スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「君が恋に溺れる」全3巻 高永ひなこ

      
   これ1冊で終わる予定だったのがよくわかる表紙
◆1巻あらすじ
主藤礼一郎は呉服屋・藤乃屋の見習い社長。世間知らずで実直な礼一郎に次第に惹かれていく先輩の陣内。そうして目覚めていく“恋”という名の感情は礼一郎をどう変えてゆくのか!
◆2巻あらすじ
呉服屋に勤める陣内の上司は、社長令息の主藤礼一郎。最初は反発していた陣内だが、色々とあって今は恋人同士。そんなある日、礼一郎に対し陣内の先輩・鬼島がちょっかいを出してきて…?
◆3巻あらすじ
呉服屋・藤乃屋に勤める陣内にとって、上司の礼一郎は可愛い年下の恋人。だが、礼一郎のお見合いをきっかけに二人の心はすれ違うことばかりで…?

華やかなお絵柄、扇情的なタイトル、BLと聞いて浮かぶイメージがほぼ備わっているわかりやすいマンガです。

いや、「でした。」

少なくとも1巻ではそうだったのです。
お絵柄はもとより好きですが、ストーリー的にはあらすじがほぼ全すじ、礼一郎さん(こうとしか呼べない、笑)のあさってな思考回路(煩悩0の人造人間タイプ)がツボった以外はまあ、BLコミックだからこんなもんかな〜ぐらいの感想でした。
美麗な絵を楽しむだけなら特に急ぐこともなく、発行後すぐ買った2巻も長いこと積みっぱなし、3巻が出るのを機にようやく手をつけたのがつい1,2ヶ月前です。

読んで大後悔。なんでもっと早く読んでおかなかった、わたくし?!
御曹司にお見合い話、ステキ当て馬、気持ちのすれ違いから力尽くなどなど、「BLコミック」がイメージさせる王道あれこれは外さず、でも右肩上がりに面白い。

人の数だけ萌えがある、と日々実感するBLライフではございますが、それでも「王道」「テンプレ」「イメージ」という言葉があるのだから、多くの読者が求め楽しめる「萌え」というのは確実に存在するってことで…。この作品は、そういった「萌え」にあふれているのです。
狙っても表現できないことも多い中、「あふれている」と感想に書ける幸せ♪


1巻では「恋に溺れ」てしまったのはあさっての人・礼一郎さんでしたが、2巻では陣内、3巻に至ってはなんと鬼島です。←化けたのよ、この人が!満足度の半分以上を彼が持っていきました
上がる株あり、下がる株あり、ブレない株ありと、全部「買い」に描いてないのがこれまたわたくし好み。ベタだけど面白いのではなくて、ベタなのに面白いのでございますね。
ひなこ嬢、いつのまにこのようなエンターテナーに。←相も変わらず天空ビジョン
人気が出た故の連載延長(実際そうだったと思うが)だとナめててごめんなさい!です。

鬼島の攻め方がとても美味しいので、途中から「攻め×攻め」の妄想を見てしまいました。
「攻め×攻め!」との踊り文句につられて読んでみても、どう見たって片方が受けとしか思えない、ただの攻め×受けで終わってる誇大広告作品が多い中、狙ってないのにいい夢見せてくださるとは。
3巻の陣内、あれは絶対誘ってるデショ!喰われたくて鬼島を部屋に入れたんデショ!←違うと思う
だったら無駄な抵抗は止めて素直になっちゃいなよ、YOU!とつぶやいてしまったのは礼一郎さんに申し訳ないんで、ここだけのオフレコで。

…わたくし「攻め×攻め」も萌えツボだったのですね。


3巻で終わってしまったのが至極寂しいんですが、これ以上続いて今の質を落としてしまうのも嫌なので、このエンドマーク、甘んじて受け入れねばなりません…。



 

※ここより超アホアホつぶやき
極上画力で、難しい「和服」も最高に美しく(よくぞ呉服店舞台にしてくださった)、礼一郎・陣内・鬼島と3人3様のキモノ男子にトキメキ死放題♪←この3人があまりにキラキラしく、お見合い相手との4ショットでは彼女に同情した。
麗しい殿方はよいですね♪

そこで、もしわたくしが「君が恋に堕ちる」の春(はる)と司(つかさ)まで入れて逆ハーレムを作るとしたら、と妄想してみました。←妄想にタブーなし
※夫、恋人、息子、弟、従兄弟、友人、上司、部下からチョイス


・恋人…鬼島←3巻での男ぶりに溺れかけた。生活を共にする夫ではなく、
          恋人としての距離感でメロメロにしていただきたい。

・部下…陣内←懐深いが器小さい、さらに感情直下型で思ったよりめんどくさいタイプでした。
          「友人」でも振り回されそうです。
          部下というか同僚なら頼もしい&衝突も外貨獲得の不可抗力と割り切れる

・弟…礼一郎←身内だったら一層味わい深いカワいさと思います(笑)

・息子…司←ホモに走っていただきたくはないが、自慢の息子になりそう

・従兄弟…春←適度な距離で鑑賞したいので、この中だと従兄弟かな?

…ありゃ、「夫」と「友人」がいない。決して現実に満足しているわけではないのに(苦笑)
「鬼島編」(あるんですってね)で補充します。






 

次回感想予定は、こちら
 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[BLコミック・た行]高永ひなこ | comments(1) | - |