スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「蛇喰い」 水原とほる/和鐵屋匠

平凡なサラリーマンの雅則は、ある日、恋人が残した借金の身代わりに、裏社会で金貸し業を営む宇喜多の元へ拉致されてしまう。No2の美貌の男・高原に「心がない」と評される宇喜多は、何も映さない瞳で雅則を無理やり抱いてきた。
監禁され、たわむれに陵辱される日々に絶望する雅則に、宇喜多は不可解な言葉を囁く。「おまえは蛇だ。男に絡みついて堕落させる黒い蛇―」。


皆様、こんばんは。
本日は、先週に引き続き、「第一四半期読書感想・独立編」をお送りいたします。
本企画は、月間読書記録にコメントつけていたら止まらなくなった=わたくしが面白いと思ったBLを、第一四半期(1〜3月)読書記録からピックアップして独立感想に仕立てる企画でございます。

夕映月子さん、夏乃穂足さん、凪良ゆうさんと(あれでも感想です)、切な系作品が続きましたので、本日は、ベテラン作家様プレゼンツ☆萌え萌えBLフルスロットル作品、水原とほるさん「蛇喰い」を、じゃじゃーんとお送りいたしますです。
多彩なお味を楽しめるのが、我らがBLの良いところでございますものね♪

ぶっちゃけますれば、今回の記事はフレブラ17巻記念プチ祭りと並行して書いていた、幻の本年度・第1作通常感想でして、書きましたのはなんと2月でございます。
なんだかんだで修正しているうちにフレブラ17発売日がきてしまい、その後いろいろございましてUPする機会を逸してしまっていたのですが、ほぼ100%出来上がっていた&ボツるには惜しい萌えツボ刺激作品なのでございます。←あくまでもわたくしの萌えツボですので…エヘ☆

以下、書きあげた時のままでのUP=冒頭のご挨拶からして真冬全開です。
2月10日頃にタイムワープしたお気持ちで、読み流していただけると嬉しゅうございます。   
毎度お願いばっかりしてるわね、わたくしf(^^;)
       
                                           

皆様、こんばんは♪

本日わたくしの住まうTUBE地方は朝から雪景色、今年初の連休をせっかくもらったのに強制ひきこもりでございます。
まるで「積読本を減らし、感想を書きなさい」と天から采配されたかのようです。←たまった家事を片づけよ…とかいう天啓には決して取らない

というわけで、フレブラプチ祭りと並走しながらお送りする、2011年BLライフ日記の幕開けはわたくしも予想外、今まで各所でしばしば触れておきながら一度も独立記事を上げたことがなかった水原とほるさんの新刊でいってみたいと思います。

こんこんと降り積もる雪の下、昏々と眠る蛇。
やがて訪れる目覚めの温もりを待ちわびながら、孤独な蛇が見る夢は…?

          
◎イメージソング                                                
「流浪の民」〜鏡音リン・オリジナル
          
        

「運命」という名の星が、僕をあの人へと導いた…てなイメージで選んでみました。

おお天よ、語らせたもう
破滅と再生の物語
我ら、さまよえる民
うねる運命(さだめ)とともにあれ

しっとり聴かせるバラードより、こういったドラマティックな曲調の方がこの作品には合っております。その理由は本編感想で♪

それにしても上手いな、さすがだ、だるま屋nicoさん…。



◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名ま行]水原とほる | comments(3) | - |