンス(特にHシーン)がなりを潜めてしまっているのが残念。、「挿絵」を意識しすぎたのかな。
寡黙なシェフ×やり手でナルシストなグラフィックデザイナーのカプなので、水彩画や商業ポスター・スケッチラフなど、この作品にとって「絵」はキーアイテムです。絵師様持ち味のスタイリッシュな絵心を発揮できる、(挿絵のお仕事として)美味しい作品だったのに人物ばかりが描かれアングルも普通、結果、印象がほとんどないのです。魅せる絵が描ける絵師様だけにもったいない。
原作消化率ともどもこれからこれから♪ってことですね。

ストーリーは「いつもの火崎さん」ですが、最近読んだ本が重めの作品が多かったからなのか、都合良すぎな偶然と誤解とバブリーなドリームが織りなすBLマジックが、往年のトレンディドラマを見ているよう。薄いかもしれませんが、ミントのごとき清涼感を感じました。
ただ、そろそろ誤解・思い込みを封印した非一人称作品が読みたいとの思いもぬぐえません。キャラ的には福原1人勝ちかな(笑)
恒例ラブラブ後日談、「も」でなく、「だけ」書いてある後書きがこれまた潔くて◎

今年のショコラって存在感ありますよねぇ。というか、今までのわたくしが鈍いのか?




こうなると幻の「勝負その3」、
「終わりなき夜の果て(下)」円陣様VS「獣の月隠り」実相寺様、神絵師様対決!
も早く見たいよねえ、UP遅いぞう、幻O舎さん。







【ブログ内関連記事】



 〔絵師:穂波ゆきね〕〔絵師:小山田あみ〕〔絵師:松尾マアタ〕〔絵師:小路龍流〕〔絵師:た行〕
 〔画:ギャラリー〕

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[萌えバナ]イラスト | comments(7) | - |