スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

『ビューティフルマイスカイ』 日の出ハイム

日曜コミックDAY   早1週間ですか。今週は濃ゆかったな…

TVとかで、曜日も時間も覚えてないけどたまたま見ちゃったら止まらない〜って番組ありません?
ワタクシだと、タカトシの「お試しかっ!」(←アニコレは傑作ですよ!!)とか
「ピタゴラスイッチ」とか。
 
今日のマンガ家さんも
「掲載雑誌とか挿絵されてる本とか(あるの?)ぜ〜んぜん探そうとは思わないんだが 見かけてしまったらほっとけない」
作家さんになってしまいました。
 『ビューティフルマイスカイ』 日の出ハイム

すっきりした顔立ちにチョイムキのボディ、う〜ん少女マンガとは違う世界にいるんだな、と実感するのはこういうときです。
でもおいしくいただけました。どうやらここらがボーダーみたいです。
カマトトぶるわけではありませんがこれ以上のガチムキやまっ黒クロ助はまだダメだ。(一緒にGETした「ジョカト―レ」は自爆しました)
小説ならどれだけグロくてもOKなんですけどね〜。
この人の絵、なんだろ 少年マンガ思い出すんだよな〜「銀魂」とか。
巽の目つきとか横顔とか、初期の吉田秋生ともいえる?

始めの2篇が 借金返済に「男娼」を選ぶ元高校生と女?衒のおにいさんの不器用な純愛話。
7000万の借金を筆頭に「絶命」以外の著名な不幸が一気に彼を襲いますが、
クサルことなく文字通り「腰をすえて受け止めて」ます。
なのに女衒の攻に「こんな仕事もう辞めろ」と言われて初めて泣く…け、けなげ!
ハタからみたら好きで好きでたまりませんオーラしか出てないのに、お互いだけが気づかない。わ〜タマリマセンネ。昭和魂わしづかみです。
番外編で同僚の男娼と普通の男子のこれまた不器用恋愛が1篇。
「男娼」的にはこちらの受クンのほうが業が深いです。「好き」でやってるって…。
過去にどんな目にあうとこういうセリフがでるんでしょう。
これはもう「河よりも長くゆるやかに」ですヨ。
やっぱり吉田秋生思い出すわこの人。(←より重いが)

おしいな〜セイヤもう1歩踏み込んでれば、この番外編結構名作だと思うんだけどなあ。

そのあとノリで一気に笑わせるワイルド?ラブが続いて(先輩キャラ立ちすぎ!こんな攻にメロメロな自分に腹立ててる後輩受けクンがまた可愛い)
1冊しっかり楽しめました。定価で買ってもOK(笑)

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[BLコミック・は行]日の出ハイム | comments(1) | trackbacks(0) |