スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「神官は王を悩ませる」吉田珠姫/高永ひなこ 

冴紗との婚礼の儀を済ませ、幸せなはずの羅剛王。しかし、想いが通じたからこその苦しみが羅剛を襲う。冴紗を常に自分のもとにおいておきたい、ひと時たりとも他人の目に触れさせたくない。手に入れた者だけの苦しみに羅剛は囚われる。
そんな折、羅剛と冴紗は隣国・萋葩より招待を受け赴くことになった。冴紗の美貌に狂った萋葩王が催した宴に、羅剛は大いに怒り―。
王と神官のファンタジックラブロマン、シリーズ最新作


やあ、皆様こんばんは☆
ボク、花と虹の国・麗しの侈才邏(いざいら)国の特産品  霊獣☆飛竜でっす!!

ボク達飛竜は気高き黒の羅剛王(らごうおう)がお治めになる侈才邏(いざいら)国でしか生まれない、貴重で神聖な生き物です。ボク達がいるから、侈才邏国はこの世で最強の国なんですよ♪
あ、国名は「イイザ」じゃなくて「イイラ」ですからね?ミルハとかいう怪しい吟遊詩人がよっく間違えてたのでお節介ながら一言添えておきますね☆

ボク達、ちょっといかつい顔はしてますけど温和な草食性だし、人にもとっても従順で背に乗せたりとかも喜んでしちゃうし、本来「神の使い」として崇められてもおかしくない存在なんです。
でも我が侈才邏国には生きた「神の愛し子」虹の冴紗(さしゃ)様がいらっしゃるので、あんまりありがたがってもらえないっていうか…。あっ、決してひがんでいるんじゃないですよ だって、ボク、冴紗様のこと大好きですから!

というわけで、今日は普段スポットの当たらないボクが、我が国☆侈才邏とお2人の魅力をたっぷりと語っちゃいます♪

え?倒産したインターコミュニケーションズ様へのオマージュレビューはどうしたかって?
それは、明日の「神官は王を悩ませる・付録ミニドラマCD感想」までお待ち下さいって、ミルハとかいう流しの吟遊詩人が申しておりましたよ。 ではでは早速♪


◎イメージソング
後から来るっていってたミルハとかいう吟遊詩人が、王様と冴紗様のことをお話しするときはこれを聴くといいよって言って、何やら穴のあいた丸い板←こんなヤツ を、おいていってくれました。
わ〜、沙紗様と同じキラキラの虹色だ〜 

        

とある竜が語る「恋」の物語だから、この歌ですか。なるほど☆

ではでは、本編感想とイラストチェックは次ページでっす♪




◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名や〜わ]吉田珠姫 | comments(0) | - |

大満足だよ、「エロイカ」!!!

今日、久々入った仕事が早く終わったので、職場近くの大型書店へ。
そこで思わず発見した本に 「ぬおおおおおお!」
文庫になってる!!しかも、  

描き下ろし+三浦しをん解説とあっちゃあ、買わずばなるまい!

「エロイカ」にとどまらず、伝説の名作「アルカサル」秘話から、巨匠大島弓子・おおやちき・樹村みどり(このあたりむせび泣き)らとの合作お遊びマンガ(!)まで、青池保子ヒストリー=少女マンガ史にもなっているという、たまらん面白さ!
一体「ミリアム・ブルーの湖」を知っている方がどれだけおられるだろう…。

余談ですが、拙ブログでなにげに高いご共感をいただいておりますのが「華不魅さん復活!」記事でございますので、上記マンガをご存じの方は実は多いのでは、と推察いたします。


私が、「少女マンガ界のカンブリア爆発」と勝手に名付けている時代を、似たような表現で言及してあったのも我が意を得たり!で嬉しかったです。

取り上げてあるシーン、どれも全部分かるのです。
「エロイカ」大好きだから。(←「だったから」ではない事に注意。ここにこだわる人は多いと思う。笑)
初期の頃はAとBが逆だったのも知ってますよ、先生!

あ〜、楽しかった♪♪


※三浦しをんさんの解説には、不覚にも泣かされた。
この人、ホントにマンガが好き、かつ真のエンタテナーだ!
 
 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名や〜わ]吉田珠姫 | comments(4) | trackbacks(0) |