スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

三浦しをん作品リスト&MYベスト3

皆様、こんばんは。年越し準備はもうお済みですか?
本日は今年最後の萌え記事、腐女子希望の星☆三浦しをんさんの作品リスト&ベスト3発表です。


4月に書きました『【臨時便】しをんさん、本屋大賞おめでとうございます! 』記事中、
こっちの世界でもひっそりお祝いしてますよ〜的記事を、そのうち書きたいと思います。
と、勝手に宣言した公約実現・第1弾となっております。(遅っ!)
※第2弾は新春初記事予定です。松岡なつきセンセとのコラボになっとりますよー

新春風物詩「箱根駅伝」を前に、「風が強く吹いている」を読み返したくなる同志の皆様が必ずやいらっしゃると信じ、今頃ながらアップでございます^^
新年の読書計画のお伴…とまではいきませんが、お休み中のヒマつぶし的に軽くつまんでいって下さいませ。


          
◆小説作品リスト(初版発行順/文庫化) =エッセイ *=既読                  
●2000
■『格闘する者に○』*(草思社・2000年4月/新潮文庫・2005年3月)
■『極め道―爆裂エッセイ』(光文社知恵の森文庫・2000年10月/光文社文庫・2007年6月)

●2001
■『月魚』*(角川書店・2001年5月/角川文庫・2004年5月)
『妄想爆裂』*(新書館・2001年7月/ウィングス文庫・2003年11月)
■『白蛇島』(角川書店・2001年12月/
     『白いへび眠る島』*
〜『白蛇島』より改題、角川文庫・2005年5月) 

●2002
■『秘密の花園』*(マガジンハウス・2002年3月/新潮文庫・2007年3月)
『しをんのしおり』(新潮社・2002年5月/新潮文庫・2005年11月)

●2003
■『いとしさの王国へ―文学的少女漫画読本』(【共著】中央公論新社・2003年5月 )
『人生激場』*(新潮社・2003年10月/新潮文庫・2006年8月)
■『ロマンス小説の七日間』*(角川文庫・2003年11月)
『夢のような幸福』*(大和書房・2003年12月/新潮文庫・2008年3月)

●2004
■『私が語りはじめた彼は』*(新潮社・2004年5月/新潮社文庫・2007年8月) 
『乙女なげやり』(太田出版・2004年7月/新潮文庫・2008年9月)

●2005
■『むかしのはなし』(幻冬舎・2005年2月/幻冬舎文庫・2008年2月)
『桃色トワイライト』*(太田出版・2005年8月/新潮文庫・2010年3月)

●2006
■『まほろ駅前多田便利軒』*(文藝春秋・2006年3月/文春文庫・2009年1月)
『三四郎はそれから門を出た』(ポプラ社・2006年7月/2010年4月・ポプラ文庫)
■『風が強く吹いている』*(新潮社・2006年9月/新潮文庫・2009年6月) 
『シュミじゃないんだ』*(新書館・2006年11月)

●2007
■『きみはポラリス』*(新潮社・2007年5月/新潮文庫・2011年3月)
『あやつられ文楽鑑賞』(ポプラ社・2007年5月/双葉文庫・2011年9月)
■『仏果を得ず』*(双葉社・2007年11月/ 双葉文庫・2011年7月)

●2008
『悶絶スパイラル』(太田出版・2008年1月/新潮文庫・2012年9月)
■『光』*(集英社・2008年11月)

●2009
『ビロウな話で恐縮です日記』(太田出版・2009年2月)←サイトで拾い読み
■『神去なあなあ日常』*(徳間書店・2009年5月/徳間文庫・2012年9月)
■『星間商事株式会社社史編纂室』*(筑摩書房・2009年7月)
■『まほろ駅前番外地』*(文藝春秋・2009年10月/文春文庫・2012年10月)

●2010
■『天国旅行』*(新潮社・2010年3月)
■『木暮荘物語』(祥伝社・2010年11月)

●2011
『ふむふむ―おしえて、お仕事!』(新潮社・2011年6月 )
■『舟を編む』*(光文社・2011年9月 )
『黄金の丘で君と転げまわりたいのだ―進めマイワイン道!』(【共著】ポプラ社・2011年12月 )

●2012
『お友だちからお願いします』(大和書房・2012年8月 )
『本屋さんで待ちあわせ』(大和書房・2012年10月 )
■『神去なあなあ夜話』(徳間書店・2012年11月)


※欄外その1
2010年、コニカミノルタ公式WEBサイトで短期連載していたしをんさんお初のSF小説があります。現在公開終了。ダウンロード可だったのでおとしておけばよかったー><
エネルギーが枯渇しつつある近未来のとある街を舞台にした、ノスタルジックな連作短編でございました。ジュブナイルなので腐臭は封印されておりましたです(笑)
・「光の街」
・「印刷製本マシン くるみちゃん」
・「KM−R7の思い出」


※欄外その2
雑誌「ダヴィンチ」とJTのコラボ企画、著名作家書下ろし・煙草にまつわるショートストーリー集が現在公開中。しをんさんは8人目〜最新登場作家様です。
「吸う人と吸わない人の素敵な関係」をテーマに、ひとつのストーリーが双方の視点で綴られます
(公式WEB案内より)

●コラボ企画
「一服の相対性」(JT公式ページ)へはここをポチ★
・「光の満ちる家」<Nonsmoker’s View>
・「喜びの満ちる午後」<smoker’s View>



◆アンソロジー作品リスト                                          

■「Love Letter」*幻冬舎・2005年12月/幻冬舎文庫・2008年4月)
■「最後の恋」(新潮社・2005年12月/新潮文庫・2008年12月 )
■「シティ・マラソンズ」*(文藝春秋・2010年10月)←アシックス公式サイトで読了
■「いつか、君へ Girls」(集英社文庫・2012年6月 )
■「泥酔懺悔」(筑摩書房・2012年11月)




◆覚書                                    
●賞歴(候補含)
2005年 「私が語り始めた彼は」 第18回山本周五郎賞候補
2005年 「むかしのはなし」 第133回直木賞候補 
2006年 「まほろ駅前多田便利軒」 第135回直木賞受賞
2012年 「舟を編む」 第9回本屋大賞受賞

●ブログ
「ビロウな話で恐縮です日記」(ここをポチ★)
                         

                             


次ページは、わたくしが選んだ三浦しをん作品ベスト3です。
おつきあいいただけるお客様、お待ちしております♪






◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名ま行]三浦しをん | comments(2) | - |

【臨時便】しをんさん、本屋大賞おめでとうございます!

昨晩発表された「2012年本屋大賞」で、三浦しをんさんの「舟を編む」が大賞に決まりました。
おめでとうございま〜す

わたくしにとって(というか腐女子にとって?)しをんさんは、他人とは思えない(笑)作家様、華やかなご活躍を拝見するのは嬉しゅうございます。
おまけに「舟を編む」のイラストは、これまたご活躍著しい雲田はるこさんだしね〜。
※今作は雑誌「CLASSY」に連載されていて、毎号はるこさんイラストがついておったのでした。帯イラストはその一部転用デス 
ニュースで、はるこさん画がUPになる度ニヤニヤしちゃったよ♪←一緒に見ていた家族は誰のイラストか分からず=私の微笑みの意味が分からず、若干ヒイていた。あんたがた、「昭和元禄落語心中」読んどったろーが!

幸い「舟を編む」は読了済でございますし、こっちの世界でもひっそりお祝いしてますよ〜的記事を、そのうち書きたいと思います。


【参考…2012年本屋大賞】
大賞  『舟を編む』 著/三浦しをん(光文社)
 2位  『ジェノサイド』 著/高野和明(角川書店) 
 3位  『ピエタ』 著/大島真寿美 (ポプラ社)
 4位  『くちびるに歌を』 著/中田永一(小学館) 
 5位  『人質の朗読会』 著/小川洋子(中央公論新社) 
 6位  『ユリゴコロ』 著/沼田まほかる(双葉社) 
 7位  『誰かが足りない』 著/宮下奈都(双葉社)
 8位  『ビブリア古書堂の事件手帖
      ―栞子さんと奇妙な客人たち』 著/三上延(アスキー・メディアワークス) 
 9位  『偉大なる、しゅららぼん』 著/万城目学(集英社) 
10位  『プリズム』 著/百田尚樹(幻冬舎)


ううむ、大賞と8位しか読んでない…。今年はチト苦手な作家様が多いんだな〜

                       *

お祝いUP画像は、はるこさん描きおろし「ユリイカ3月号 特集=辞書の世界」です。
これ、欲しかったんだけど高かったんだよね…。


北原保雄,永江朗,三浦しをん,高山宏,小谷野敦
青土社
¥ 1,300
(2012-02-27)

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名ま行]三浦しをん | comments(4) | trackbacks(0) |

土曜企画・「今週のTOP1でBLイメソン」〜「月魚」三浦しをん

今回は確信犯です。

このブログまでたどり着いて下さるBLerの皆様は、ジャンルを問わず博識・読書家の方と推察致します。でなければ、こんな末梢の長文シニカル自己満ブログを笑って読み飛ばす器の大きさに説明がつきません。

きっと皆様は本日タイトルの作家名をご覧になった瞬間、
「こいつ、やったな」
と思われたでしょう。はい、やっちゃいました。
1週間考えましたがこれしか出てこなかったんです。このために作られた曲ですよ、ええ間違いなく。

基本、ノーマル小説をこっち(どっち?)に持ち込まないようにしています。肝心なのはBL小説としてどうなのかなので、既成作家の影響やら妄想やらを考えるのは楽しいのですがそこまでにしてます。比較対象もマンガまでで充分ですし。(BLは少女マンガの部分集合だと思ってますし、「君のためなら死ねる」中学生や「恐ろしい子」と白目むくどっちが恐ろしいんだかわかんないお嬢様とかスターもりもりなんでコレで充分)

でもこの本に限っては妄想じゃなくて確信だもん。 
三浦しをんさん、直木賞取らなかったら迷わずこっちの方だと太鼓判なんですが、取っちゃったからなあ(笑)今作は同人活動も「どんどんやっちゃって下さい!」って当人が言ってらっしゃるぐらいだし、分類は完璧こっちですよ。というかこれと「白蛇島」(=「白い蛇ねむる島」)の文庫版書下ろし部分しかこっち側と認めません。

皆様の器におすがりした盛大な言い訳も済んだのでさっそく行っちゃいます。
「今週のTOP1でBLイメソン」
2009・12・15付 TOP1は
 「約束」 KinKi Kids
PVは
http://www.youtube.com/watch?v=SzCwMIYxH34
ジャニーズ強し!
剛の歌のうまさがものすごく際立っている1曲です。(光ちゃんかわいそう…ぷっ)
歌詞も上げときます
http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=75290
君の髪をそっとなでる…
ひゃ〜瀬戸垣そのまんま。という事は瀬名垣は光ちゃんですね!
ネタバレ感想は次頁↓↓


◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名ま行]三浦しをん | comments(2) | trackbacks(0) |