スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「初恋のあとさき」 日高ショーコ


手にとっての第一声。「ぶあついな!」

きっと今回も、修正、加筆、描き下ろしをぎっしりどっさりして下さったんだな。
この重みは、本の重み、作者様のマンガへの覚悟と感謝の重み、描かれた恋の重み。


このシリーズを読むたび思うのは、笑顔の少ないマンガだな、ということである。
私の大好きな「嵐のあと」の榊にしても岡田にしても、「初恋のあとさき」の美山や仁科にしても、営業スマイルはまま見られど、心からの笑顔はほとんどない。
でも、どちらの恋人たちも、ぶつかり苦悶する姿が、不思議と一番美しい。

過去と向き合う時、心の暗部と向き合う時、人はそうそう笑えない。
恋する人と向き合う時、抱き合う時、笑うよりも緊張が勝る。
笑える時って、紆余曲折の嵐を乗り越え、過ちを許し、心を許した後なのだ。

男女の恋愛では結婚という分かりやすいゴール=嵐のあとがあるが、同性同士の恋愛だとそれは難しい。つまり、同性同士の恋愛では、明快な「嵐のあと」がわからない。
だからこそ、彼らが作品の最後に見せてくれる笑顔は、台風一過の蒼天を思わせる。
相手を笑顔にしたいなら、自分も笑顔にならなくちゃ。恋愛とは自分を好きになることでもあると、彼らの笑顔が教えてくれる。

(結婚という)目に見える誓約がない恋心の、なんと真摯で眩しいことか。
これぞBLを読む喜び♪と、感嘆のため息つきつつ、本を閉じる。


まあね、ゴールがないだけに、常に全力で恋人状態ってのも大変そうだと、爪の手入れもロクにしてないゆるんだ主腐は考えちゃうんだが(多分わたくし、岡田の部屋が最もくつろげる)、そこはそれ、男女間では絶対出来ないお楽しみ方もあることだし(笑)、馴れ合いとは無縁であることは確かだろう。


さてさて。
お風呂入って、洗濯機のタイマーかけて、明日のお弁当の準備して、やることやってからまた読もう。愛しい日常からほんのひと時抜け出して、夢(こい)のあとさきにときめくために。







>>ごゆるりリラッくま通常モード感想は、次ページにモリモリあります。




◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[BLコミック・は行]日高ショーコ | comments(5) | - |

日高ショーコさんに感動した〜憂鬱な朝

皆様こんばんは、自称・少女マンガ王のmiru-haでございます☆

【いきなり余談】自称・少女マンガ王
いくらTVOャンピオン「第1回・少女マンガ王」で全問正解だったからといって、自称といえども「王」はおこがましかったと近頃マジメに思うのであった。だ〜って遊びに来て下さる皆様からのお言葉=知識の底なし沼、っぱねぇっすもん☆

                          
ブログを始めて数年、人生的にも先日(地球に優しいゴミゼロの日)OO回目の生誕日を迎えてしまったわたくし、少女マンガ王かどうかはともかく、長い年月舐めるようにマンガを読みチェックしているうちに習慣となってしまったルール的儀式がございます。
誰にも望まれておりませんがわたくしが書きたいので書いちゃうと、ざっとこんな感じです。

”住罐ラーを堪能する。
∨槓圓鯑匹燹1回目
「表紙」を観賞・解釈する。(表・背・裏・帯・装丁そのもの)
じ絵カラーを堪能&解釈する
ヌ楴,魎能&分析する。
λ槓圓鯑匹燹2回目
Ы薹悩楙霾鵑鬟船Д奪する。
┘バー下をチェックする。
本編を読む。3回目〜気がすむまで

と、このような流れでコミック(小説もですが)を楽しんでおるわたくしです。←どんなつまんないマンガでも必ず実行=最低3回はガン読してるってことですねf(^^;)
作品を素直に楽しんだり(,鉢◆法△まけ的楽しみを堪能する(い筬─砲里魯泪鵐好きなら当たり前でございますが、わたくしが必要以上に情熱を傾けるのがとァ↓Г任瓦兇い泙后

「表紙」
とても楽しい「もう一つの作品」でございます。表紙作成には作者でも出版社でもない第3者、デザイン会社が絡むからです。芸術作品は、創作者とは別の表現者の手に渡る度にリバース=再誕生すると思うのです。
凡例:原作付マンガの場合
原作者→マンガ家→起稿化担当(出版社)→書籍化担当(デザイン会社)→商品化最先端(書店)→読み手、と大ざっぱながらこれだけの「人」によって再誕生=解釈表現される
例えば、出版社側が選ぶセリフやロゴのフォントタイプ、挿絵や広告の挿入のタイミングなどでも作品イメージはかなり左右されますし(どうしてその表現を選んだかを考えるってことね)、総合的な装丁デザインはなおのこと、書店での商品としての扱いも広い意味で「表現」の一部と申せましょう。

思いのほか個性が出る「背表紙」で各出版社の傾向を(勝手に)定義づけたり(BLコミックに作品ナンバー振ってる出版社は案外少ないって知ってた?少女マンガはその逆です)、裏あらすじと密林等に掲載される簡易あらすじとの違いとかを読み比べたりとか、紙質や本の重さ・厚みをチェックしたりとリバースの遍歴を一つ一つ眺めて思いはせる作業はとってもとっても楽しいのです。でもこれってオタク入ってるかしら。いや、そんなことないよね?ね?

ヌ楴
冒頭に掲載されてますがネタバレを含むことが多いので、順序的にココです。
小説にも言えることですが、目次がしっかりしている作品にハズレはないのでございます。←「しっかりしている」と判断できる定義がアレコレあるのですが激ナガ&横道なのでまたの機会に☆←だから誰も望んでねぇってΣヽ(゚∀゚;)

Ы薹悩楙霾
イ汎瓜か巻末にまとめてあることが多い、掲載雑誌と発行年月日の書いてあるアレです。「書き下ろし」の有無、どこがそれに該当するか等をここでチェックするのは、マンガ好きならどなたも嗜むことでございましょう。


                                        

さて、ようやく本日の目的地に着きました。←ナビ壊れてるよ!Σヽ(゚∀゚;)

意味分からんゴタクを滔々と書き綴りましたのは、わたくしが日高ショーコさんの「憂鬱な朝・3」に思わぬ角度から感動したからでございます。

時折公言しておりますように、わたくしBLに関しては完全単行本派、BL雑誌はトンと無縁でございます(たま〜に全サ絡みで購入することがありますが、それもごく最近の数冊のみ) が、なんとこの度、萌え友様からのご厚意で「憂鬱な朝」雑誌掲載分をまとめて拝見させていただく幸運に恵まれました。
でもって雑誌バージョンとコミックバージョンの読み比べでとても感じ入り、ぜひこの気持を形にしたかったのです。
 K様♪ 
感動のあまり速攻記事にしてしまいました。貴重資料本当にありがとうね 


形部分(感じ入った内容)は次ページに折らせていただいてますが、次ページに進んでいただいても本日は本編感想は全く書いてございませんです。(なので記事タイトルからも作品名を外してあります) 
異例中の異例ながら本日は、コミックのイラストチェックなのでございます。
どうか諸事ご了承の上、先へお進みくださいますようお願い申し上げます。


                                


◆イメージソング                                             
一部の作品を除きマンガにイメソンは付けておりませんが、今回は特別に。

       

超麗しい、3巻後書きカット見てたらこの歌が浮かんできました。
この歌の「あの人」は会いたくても会えないところにいってしまったけれど、桂木と暁人は同じこの世にいるのだもの、側にいるのに距離を感じていようとも、本当に離れ離れになったとしても、アイタクテ…と想い馳せるだけでなく、どうか会いに、愛に行って下さい。…てな気持ちを込めました。




◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[BLコミック・は行]日高ショーコ | comments(6) | - |

「足りない時間」 日高ショーコ

うっかりフライングUPしてしまいました。そのまま上げます。何やってんだワタクシ?

本日の「日曜コミックDAY」は、
なんで今まで上げなかったんだろ?の日高ショーコさんです。(答え:忘れてたから)

今まで4冊読みましたが、この方に限っては1番好きなのが1番古い作品で不動という珍しいパターンです。あくまで好みの問題で作品の良し悪しではありません。4冊中大外れはイッコもないです。

日高さんの魅力はずばり「習慣性」です。
かつて16ページの神(今もだけど)は萩尾望都さんでしたが、日高さんの短編はBL=恋愛という分野に限られますがスタンスは同じに思えます。
萩尾さんにしても日高さんにしても、どの場面をどういう絵に起こすか=コマ、を少ないページ数で練りに練っている。結果、1コマに込められた意味をやたら探ってしまい気がついたら中毒。溺れてます。溺れたかいある答えがちゃんと待ってますから安心して溺れていいんです。
設定・画力・画面構成・全て揃ってないとこういう短編は描けないのです♪

本来ストーリー漫画とは全てこうあるはずなんですが、実際は絵(人物UPとかスタイリッシュな画風とか)だけで意味ありげに乗り切っちゃう「絵力(えぢから)コミック」がほとんどで特にBLコミックはこの傾向が…ね。
ギャグならそれもあり♪ですが、恋愛限定とはいえ繊細な心の機微を絵=雰囲気だけで乗り切られちゃうと、年のせいか(笑)ものすごく置いてきぼり感を味わいます。介護付きでも良いから一緒に連れて行ってほしいです。

日高さんにはこのまま2,30ページの作品(連作はOK)を突き詰めていって欲しいんですけど、それって長編描くより難しいんだよね。がんばれ〜ついてくぞ〜。

「足りない時間」が1番「お気に」なのは、4作中もっともキャラが生き生きしてるから。とくに表題作の2人がいいです。いちずでけなげで臆病でプライドも高い受けと残酷なくらい能天気な攻めに、枯れかけ乙女回路がキュンキュン疼きます。
「俺はお前の事好きだけどさ〜 お前俺のどこが好きなの?」
わ〜これだけ受けからアプローチされてて、しかもHした後に聞くんだ〜?明るくきちく〜♪
たまんないです♪♪

明日から「F&B」特集を皮切りに、1週間連続更新です。
だからって今日このタイトルにしたんじゃないですよ?でも潜在意識が選ばせたかな(笑)


 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[BLコミック・は行]日高ショーコ | comments(0) | trackbacks(0) |