スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

9月新刊3本勝負・其の弐 「レアコミック」 下村富美VSヤマシタトモコ

題しまして「9月新刊3本勝負」
9月新刊を3回に分け、比較対比しつつ読み説いていこうという試み、本日は第2戦です。
「勝負」と言っても個人的に見つけた共通点に基づいて同時に2冊分の感想書くだけで、決して作品に優劣付けるわけではありませんので、気楽にお楽しみ下さいませ。
バトル特別ルール
・バトルテーマにしたがって新刊2冊を読み比べます。
・管理人の主観で勝手に組み分けいたします。薔薇組萌黄組にしようかな。
 「薔薇」と「萌え」、BLらしいお名前でしょ?(笑)
・イメージソングはバトル・イメージで(ホント意味わからん、大汗)
・敬称を略します

2回目の本日はお久しぶり〜♪のコミック感想、しかもめったにお目にかかれない貴重なコミックということで、

◆9月新刊3本勝負・弐番 テーマ「レアコミック」
下村富美「花狂ひ」 VS ヤマシタトモコ・「Love,Hate,Love.」

をお送りいたします。

バトルテーマは「大御所ご推薦」、でもよかったんですけども(笑)
竹宮惠子と三浦しをん…すご。
装丁も奇しくも色調が…。比較せよ、との天啓か?

                
                     


本日はお願いしたいことが…。
できればイメージソングを聴いてから(または歌詞読んでから)、本編感想を読んでいただきたいのです。

本日の曲はイメソンというより、1つの作品として扱っておりますので…。





◎本編感想
「ギャッギャ」でお馴染み、かわゆいスプラッタファンタジー(形容が不自然、でも合ってる)のアートなイラスト担当・下村富美さんの美麗ジャパネスクコミックと、BL専門マンガ家さんじゃなかったのね、のヤマシタトモコさんのセンシティブレディスコミック。

どちらも貴重なマンガです。

せっかく「比較感想」という形をとっているのですから1冊づつの感想は控えめにし、根底にある普遍的なものを考えてみたいと思います。ややマジガチともいう?
        
                                           

SとN ←SとMじゃないから。ごめんね?(笑)

過去と現在。
ファンタジーとリアル。
諧謔と真摯。
アートとコミック。
天命と人智。

二つのマンガはどこまでも真逆です。決して重ならない。でも立っている舞台は同じなんです。


そして、BUMPの「花の名」。
ああ、BUMPはなんてすごいんだろう…。ここにすべて入ってます、私が語れる事など何もない。
「唄」は彼らの歌う歌でもあり、作品から聞こえる「声」でもあります。
そして二つのマンガから聞こえてくる声は、藤原さんが歌いあげる世界と同じなのです。


「あなただけに会いたい人がいる」


両マンガの伝えたい想いもここに凝縮されています。
この言葉を胸をはって言えるまでに作家様が過ごした年月と経験が、そのまま作品の個性、長所、欠点なのです。




「一緒に見た空を忘れても、一緒にいたことは忘れない。」

これは作者が作品(主人公)を通じて伝えたいことでもありますが、私にとっての(多分、皆様にとっても)「マンガ」という存在のこととも言えます。
もうこの世にない存在でも、手にした時の想いは今の「私」となって残っているではないですか…。



「僕だけに唄える唄がある あなただけに聴こえる唄がある。」

「マンガを描く」という意味を問われて、応えた。そして、「本」になりました。
「マンガを読む」という意味を問われて、応えた。そして、「心」になるのですね。

ここまで「唄」で考えさせられるのか。
ちくしょー、藤原さんの「詞(詩)」は素晴らしいなっ!!初めて聴いた時泣いたもんな!
RADとは違って、失っても諦めないもんね。


ああ、もうBUMP最高!
マンガ最高!

大人げなくてもいいや、好きなもんは好きだい!!




ちなみに「マンガ」という単語は「BL」でも「アニメ」でも「あの人」でも「命」でも、なんでも置き換えOKです。選んだ1つがその人の「花の名」なのです。

まさに人生は花。愛して、すねて、狂うがごとくまた愛す。








次ページで1冊づつの感想を。
ネタバレしてます、お気を付け下さい。


◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[BLコミック・さ行]下村富美 | comments(1) | trackbacks(0) |